転職先が決まったけど不安で迷いが生じているならどうすればいいか

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

転職先が決まったけど不安で迷いが生じているならどうすればいいか

希望していた会社から内定を貰って転職先が決まることは、本来であれば誰にとっても幸せなことなはずです。

しかし、実際に決まって後は転職に向けて準備するだけとなると、それまでは感じていなかった不安に襲われてしまうなんてこともよくある話。

転職活動を始める前、転職活動中は早く転職先を決めて転職したいと考えていたはずなのに、今度は違うことで悩んでしまうのです。

今回は転職先が決まった後で不安になってしまう理由や解消する為にどうすればいいかを紹介していきます。

関連:転職後1ヶ月で辛い、辞めたいと思ったらどうする?実際に退職して起きたことや考えたこと

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。

不安になってしまう理由

転職先が決まってから不安になる理由として挙げられるのは大きく3つ考えられます。

新たな環境に適応できるのか

まず一つめが新たな環境に適応できるのかという不安。

人間関係が上手くいくだろうか、仕事ができるだろうか、職場に馴染めるだろうかなど、実際に働き出してみなくてはわからないことが転職では絶対にあるのです。

一度転職してしまうと、もほとんどの場合はもう後には引き返せません。前の会社のほうが楽しく仕事がやれていたなんて感じたとしても元の会社に戻ることはできないのです。

新入社員の頃も同じような感覚を持っていたはずですが、その時は卒業することも入社することも決まっているのでただ時間がたつのを待つだけ。

しかし転職の場合には、転職先が決まっても転職しないという選択肢を持ってしまっていますし、それまでの会社で経験してきたことも悩むことになる原因になります。

気になることがある

転職するにあたり、条件面に不明確な部分があって気になることがあるのも不安を増大させる原因になります。

残業代はしっかりでるだろうか。残業時間はどれくらいになるのだろうか、結局給料はいくら貰えるだろうか、有給休暇はとれるのだろうか。

わからないことがあればあるほど人は不安になっていきます。

実は納得できていない

実は決まった転職先に心から納得できていないなんてことも、本当に転職していいものなのかなんていう不安を招きます。

最初は希望通りの会社に転職することを希望いても、なかなか受からない状態が続いてしまうと、徐々に条件を下げて転職先を探すなんてこともよくあること。

ただその妥協に自分が納得していないと、いざ転職直前になると不安が襲い掛かってきます。

転職活動中は、不採用という現実を突きつけら時間がたてばたつほどに、とにかく今の会社を辞めること、転職することが目的になってしまいがち。

しかしいざ転職先が決まると、冷静になって当初の目的とのずれを実感してしまうのです。

転職先が決まった後の不安を解消する為には

転職先が決まった後の不安を解消する為にまず大切なのは、自分がどういった理由で不安を感じているのかということ。

それがわからなければ、その不安を解消することはできないし、何より間違った選択をすることになります。

まずは不安に感じることを全て紙に書きだすようにしましょう。

新たな環境への不安

新たな環境に適応できるかどうかという不安は、そもそも誰だって感じることであり、むしろ感じない人のほうが珍しい話。

こればっかりは実際に転職して働き出すまでに不安がなくなることはないと割り切りましょう。

ただやれることはやっておきましょう。

これまでの経験からどうやったら上手くいくのか、現在働いている中で早く馴染めた人となかなか馴染めなかった人にどのような違いがあったかなどを振り返って考えてみて、自分が新たな環境で馴染める努力をしましょう。

ほとんどの会社は転職してきた人を敵だなんて思っていません。人が入ってくれば自分の負荷も下がるわけですからむしろ歓迎されるのが普通です。

ですから、後は自分が普通にやりさえすれば基本的に上手くいくと考えてください。

気になることがあっての不安

気になることがあって不安になっているのであれば、できる範囲で確認するようにしましょう。

条件面は人事にしっかり聞いておきましょう。

労働基準法では、条件面に関して以下のことを明示する必要があると定められています。

書面にて必ず明示が必要な項目

  • 労働契約の期間および更新の有無
  • 就業する場所や業務に関する事項
  • 就業時間、残業の有無、休憩時間、休日
  • 賃金、昇給に関する事項や支払いの時期
  • 退職に関する事項

ルールがあれば明示が必要な項目退職手当に関して

  • 賞与や手当に関して
  • 安全衛生に関して
  • 職業訓練に関して
  • 災害補償や業務外の傷病扶助に関して
  • 表業や制裁に関して
  • 休職に関して

少なくともこれらのことは企業が明示することを義務づけられています。

またこれら以外のことでも、失礼のない範囲で聞くことは十分可能ですし、もし聞きにくい内容であればインターネットの口コミや実際に訪れてみるなどして徹底的に調べてみましょう。

納得できていない場合

実は転職先に納得できていないのであれば、今一度、今の会社、転職予定の会社、本来希望していた会社を比較してみましょう。

納得いっていないまま転職してしまえば、後悔する可能性は非常に高くなります。

入社時点で満足できていなければ、入社後にさらに不満は大きくなってしまうのです。

せっかく受かったから断るなんてもったいないという気持ちはわかります。苦労してようやく決まった会社を蹴るなんてかなりの勇気が必要です。

ただその選択肢は持たなくていけません。

もしすでに辞めてしまった上で転職活動をしていたならせっかく受かった会社を蹴るのは相当慎重にならなくてはなりません。

しかし在職中に転職活動をしているならば、転職することを焦る必要はありませんから、もう一度転職活動を行うという決断をする勇気も持つようにしてください。

不安を受け入れることも大切

最終的には、不安を完全に解消することはできません。

ですから、時には不安を受け入れることも必要なこと。

じっくり考えた後は、あまり考えすぎず、悩みすぎず、たんたんと手続きを済ませて時間がたつのを待つのも大事です。

私が転職した際も、入社するまではかなり不安な気持ちがありましたが、蓋を開けてみれば単に考えすぎだったなって思います。

転職活動は転職サイトと転職エージェントを使うべし

転職先に納得できない人は、思い切ってもう一度転職活動をしてみましょう。

次こそは納得いく企業を見つける為に、転職サイトと転職エージェントの有効活用は大切。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。スカウト機能は転職の可能性を知るのにかなり便利であるといえるでしょう。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職で失敗、すぐ辞めることになって後悔しない為には?

関連:転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。



このページの先頭へ