緊張しいの人必見!!緊張しない方法、緊張をほぐす方法

緊張しない方法、緊張をほぐす方法

緊張して、本番で上手くいかなかった。

なんて経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか。

緊張しいの人にとってはかなり悩みますよね。

どうすれば緊張せずに上手くできるのでしょうか。どうすれば緊張してもほぐすことができるのでしょか。

そこで今回は、緊張しない方法や緊張してもほぐす方法を紹介していきます。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:仕事でミスばかり。ミスを連発する前にやるべき7つのこと。

関連:ネガティブな人は嫌われる。プラス思考とマイナス思考はバランスが大事

スポンサーリンク

緊張について知っておこう

まずは緊張という現象について知っておきましょう。

なぜ人は緊張するのか

なぜ人は緊張するのでしょうか。

緊張する理由は人それぞれですが多くの場合、緊張は以下の感情から生み出されます。

  • 失敗したくない、成功したい
  • 恥をかきたくない
  • 認められたい

こういった、他人からの目を気にするあまり人は緊張してしまいます。

緊張しいの人は、より強く人の目を意識していることが多いです。

もし、あなたが緊張しいで、緊張しない方法を探しているのであれば、まずは自分が緊張する理由を探してみてください。

それを知ることが出来れば、たとえ無意識に緊張しても緊張をほぐすことができるようになります。

緊張することはデメリットばかりではない!

よく言われることですが、緊張するということは決して悪いことではありません。

ほどよい緊張感は集中力の向上につながります。

問題なのは緊張しすぎた場合です。

過度な緊張は、逆に集中力の低下を招いてしまったり、身体的、精神的にも自分で思った通りに動けなくさせてしまいます。

その結果、緊張はミスを誘発してしまいます。ですので、緊張をほぐすことは非常に重要なことなのです。

また、緊張のしすぎは、精神的にもよくありません。

緊張するあまり、そのことにかなり悩み続ける。

そして失敗してしまう。

この結果、次回には失敗経験からさらに緊張してしまう。という悪循環に陥ってしまいます。

これでは、かなり精神的に辛いということは容易に想像つくかとおもいます。

スポンサーリンク

緊張しない方法、緊張してもほぐす方法

では、緊張しない方法や緊張してもほぐす方法を紹介していきましょう。

徹底的に準備をし、自信をもつ

緊張する理由の一つとしてあげた中に「失敗したくない」という感情があることは紹介しました。

成功したいけど失敗したらどうしよう。そんな感情を持ってしまっているのです。

ではなぜ、過度にこのような感情を持ってしまうのでしょうか。

それは、自分に自信がないからです。

準備不足の結果、失敗する可能性を頭に思い浮かべてしまっているのです。

すなわち、緊張をしない方法の一つは、失敗がありえないと自信を持つくらいまで徹底的に準備することです。

擬似的にでもいいので慣れる

慣れは緊張をさせなくなります。

たいていの人は緊張することをあえて避けてしまう為、慣れることがなかなかできません。

そして、一番大事な時に緊張して失敗してしまうのです。

これではダメ。

その前に、擬似的にでもいいので何度も経験し、なれてください。

緊張することに慣れておけば、本番の時には緊張しないようになるでしょう。

もっと先を見据える

緊張しいの人は、ついつい目の前のことに集中しすぎです。

そこで成功することしか考えることができません。

そうではなく、もっと先を見据えて見ることが緊張をほぐす方法の一つになります。

その場面で成功した場合、失敗した場合にどんなことが起こるか、私にどのような影響を及ぼすか、挽回できるチャンスはあるか。

たいていの場合、そこで上手く行かなくてもそこまでの影響がないと感じることができ、緊張はほぐれるでしょう。

つぼや呼吸法

緊張してしまった場合、緊張をほぐす方法の一つにつぼや、呼吸法があります。

緊張をほぐすつぼで、代表的なものは手のひらのほぼ真ん中の労宮と呼ばれる場所です。

また、深呼吸は緊張をほぐしてくれます。

深呼吸については以下の記事で紹介しています。

関連:知らなきゃ損!!深呼吸の効果と正しい深呼吸の方法

スポンサーリンク

最後に

緊張を敵にするのではなく、味方にしていけるように行かなければなりません。

最初は意識してもなかなか上手くできませんが、考え方として慣れて行きましょう。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ