気分屋の上司が怖いから仕事を辞めたい。毎日萎縮してしまってストレス大なら退職もありかも。

気分屋の上司が怖いから仕事を辞めたい。毎日萎縮してしまってストレス大なら退職もありかも。

会社生活を送る上で上司の存在は切っても切り離すことができない非常に重要なもの。

いくら仕事では自分のやりたいことができてやりがいを感じていたとしても、休みが多く残業が少なくて非常に働きやすい環境であっても、上司が嫌な人だと仕事に行くのは億劫で辞めたいと思うようになってしまうものです。

特に上司が気分屋で怖いと辛いですよね。

上司が怖いせいで毎日萎縮し、ビクビクしながら働き、職場の雰囲気も悪くなり、仕事が楽しいなんて思うことは中々できません。とにかく仕事は嫌なものになってしまいます。

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

関連:上司と合わないから仕事を辞めたい。どう対策する?

気分屋の上司が怖いから辞めたい。退職するのは甘え?

上司には本当に色々な人がいますよね。

部下のことをしっかり考えてくれる人もいれば、自分のことばかりを考える人もいます。

気分次第で行動したり態度に出さない人もいれば、気分屋で機嫌が悪い時には部下に当たる人もいます。

もちろん部下の立場としては部下のことを考えてくれて正しい振る舞いをしてくれる上司の下で働きたいもの。

ただ部下の立場から上司を選ぶことは基本的にできませんから、運が悪いと最悪な上司の下で働くことになってしまう場合もあるのが現実です。

ではもし運悪く嫌な上司の下で働くことになってしまったらどうすればいいでしょうか。

こればっかりは仕方ない、運が悪かったと割り切って、なんとかその上司とつかず離れずの関係を保ちながら、上司が変わるのを待つしかありません。

とは言え、あまりにひどすぎると我慢して待ち続けることはできない場合だってありますよね。

特に気分屋で、機嫌が悪い時はあれこれと怒ってくる怖い上司の下で働く時は大変。

たびたび理不尽に怒られ、萎縮してビクビクしながら働くことになりストレスは大。1ヶ月、2ヶ月程度ならまだしも1年、2年とそんな状態で働き続けるのは正直困難です。

そんなストレス大の状態で働き続けた結果、限界を超えて体を壊すことになった人もたくさんいます。

そうなってしまうくらいなら退職するのもありです。甘えでもなんでもありません。

もちろん安易に退職を決めてしまうのではなく、最初は上司と上手くいくような工夫をしてみたり、異動を願い出てみたり、他に頼れる上司がいるなら相談してみたりなど、できる限りのことはしてみるべき。

ただそれでも無理なら退職を選ぶことだって悪いことではありません。

ひどい気分屋で萎縮してしまうほど上司が怖い場合はデメリットが多い

気分屋で怖い上司の下で、毎日萎縮して働き続けるような状態では、ストレスのせいで体を壊す以外にも様々なデメリットがあります。

成長できない

仕事面で成長できるかどうかは個人の資質だけに関係するだけのものではなく、どういった環境でどういった上司の下で働くかということも大きく影響します。

そして気分屋で怖い上司の下では成長が阻害されてしまうことが多いです。

言いたいこと、提案したいことは言えなくなり、ミスを恐れてチャレンジすることもなくなる。

上司の顔色ばかりに力を注いでしまうようになり、仕事に集中できない。

仕事をより良い形にするよりも、ごまかすことばかりが上手くなる。

そもそも仕事が嫌なものになってしまってモチベーションが低くなる。

そんなことになってしまっている人が多いのではないでしょうか。

特に20代の人にとってこれはかなり深刻なことであることは理解しておかなくてはなりません。

正しく評価してもらえない

他の上司に比べると気分屋であるが故に評価方法にも気分が入ってしまい、正しく評価してもらえない可能性が高くなるというデメリットもあります。

一度低い評価を付けられてしまうのはかなり大きな問題。

その低い評価のせいで昇格が遅れ、それがずっと尾をひいてしまうということが大いにありえるからです。

そうなってしまうと上司はどうせ変わるから一時的に我慢すれば良いという話ではなくなりますよね。

怖い上司の全てが悪いわけではない

ただ勘違いしてはいけないのが、怖い上司の下で働くことが必ずしも悪いことではないということ。

とても優しい上司の下で働くことができたとしても、そこに甘えてなんでも上司に頼り切りになってしまい、一人で乗り越えていく力が身につかない場合もあります。

ですから怒る時には怒り、時には能力を超えた仕事を与えてみることも上司としては必要。

その為、あえて怖い上司を演じて嫌われ役になってくれている人もいるのです。

ただ気分屋であるなんて問題外だし、部下の精神面には気を使いストレスを溜めすぎないように注意することは必要。部下が萎縮してしまっているなんてもってのほか。

単に気分屋で部下のことを考えず怒るだけの怖い上司は良い上司ではありません。

ストレス大なら転職もあり

今の上司の下で働くことによってあまりにストレスを感じており、すぐに上司か変わる見込みもなければ異動できる可能性もない。

そんな状況ならさっさと仕事を辞めて転職するのも別に良いと思います。

無理して働き体を壊したり、成長できなくなってしまうくらいなら全然ましです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ