転職で希望年収や希望条件はどう答えるべき?

転職で希望年収や希望条件はどう答えるべき?

転職するにあたり、どれくらいの年収、どういった条件で転職したいかという希望があるかと思います。

希望年収や希望条件は、自分が応募する企業を決定する際に重要となりますし、転職エージェントを利用する場合は、企業を紹介する為に必要な材料となります。

また、希望年収や希望条件は履歴書に記入欄があったり、面接時にも聞かれることがありますから、合否にも影響してくることになります。

そこで、今回は希望年収や希望条件を転職エージェントに伝える場合と、履歴書や面接で企業側に伝える際の注意点について紹介します。

関連:内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書とは?法的効力や提出後の辞退について

関連:転職での業界研究、企業研究の必要性、やり方とは

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

転職エージェントに希望年収や希望条件を伝える場合

まずは、転職エージェントに希望年収や希望条件に伝える場合の注意点を紹介します。

希望年収や希望条件を低く設定しすぎると・・・

転職したいという意識が強すぎたり、高望みしてはだめだろうと色々考えすぎた結果、実際に自分が望んでいるよりも低く伝えてしまう場合もあるでしょう。

ただ、転職エージェントはその希望年収や希望条件に基づいて紹介する企業を決めます。

もちろん、紹介する企業は転職者の希望だけでなく、その人の経歴や持っているスキルといったものも含めて決めますが、やはり一番はその人の希望に出来るだけ沿えるようにします。

もしも、年収や条件を下げすぎると、そういった企業ばかりを紹介されてしまう可能性もありますから注意が必要です。

希望年収や希望条件を高く設定しすぎると・・・

誰だって、できるだけ年収は高いほうが良いし、その他の条件面でも良いほうがいいに決まっています。

ただ、あまりに高望みしすぎると、該当する企業がない為、紹介してもらえない可能性が高くなります。

転職エージェントは転職して初めて利益を生み出すことができるわけですから、転職できる可能性が低い人に対しての熱意は下がってしまいます。

伝える場合の注意点

低すぎてもだめ、高すぎてもだめというのはなんとも難しいところですが、ではどのように伝えればいいのでしょうか。

注意点を紹介します。

あらかじめ相場は確認しておく

自分が転職しようと考えている業界、職種について、世間的な相場をまずは確認しましょう。

自分の年齢では上位層がどれくらいの年収となっているか、平均ならどの程度の年収となっているのかだとか、

その業界では一般的にどの程度の残業時間となるのか、休日数はどの程度なのかということをあらかじめ確認してください。

そこからかけ離れた希望を言っても、それは現実的に難しくなってしまいます。

優先順位を決めておく

全てが自分の希望するものと一致する企業はなかなか見つかりません。

ですから、何かしらは妥協しなくてはいけなくなります。

絶対に叶えたい点、できれば叶えたい点、妥協できる点というのが明確に決まっていると、転職エージェントとしては紹介する企業を探しやすいです。

また、それぞれの条件についても、どこまで妥協できるかという点については決めておいたほうがいいですね。

あとは、実際に転職活動を進めていく中で、実情がどうなのかということを転職エージェントと相談しながら、現実性のある希望に変えていきましょう。

履歴書や面接では?

では、次に履歴書に書いたり、面接で聞かれた場合にどう答えればいいでしょうか。

現実に沿うのが重要

履歴書にしろ、面接にしろ、企業が考えているものと全然違うのはNGです。

極端な例ですが、平均年収300万円なのに年収1000万円を望んだり、残業が平均30時間している会社で残業0時間を望んでも心象はありません。

休日数については、こちらの希望によって変わるものでもありません。

まず大切なのは、応募する企業の現実を知り、それに合わせることです。

求人広告の数字に注意

求人広告では、年収300万円から700万円といったように幅のある年収額が提示されています。

だからといって、希望年収額を年収700万円なんてしてはいけません。

あくまで、自分の年齢や経験に応じた適正な金額にしなくてはいけません。

前職の給与を基準にする

年収を決める上で、最大の決定要因はその企業での給与体系です。

年齢や役職に応じて、それぞれの企業で決まっている為、希望に応じることが不可能という場合もあります。

ただ、たとえ給与体系が決まっていても、それに必ずしも従うわけではなく、それ以上の年収となる場合もあります。

その時に、参考となるのが前職の給与です。

働いてほしいとおもった人材に対し、前職以上の年収をだすのは当然のことです。

すなわち、現在の年収も一つの基準になることを覚えておきましょう。

まずは適切な相場を知ることから

転職したいと考えているなら、まずは適切な相場を知ることが最初の一歩になります。

情報収集し、実際に転職するか、転職を辞めておくかの判断にもなります。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:残業、休日出勤したくない!残業が多いことが当たり前な現状から脱出

関連:転職で年収は上がるのか、下がるのか

関連:転職サイトの非公開求人とは?どうすれば見ることができる?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ