平均勤続年数とは?就職、転職時のチェックの仕方。

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

平均勤続年数とは?就職、転職時のチェックの仕方。

就職時、転職時の会社選びの時に、必ず見ておきたい平均勤続年数。

しかし、どの程度の平均勤続年数だと短いのか、

どの程度の勤続年数だと長いのか、よくわかりませんよね。

また、どのように見ればいいのか、長ければいいのかもよくわかりません。

そこで、今回は様々な職種での平均勤続年数や就職、転職活動時に平均勤続年数をどう見ればいいかを紹介します。

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ新入社員が辞めて転職する頃?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

平均勤続年数とは?

まずは平均勤続年数とは何かを正しく理解しておきましょう。

平均勤続年数は、「勤務している人の勤続年数の平均」です。

よく間違えがちなのが、「入社してから会社を辞めるまでの平均」であるという勘違い。

その為、企業としてできたばかりの会社は当然平均勤続年数は短いですし、

他にも企業自体が、規模を拡大し、最近になって新入社員の採用規模を増やしていると平均勤続年数は短くなります。

平均勤続年数が少ないと、離職率が高く、会社で人の入れ替わりが激しく、ブラック企業だなんて思いがちですが、

決してそういうわけではなく、たとえ優良企業であっても平均勤続年数が短いなんてこともあるのです。

一方で、ここ最近、業績不振で新入社員の採用を極端に減らしている会社は平均勤続年数が長くなります。

平均勤続年数が長いから優良企業だろうと思って入ったら、将来が危ない会社だったなんてこともあるのです。

年収が今の会社よりも多いこともあります。しかし、勤続年数はしっかり見なくてはなりません。

スポンサーリンク

様々な職種の平均勤続年数

総務省統計局に載っている様々な職種での平均勤続年数を紹介しましょう。

今回はいくつかピックアップして紹介します。

平均勤続年数は以下の通り。

  • システムエンジニア…男:11.2年、女:9.3年
  • プログラマー…男:7.9年、女:6.2年
  • 看護師…男:6.1年、女:7.5年
  • 福祉施設介護員…男:5.4年、女:5.5年
  • 販売店店員…男:9.6年、女:7.5年
  • 娯楽接客員…男:6.3年、女:6.8年
  • 機械組立工…男:11.9年、女:10.1年

やはり、男性よりも女性のほうが平均勤続年数は少ないです。

また、機械組立工といった製造業では平均勤続年数は高く、一方で接客業は平均勤続年数が短いという傾向があります。

看護師は平均勤続年数が短いですが、私の周りを見ても、一つの病院で勤務し続けるよりも、いろいろな病院に勤める人が多いですね。看護師として技術が身につけば、どの病院でも働くことができるためでしょう。

平均勤続年数は、職種によって大きく異なってきます。

あなたの勤めている、もしくは今後勤めようと考えている会社が、同じ職種の中ではどの程度なのかをみる目安として参考にしてみてください。

ただ、上記でも述べているように、平均勤続年数が短くても、それはただ単に新入社員が最近企業規模が拡大しているだとか、会社自体ができたばかりだとかといった背景にもよりますので、背景まで調べる必要があります。

就職、転職活動時に平均勤続年数はどう見る?

会社選びをしていると、よく平均勤続年数を見ましたが、それは単に数字だけでは測れないことがあると紹介しました。

では平均勤続年数はどのようにみればいいでしょうか。

就職、転職活動時の参考の仕方を紹介します。

なお転職時ならリクルートエージェントといった転職エージェントを使うことで勤続年数を確認することができます。

転職エージェントはこういった企業の情報だけではなく、企業の内部事情や雰囲気といったことも教えてくれるので転職活動時には使うようにしましょう。

離職率と合わせてみる

平均勤続年数だけでは、その企業がどういった企業などを見ることはできません。

企業を判断する時には他の指数もあわせてみなくてはなりません。

まず最もわかりやすいのは離職率です。

離職率について知りたい方はこちら⇒新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ新入社員が辞めて転職する頃?

離職率が高ければ、社員がすぐに辞めるようなブラック会社である可能性が高いし、離職率が低ければ社員が辞めない優良企業である可能性が高くなります。

しかし、離職率は会社によって算出方法がばらばらですので、参考にするのは3年以内と書かれているデータにしましょう。

もし、3年以内と書かれていない時は要注意。

実は単に1ヶ月以内で0%ってだけかもしれません。

また、3年以内の離職率が低いからといってもそれだけで安心するのもNG。

ブラック企業の中には3年以内はなにがなんでもやめさせないなんていう会社もあるのです。

離職率と勤続年数の結果が以下の場合について、次のステップを紹介します。

  • 離職率が低い、平均勤続年数が長い
  • 離職率が低い、平均勤続年数が短い
  • 離職率が高い、平均勤続年数が長い
  • 離職率が高い、平均勤続年数が短い

離職率が低く、平均勤続年数が長い

最も安心できるパターンですね。

ただ、一つだけチェックしておきたいのは、直近での採用人数です。

平均勤続年数が、社員がやめないという理由であればいいですが、直近の新入社員の採用人数が極端に少ない場合もある為、直近の採用人数が企業全体の人数に対して適正であることを確認してください。

あまりに少ない場合は、要注意です。

離職率が低く、平均勤続年数が短い

可能性と考えられるのは、会社自体ができてから短いか、企業規模拡大の為に新入社員や中途社員を大量に採用しているという場合。

もしどちらにもあてはまらない場合は要注意。

上記でも述べたように、会社がなにがなんでも辞めさせないといった場合もありますので。

離職率が高く、平均勤続年数が長い

離職率が高い時点でと敬遠しがちですが、業種によっては離職率が高いものです。

よくあるのが入社3年はかなりきついけど、そこを乗り越えると仕事に慣れ、普通にこなせるようになり、そこからはなかなかやめないという場合もあります。

また、入社3年過ぎたら給料が跳ね上がるなんてこともあります。

銀行なんかでよく聞きますね。

ですので、安易に除外してしまうと後悔してしまいますので、もう少しその会社を調べてみる価値はあります。

離職率が高く、平均勤続年数が短い

最もダメなパターン。

切り捨ててもいいですが、もしも入りたい会社であるとか、どうしても気になるというのであれば、

会社ができてからどれくらいの年数かをチェック。

短ければ希望はありますが、長ければなかなか厳しいものがありますね。

スポンサーリンク

最後に

平均勤続年数は長ければ長いほうがいいと勘違いしすぎですが、そういうわけではありません。

こういった数字はもちろん参考にはなりますが、参考にしすぎはNGです。

転職活動などで使う際には正しく使って、正しい判断をするようにしましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

関連:大卒就職率が7年ぶりの高水準!だけど高いのはこんな理由が・・・

関連:ブラック企業の定義や特徴、あなたの会社は大丈夫?



このページの先頭へ