既卒のフリーターが正社員に就職するチャンスはある。若いことは最大の武器

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

既卒のフリーターが正社員に就職するチャンスはある。若いことは最大の武器

新卒至上主義の就職市場、既卒フリーターである自分がまとま会社で正社員になるなんてできないと諦めてしまっていませんか?

しかし実際はそんなことはありません。

確かに新卒の人に比べれば選択肢は減るし、難易度も増す傾向ではありますが、学校を卒業して数年以内であれば正社員として就職することはそう難しくはない話。

正社員になれるチャンスはまだまだ十分あります。

関連:フリーターの生涯賃金。正社員との差はかなり大きく、老後の生活も厳しいのが現実

関連:フリーターから正社員に就職して良かったこと。やっぱり正社員であることにメリットは大きい?

既卒でフリーター。正社員になれるチャンスはまだまだある

既卒でフリーターをやっている人にとって、これから正社員になることはかなりハードルが高いことだと思っている人は少なくないかもしれません。

ただ既卒フリーターが正社員になるのは決して悲観するようなものではなく、就職活動を行えさえすれば、十分チャンスはある状況になっています。

3年以内なら新卒の求人に応募可能、アルバイトは職歴にならない

最近は学校を卒業しても3年以内であれば、新卒向けの求人にも応募可能。

対象者を一度も社会人経験がない卒業3年以内としている企業が非常に多いです。

派遣社員や契約社員と違ってアルバイトは職歴になりませんから、既卒フリーターにもチャンスはあります。

ただネックは新卒採用活動が1年に1回で入社時期も決まっている為、フリーターの期間が多くなってしまう点です。

20代の既卒・フリーター向け就職支援サービスも充実

新卒採用枠ではなくても、中途採用で既卒者を対象としている求人は多数。

現在多くの会社は若手の人材不足に悩まされています。

それ故に20代の既卒者を積極的に採用している企業は多く、求人自体は山ほどあるのです。

また20代の既卒・フリーターを対象とした就職支援サービスも充実。

メジャーなところだとハタラクティブが挙げられます。

実は既卒フリーターに就職市場はかなり開かれてはいるのです。

難易度は上がるが悲観するレベルではない

とは言え新卒に比べて難易度が上がるのは事実。

以下のデータはマイナビが実施した既卒者の内定率(8月末時点)調査結果ですが、現役の人に比べるとかなり低いことがわかります。

  • 現役学生・・・82.7%
  • 卒業後1年目・・・44.0%
  • 卒業後2年目・・・44.0%
  • 卒業後3年目・・・43.2%

既卒者の内定率は現役者の内定率のおよそ半分です。

ただこの数字にだまされてはだめ。

たとえ既卒でも約半数は新卒者枠で就職活動を行っても半数は内定をとることができているのです。

しかも既卒者は現役学生に対して就職活動に対してあまり真剣に取り組むことができていない場合も多く、実際エントリー数も現役学生の4分の3程度。

既卒者には中途採用枠も手段もありますから、決して悲観し諦めるようなことではないのです。

若さは最大の武器、フリーターだったというデメリットは覆せる

学校を卒業してからすぐに就職せず、フリーターとしてアルバイトを続けてきたことを悲観的に考える人も少なくないと思います。

確かにフリーターでいたことはマイナスに捉えられることが多く、プラスになることはありません。

ただあくまでそのデメリットは若さで十分に補うことができる点。

就職するにあたり、若さは最大の武器です。

既卒フリーターはすぐに就職活動を始めよう

チャンスはまだまだある既卒フリーター。

もし正社員になりたいと考えているならば、すぐに就職活動を始めてください。

このままフリーターでいることよるデメリットはとてつもなく大きいです。

生涯賃金の正社員との差は大卒の男性だとおよそ2億円にものぼり、老後もほぼ年金が貰えずアルバイトを続けなくてはいけなくなります。

また年齢が高くなるにつれてそもそもアルバイト自体を見つけにくくなってしまうことも想定されます。

そうならない為には、若狭が武器になる今のうちに正社員になることが必要です。

就職、転職支援サービスを利用すれば就職活動を進めることに困らない

既卒フリーターの人にとって、まず就職活動をするのが大きなハードルとなっている人も少なくはないでしょう。

既卒でも応募可能な求人はどうやって探せばいいのか、フリーターをしていたことをどう言い訳すればいいのか、わからないことだらけですよね。

ただそれは転職支援サービスを使えば問題なし。

大手転職エージェントのDODAも職歴なしでも利用は可能だし、ハタラクティブなど既卒・フリーター向けになっているものであれば確実。

求人の紹介から、フリーターとして働いてきたことの理由やアピールをどうすればいいのかなどまで、1対1でしっかり対応して貰えます。

※転職サービスについて

ハタラクティブは20代の既卒者、フリーター、第二新卒者に特化した転職支援サービス。

登録すると専任の担当者がついてくれ、転職活動全般のサポートを行ってくれます。

利用はもちろん無料です。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

 

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

ただ既卒フリーターのように社会人経験がない場合、混雑具合で断られる場合もあるので注意が必要です。

■公式サイト:DODA

世の中ブラック企業ばかりではない

既卒でフリーターやっていた人が正社員になれるとしても、どうせブラック企業ばかりだろうなんて思うのはやめてくださいね。

確かにブラック企業はたくさんあります。

ただそんな企業ばかりではありません。むしろ真っ当な企業の方が多いし、既卒フリーターであってもブラック企業は避けることは可能です。

むしろフリーターを続けていた方が労働条件的にはブラック。

勝手なイメージで正社員になることを躊躇しないでください。



このページの先頭へ