上手い退職の切り出し方やタイミング。注意すべきはどこ?

上手い退職の切り出し方やタイミング。注意すべきはどこ?

自分の中で退職する決心が決まった。転職先も決まった。後は上司に退職を伝えるだけ。

ただ意外にそれが難しいんですよね。

特に最初の切り出し方。

どんなタイミングで言えばいいのか、どんな言い方をすればいいのか、非常に悩みますし、かなりドキドキもします。

しかし、退職するならいつかは上司に切り出さなければいけないというのは間違いありません。

そこで今回は退職の切り出し方について紹介していきます。

関連:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

関連:退職する相談を上司にしては絶対だめ、退職するかどうかは自分で決めよう

退職の切り出し方

退職を切り出すのはまず直属の上司。

同じ職場の先輩、後輩に先に言うのはもっての他だし、仲の良い同期でも漏れる可能性はあるので、できれば上司の後にしましょう。

退職を切り出すのは2人きりの時に

退職を切り出すのは2人きりの時であるべきです。

かつたまたま二人になったというタイミングではなく、あえて時間をつくり二人きりになれる体制を作らなくてはなりません。

退職を伝えた場合は少なくとも15分程度、長いと1時間程度かかる場合もありますので、途中で二人きりでなくなるような環境は避けておきましょう。

基本的には空いている会議室がベストです。

個室へいかに連れていくか

個室をあらかじめおさえておけば後は上司をそこに連れていくだけ。

ただそれが一番難しいですね。

個室で話を切り出すまでは悟られないようにしたいし、周囲にも変な目で見られたくないという考える人も多いと思います。

私の場合はそれまで個別に上司に相談したことなんて一度もなかったのでどうすればいいのか悩みましたね。

結局は、仕事の相談があるので○○時に◇◇会議室に来ていただいてもいいですかと声をかけて来てもらいました。

実際に声をかけてみると意外にすんなり行くと思いますよ。

仕事の件でといっても別に嘘ではないし、プライベートの件でといっても別に嘘ではありませんから、あまりかしこまらずにさらっと言ってみるといです。

個室でまず話すこと

個室に入ったら、まずは退職することを言いましょう。

ここで気を使って曖昧ないい方をすれば引き止められる原因になりますし、退職日についてももう少し伸ばせないかなんていう風に言われてしまう原因になります。

とは言っても入室早々ズバッと言っても相手がいら立つだけなので、相手の反応を見ながら丸く伝えることはやっぱり必要です。

同僚に怪しさをもたれないように

普段上司に相談なんてしない人間が、いきなり上司に相談していることがばれたら、同僚は気になるものです。

ですから最初に上司を個室に連れていく際にも、周囲の視線は一応気にしておきましょう。

同僚に退職を切り出すのは上司と相談

同僚に退職をいつ切り出すかは、上司との退職の話が終わった後で相談しておきましょう。

私の場合は上司の希望により、自分で退職を伝えたのは退職日の2週間前でした。

退職を伝えたのは2ヶ月前だったんですが、周囲の影響やその他もろもろを考えた結果、しばらくは隠すように命じられたのです。

退職を切り出すタイミング

では次に退職を切り出すタイミングです。

どれくらい前がいいか

転職先が決まってから退職する場合であれば、内定を貰ったらできるだけ早くするのがベスト。

もし決まっていないうちから退職するつもりならば、法律上は2週間前で良しとされていますが、円満に退職することを考えたら最低でも1ヶ月前、できれば1.5から2ヶ月前には伝えておきたいところですね。

部下が退職するとなった時、現在の仕事の再配置であったり退職の手続きであったりと色々としなくてはいけないことが多いです。

退職前の時間が短ければ短いほど、それを急ぎでやらなくてはいけなくなるので、上司に大変な思いをさせることになってしまいます。

上司の機嫌良し悪し

退職を切り出すタイミングでは、上司の機嫌の良し悪しも考えておいたほうがいいですね。

特に上司によっては朝は機嫌が悪いだとか、月曜日は機嫌が悪いだとか、逆に金曜日は機嫌が良いだとか、色々と傾向はあると思います。

できる限り機嫌の良いタイミングで伝えたほうが、面倒ごとは起きにくいです。

就業時間内か就業時間後か

退職を伝えるのは就業時間内がいいか、それとも就業時間後がいいかというのは難しいところです。

こればかりは上司の性格によります。

退職のことだって業務に関することだし、仕事が終わったら早く帰りたいから就業時間内が良いという上司もいれば、

業務とは直接関係ないことだから、本来業務を行う時間にすべきではなく、就業時間後にすべきだという上司もいます。

どちらがよいのか、自分の上司を良く見極めた上で判断するようにしてください。

実は恐れる必要はない

退職を切り出すのって終わるまでは悩みもするしドキドキもします。

ただ実際終わってみるとなんてことないことですよ。

万が一上手くいかなかったとしても、結局は退職するまでの辛抱。

いつまでもぐちぐち言われ続けるリスクもありませんし、

結局辞める為には切り出さなくてはいけないわけですから、あとは勇気を持っていうだけです。

退職後の転職活動について

退職しても、結局いつかは転職先を見つけなくてはいけません。そして転職先を見つけるには転職活動をしなくてはいけません。

それぞれ都合があるでしょうからすぐに転職して働き出すという人ばかりではないかもしれませんが、少なくとも情報収集の意味も含めて転職活動を始めておくことをおすすめします。

とりあえずは転職サイトなり、転職エージェントなりを利用することから始めてみましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。スカウト機能は転職の可能性を知るのにかなり便利であるといえるでしょう。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば知名度のある以下の2つを利用してみるのをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ