転職での給料の決まり方。提示された額が低かったら交渉してみるのもあり。

転職での給料の決まり方。提示された額が低かったら交渉してみるのもあり。

どうせ転職するなら給料は上がったほうがいいに決まっています。何より年収アップが目的で転職するという人も中にはいるでしょう。

にもかかわらず、いざ転職する時に給料が決まる仕組みもわからないまま、知らず知らずに損をしている人もいます。

中途採用者の給料は新卒の給料と違って様々な要素が関係してきまるものであり、これと決められたものがない分、変動するものです。

関連:給料は上がらないから辞めるのはいい判断かも。年収なんて会社次第だから転職しかない

関連:30歳で大手企業からベンチャー企業への転職を決心。その結果、年収は400万円アップ!

転職時には給料がこう決まる

転職時の給料の決まり方は、基本的に以下の3つの要素が関係します。会社によってどの要素が強く出るかは変わってきます。

その会社での給与体系に準ずる部分

日本の企業は年功序列制度をとっている会社がまだまだ多い為、年齢や勤続年数に応じてある程度の給料は決まっています。

転職する場合においても、当然その給与体系に準ずることになります。

多くの会社ではまずこの金額がベースとなります。

その金額以上は何も増えることはないという場合もありますし、他の部分で上下することがある場合もあります。

能力の高さによる部分

転職の場合、その人自身の能力の高さがどれくらいかも給料に反映される部分です。

外資系企業を中心に年功序列ではなく成果主義を取り入れている会社もありますが、そういった場合はより影響が強くなる部分です。

能力の高さと言ってもどういった点を評価されるかは会社によって異なり、現時点でのスキルの高さ、実務経験だけでなく、ポテンシャルの高さ等も影響してくる場合があります。

前職、他社との兼ね合い

転職においては前職での給料や、他社がどの程度の給料を提示するかも関係してくる要素です。

優秀な人を採用しようと思ったら、少なくとも前職より高い給料にしなければ内定を出したところで来ては貰えないし、他社が高い額を提示していたらそっちに行ってしまいます。

また、不景気になれば他社も買い手市場になる為、それほど高い給料を提示しなくなりますし、業界自体の給料が低い傾向にあるとやはり高い給料は提示されません。

その為、今のような売り手市場の時期に転職すること、平均年収が高い業界を選ぶことも大事です。

ちなみに面接では現在の年収を聞かれることが非常に多いですが、嘘をついても源泉徴収票や住民税からばれる可能性が非常に高いので、嘘は言わないようにしましょう。

会社によってどの部分が強く出るかは大きく違う

会社によってはガチガチに給与体系が決まっている会社もあれば、そもそも給与体系が全くない会社もあります。

提示された給料が低かったら交渉もあり

新卒での就職時点では全員が仕事どころか社会人の経験もないということで給料は一律で決められます。変わるのは高卒、大卒、大学院卒という学歴による部分だけです。

しかし、転職時であれば上述したように変動す要素もあるのでもし提示された給料が低かった場合は交渉するのもありなんです。

転職時には交渉で給料を増やしてもらえる可能性がある

給料を交渉したって上げて貰えることなんてほとんどないのでは?という人もいるかもしれませんが、可能性としては大いにあります。

企業側はできるだけ人件費を抑えて優秀な人を採用したいと思っている為、最初に提示する額はどうしても低くなります。

しかし、実際はここまでなら上げても良いという金額があって、交渉しなければ単に損なだけなんです。

交渉時は根拠が必要

もちろん交渉する場合には、相手が納得するだけの根拠がなくてはいけません。

特に何の根拠も無いのに給料をあげてくださいと言って、OKする企業なんてないでしょう。

これまでの経験、自分のスキルからどういった成果を出すことができるのか大事になってきます。

転職エージェントが行ってくれる

給料の交渉は、自分では中々やりにくいものです。

どんなタイミングで交渉すればいいのか、どのように交渉すればいいのか、交渉したら悪い印象を持たれないかなど、非常にやりにくい部分が多いです。

ただ、これは転職エージェントが代わりに行ってくれます。だからこそ転職時は転職エージェントを使っておいたほうがいいです。

ぜひ一度相談してみましょう。

転職で年収アップを目指そう

同じ会社にいても昇給額なんてたかがしれています。年収を増やそうと思ったらやっぱり転職するしかありません。

転職を成功させる為にも転職サイト、転職エージェントを上手くつかっていきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:転職で年収を下がる人の特徴。年収アップを目指すなら要注意。



このページの先頭へ