会社が嫌い、仕事が嫌いな時に考えてみるべきこと。働き続ける理由は?

会社が嫌い、仕事が嫌いな時に考えてみるべきこと。働き続ける理由は?

会社が嫌いで、毎日会社に行きたくない。仕事が嫌いで、もう仕事をしたくない。

それでも生活の為にぐっとその感情をこらえて働き続けている。そういう人は非常に多いでしょう。

関連:休み明けに憂鬱すぎて会社に行きたくない。解消する方法は?

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

なぜ会社が嫌い?なぜ仕事が嫌い?

会社に勤める上で、我慢しなければいけないことは必ずあるものです。

その為、会社が嫌い、仕事が嫌いと思うのは幾分仕方がないことかもしれません。

ただ、あまりに嫌いという感情が強すぎると、それは大きなストレスになり、心身に悪影響を及ぼします。

また、仕事上でもミスを繰り返したり、効率が悪くなってしまいます。

すると、さらに会社や仕事が嫌いになっていくという悪循環に巻き込まれてしまいます。

会社生活は長いです。あと数十年働き続けなければいけません。

今の状態で、働き続けることを考えると、ぞっとする人もいるのではないでしょうか。

そこで、自分で何らかの対処をする必要があります。

嫌いな理由を考えてみる

まずは、会社が嫌い、仕事が嫌いな理由を挙げてみてください。

嫌いな原因は一つではないはなく、色々な理由があると思います。

会社や仕事が嫌いになる理由としてよくあるものを挙げてみましょう。

残業が多い、給料が低い、責任が重い、上司と上手くいかない、仕事がつまらない、上司が怖い、同僚と上手くいかない。

雑用ばかり、成長できない、嫌がらせを受けている、出世競争から脱落した。

仕事を教えて貰えない、仕事を上手くやれない、仕事にやりがいを感じることができない、自分の意見を聞いてもらえない。

ざっと挙げるとこんなところでしょうか。ここで挙げた以外にも、人それぞれ色々な理由があると思います。

理由を明確にするだけでも、わりとスッキリしるものです。

色々な嫌なことが積み重なって、会社が嫌い、仕事が嫌いと思うようになってきます。

ただ、色々な理由がある分、自分でもよくわからなくなっていることが多いです。

案外、簡単に対処できることもあるかもしれません。

働き続ける理由を考えてみる

嫌いな理由をリストアップした後、今度は嫌いにも関わらず働き続ける理由を考えてみましょう。

嫌いと言いながらも、働き続ける理由をしっかり考えず、惰性で働き続けている人がほとんどです。

改めて、一度考えてみてください。

生活の為に必要だから、転職するほどの力はないから、転職したところで何も変わらないから。

転職しても更に悪化する恐れがあるから、会社に恩があるから、今我慢すればなんとかなるから。

いつかは良くなるという希望があるから、周囲が転職に反対するから。

ざっと上げてみましたが、人によって色々な理由があると思います。

考えてみると、実は働き続ける理由なんてなかったということに気付く人もいるかもしれません。

中には、明確な理由に続けて、今の状態を受け入れることができる人もいるかもしれません。

将来について考えてみる

次に、自分の将来について考えてみましょう。

5年後、10年後、そして定年の時。良い想像をすることができますか?

会社が嫌い、仕事が嫌いと感じている状態では、あまり良い想像をすることはできないかもしれません。

ただ、時間がたてば自分の職位も、仕事内容も、周囲の人間関係も変わっていきます。

そういった点も含めて考えてみてください。

選択肢は3つ、どれが正しいかを改めて考えてみよう

嫌いな理由、それでも働き続けている理由、そして将来のこと。

これらのことを整理した上で、今後自分がどうすべきなのか、改めて考えてみましょう。

会社が嫌い、仕事が嫌い。その時に、あなたが選択できるのは、

  • 仕事を変える
  • 対策して働き続ける
  • 我慢して働き続ける

この3つです。

あなたが抱えている問題によって、どれが正しい選択かは変わってきます。

例えば、転職したところで解決できないこと、対策することが不可能なことであれば、我慢して働き続けるしか選択肢はありません。

転職することによって、抱えている問題が解決できないだけでなく、他の問題まで重なってる可能性もありますから、おすすめできません。

時間が解決してくれることも多々あります。嫌なら辞めるという選択をするのではなく、少しの間我慢するという選択が最良となる場合もあります。

また、自分からアクションを起こすことで解決できる問題もあります。そういった時にはわざわざ転職するのではなく、解決の為に自分で動いてみることが大切です。

最後の選択肢が仕事を変える、すなわち転職するということです。多くの問題は、仕事を変えることで解決することができます。

嫌なら辞めるというのは、確かに正しいことであるとは言えませんが、間違ったことでもありません。

ただ、転職時には気を付けなくてはいけないことも多いです。

もし転職して、嫌いなものから離れられたとしても、同様にまた会社が嫌い、仕事が嫌いと思う可能性は十分にあるということです。

嫌なら辞めるを安易に繰り返すと、辞め癖がついてしまいます。必ずどこかで嫌なことを我慢する、自分で何とかするということが必要になります。

ですから、なぜ嫌いなのか、そして何をするのが最善なのかは、自分でしっかり考える必要があります。

とは言え、あまりに大きなストレスを感じ、追い込まれている状態でならば一度転職してみるのも良いでしょう。

違う会社を経験することで見えてくるものも多いです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

関連:毎日残業が3時間以上でもう仕事を辞めたい。これって普通なの?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ