嫌われる人の特徴や性格。当てはまっていませんか?

嫌われる人の特徴や性格。当てはまっていませんか?

なんかよくわからないけど、好かれやすい人もいれば、嫌われやすい人もいます。

人にはどうしても好き嫌いがあります。相性が悪い人もいるでしょう。

個人の好き嫌いはしょうがない面もありますが、ただ、好かれる人は多くの人に好かれ、嫌われる人は多くの人に嫌われてしまうといった傾向があります。

あなたは好かれる人と嫌われる人のどちらになりたいですか。

ほとんどの人は好かれる人になりたいと答えますよね。

少なくとも嫌われる人にはなりたくはないと考えているのではないでしょうか。

では、嫌われる人にならない為にはどうしたらいいでしょう。

嫌われる人には、その特徴や性格に共通点があります。

ですので、嫌われない為にはその特徴や性格に当てはまらないようにしなくてはなりません。

今回は、嫌われる人の特徴や性格を紹介します。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:嫌いな上司、嫌いな先輩と上手く付き合う方法

スポンサーリンク

 嫌われる人の特徴や性格

嫌われる人の特徴をあげていきます。あてはまっていたら要注意。

過去の自慢話をする

嫌われる人の特徴の一つに、やたらと過去の自慢話をすることがあげられます。

過去の成功談をいつまでも自慢げに話したり、学生時代の悪かった自慢をしたり。

あなたの周囲でもいませんか?

性格的に自慢せずにはいられないのでしょうか。

過去でなくとも、自慢話は基本的に好まれません。

過去の話であるとよりいっそう、嫌われる原因になってしまいます。

過去の話の場合、それが本当かどうかが相手にはわかりません。ですので、「こいつ、見栄をはっている」と思われてしまうことも多々あります。

できない理由ばかり言う

仕事で、やたらとできない理由ばかり言う人がいませんか?

何がないからできない、日程的に成立するからできない。

できない理由を探すのは簡単ですが、それをやたらと最もらしく言う。

これもまた嫌われる人の特徴です。

できない理由だけでなく、どうやったらできるかを考えるとむしろ好感がもてるのですが。

ネガティブ思考であったり、小心者の性格の人に多いです。

無神経、人のコンプレックスを平気で言う

あまり人の気持ちがわからない性格なのでしょうか。

あまり人から言われたくないコンプレックスを持っている人はたくさんいます。

しかし、そういったコンプレックスを平気で言う人がいます。

こういった人は当然嫌われます。

悪気はないかもしれませんが、それで傷つく人はいます。

人の特徴を言うのは避けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

ミスを認めない、正当化する

嫌われる人は、自分のミスを認めずに自分を正当化するという特徴をもっています。

どんなことであれ、自分のミスを認めずに、時にはそれを他の人のせいにするなんて人もいます。

プライドが高い性格の人に多いです。

間違えたことは、素直に非を認めることは大事なことです。

頑張っている、忙しいアピールがすごい

自分はこんなにも頑張っている、自分は実は影でこんな努力をしている。だからこんなに忙しい。

結果はどうあれ、自分の努力を認めてもらいたいあまりに、そのアピールがすごい人がいます。

もちろん結果だけでなく、過程が非常に大事です。

しかし、それは自分からアピールするものではありません。

特に結果がでてもいないのに、こういうアピールを強くする人は嫌われます。

話を聞かない

話し好きの性格の人に多い特徴ですが、嫌われる人は自分の話ばかりをして、人の話を聞かない。

相手が聞き好きの人であればいいですが、そうでないと嫌われることになりかねません。

人によって、時には聞くことを重視する必要があります。

スポンサーリンク

嫌われる人の特徴、性格に当てはまってはいませんか?

これまで紹介した嫌われる人の特徴や正確に、自分は当てはまっていないから絶対大丈夫!と自信を持って言えますか?

もし当てはまる部分があるなら、直したほうがいいかもしれません。

嫌われる人の特徴は上記であげたことだけではありませんが、共通する部分は「人のことを考えず、自分のことばかり考える」という点です。

人の気持ちを考えることができれば、これは嫌われるなということは自然にわかりますし、自分が嫌だと思うことはしないようにすることができます。

仕事上で嫌われることのデメリットは多大

仕事において人に嫌われてしまうとかなり大きな悪影響があります。

特に嫌われる相手が上司や先輩だとかなり大問題。

仕事がしにくいというだけではなく、話が伝わって周囲から嫌わられることになってしまい、最悪の場合にはパワハラ、無視、いじめといったことにも発展してしまいます。

その時には嫌われないような努力をすることももちろん必要ですが、一度嫌われてしまったことを覆すというのは相当困難なことである以上、職場を変えるということも考えなくてはいけません。

特に嫌がらせ等をされてストレスが大きい場合には転職するという選択肢を持つようにしてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ