第二新卒の転職で感じる厳しいこと。それでも転職は決して難しくない!

第二新卒の転職で感じる厳しいこと。それでも転職は決して難しくない!

社会人3年目以内の人を対象にした第二新卒の転職。

とりあえず3年は働いた方が良いと言われている中での転職ですから、中々厳しいというイメージを持っている人は多いかもしれません。

また中には実際に転職活動を始めてみたところ厳しさに直面している人いるでしょう。10社以上受けても決まらず焦りを感じている人もいるのが実情です。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

第二新卒の転職に厳しいと感じる点

3年以内に離職というハンデを背負った上で行う第二新卒の転職。

あくまで中途採用ですから新卒の就職活動とは求められるものも環境も異なります。

それ故に厳しいという感覚を持ってしまう人は少なくないでしょう。

実際、第二新卒の転職を進めていく中で以下の点に厳しいと感じてしまう場合が多いです。

選択肢が少ない

まず選択肢の少なさ。新卒採用に比べて第二新卒の採用は実施している企業も少ないし、実施していたとしても採用人数は少なくなっています。

その為、行きたいと思える企業を見つけることができないこともあるし、優良企業は当然人が集中するので倍率が高くなるので難易度がかなり高くなります。

そもそも第二新卒を実施する最大の目的は新卒採用で十分な人数を採用することができなかったり、採用しても退職してしまって人数が足りなくなったところを補う為。

待遇が良く知名度の高い大企業は新卒採用で十分に人が集まるし、離職率も低いので、第二新卒自体の採用を行っていない場合が多いです。

アピールが難しい

中途採用である以上、学生時代で何をしたかの実績ではなく、社会人としてどういったスキルを身につけたか、どんな実績を挙げたか、どういった経験をしてきたかということを履歴書なり面接でアピールしなくてはなりません。

しかし第二新卒での転職だとまだまだ浅いし、会社によっては半年以上、1年以上研修期間を取っている為、2年目であってもアピールできることがないという悩みを抱える人がとても多いです。

しかも何とか絞りだしてアピールしても内容や言い方によっては過剰になりすぎて、経験が浅いのに仕事をなめているなんて印象を持たれてしまう可能性もあるので本当に大変です。

短期離職であることがマイナスポイントになる

3年以内に仕事を辞めたというのはやはりマイナスポイント。

またすぐに仕事を辞めてしまうのではないかという疑念を持たれてしまう場合が多く、それ故になぜ仕事を辞めたのかという点はかなり厳しくみられる部分です。

いかに退職理由を納得して貰い、すぐに辞めることなないだろう、ストレス耐性が低いわけではないだろうと思われるかが第二新卒の転職を成功させるカギになるでしょう。

孤独

新卒の就活時は、周りも同時に行っているので情報共有ができたり、相談しあえたりというメリットがあります。

周りが就活を終えていくことがストレスになってしまうこともありますが。

転職活動では誰かと一緒に進めていくわけではないので、周りが内定を決めて羨ましく思ってしまうことはないものの、相談相手もいなければ情報収集も全て自分、とにかく孤独の中で進めていかなくてはなりません。

ただ実際は有利な部分も多い

第二新卒の転職ではこのような厳しい部分があるのは事実。転職活動で苦労する人は確かにいるでしょう。

しかし中途採用というくくりで見た時、第二新卒の転職は決して悪い部分ばかりではありません。

第二新卒という若手層だからこその有利な部分も実は多々あるのです。

第二新卒自体の需要は大きい

新卒に比べれば確かに選択肢は少ないでしょう。しかし第二新卒自体の需要はかなり大きくなってきており、以前に比べれば転職はかなりしやすい状況になっています。

入社3年以内だとまともに転職できないなんてことを言う人もいますが、決してそんなことはないのです。

第二新卒採用を行っている企業もかなり増えており、中には新卒の就職でも人気のある企業が実施するようになってきています。

元々は若手人材の補填として行われていた第二新卒採用でしたが、最近は他業種を経験し柔軟な考え方を持った人をあえて採用することを目的としているのがその理由です。

キャリアチェンジするならチャンス

未経験の仕事にチャレンジしようと思ったら、下手に3年より第二新卒として転職した方がずっと有利。

年齢が高くなるにつれて職種を変える何度は難しくなり、選択肢も少なくなっていきます。20代後半、30代になるにつれてその職種での経験が重視されるようになる為です。

ライバルが第二新卒、既卒だけ

第二新卒者はアピールが難しい、3年以内の離職がマイナスポイントになるといった厳しい点があるものの、それによって他の人に比べて不利になるわけではありません。

第二新卒採用ではだいたいがその年代でないと受けることができないとなっており、ライバルとなるのは第二新卒や既卒だけ。

既卒に比べると少しでも社会人経験があることによってむしろ有利になるし、他の第二新卒者も自分と同様の厳しい点を抱えているので、自分だけが不利になるなんてことはありません。

その為、転職活動でのコツをつかみ、上手くアピールすることさえできれば成功させることは十分可能。職歴など転職活動を始めた時点で変えようがないことによって上手くいかないようなことはないのです。

第二新卒転職の成功に向けて

第二新卒での転職は確かに厳しい部分もありますが、他の年代に比べればずっと転職はしやすい年代。

転職のコツさえ掴むことさえできれば、今以上の会社に転職することは決して不可能なことではありません。

ですから、もし転職を考えている人はぜひチャレンジしてください。

また転職活動のコツは転職エージェントを利用すれば教えて貰えますから心配不要です。

履歴書対策、面接対策から希望に合った企業の紹介など最初から最後までサポートして貰えるのでぜひ活用してください。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

また、とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ