未経験で研究職に転職することは難しい?転職する為の方法はある?

未経験で研究職に転職することは難しい?転職する為の方法はある?

研究職になりたい。一度違う職種で就職してみたもののそんな風に考えている人は多いかもしれません。

就職市場においても人気のある研究職は、倍率も高く希望した人全員がその職種に就くことができるわけではありません。研究職になれずに設計などの技術者として働くことになった人も多いでしょう。

ただ、それでもやっぱり研究者になりたいという思いを捨てきれずに転職を感が手いる人もいるかと思います。

そこで今回は未経験者が研究職に転職することの実情や転職する為の方法について紹介していきます。

研究職へ転職は難しいのが現実

正直言って、研究職への転職はかなり難しいというのが現実です。それまで研究職として仕事をしてきた人ならまだしも、一度研究から離れてしまった人ですら再度研究職に就くことの難易度はかなり高くなってしまいます。未経験者ともなればさらにハードルはかなり高くなってしまうのは当然のことです。

研究職への転職が難しい理由には以下のものが挙げられます。

求人数自体が少ないが希望者は多い

研究職自体の求人は、その他の職種に比べてかなり少ない一方で研究者になりたいと考える人は多くなってしまっています。

その為当然倍率は高くなりますし、研究職を求人として出す場合も厳しい応募条件を課すようになってきます。

研究職の求人を見た場合、応募条件として特定業務の経験を持っている人に限定していることがほとんどです。

人気のない職種で高い応募条件を課しても人が集まりませんが、人気のある研究職はある程度高い条件を課しても人材が集まりやすいのでより即戦力として働ける人材を採用する為にも一定条件を課すことがほとんどになってしまいます。

専門的知識が重要になる

研究職という仕事柄、専門的知識が仕事に及ぼす影響はかなり大きなものがある為、未経験者と経験者の差が非常に大きくなってしまうというのも未経験者が積極的に採用されない理由です。

大学、大学院でその分野について詳しく勉強してきたとしても実際に仕事として行う場合には不十分であることが多いですし、技術の成長速度が速い中で数年違うことをしてきたということによって研究するには知識が不十分になってしまうといったことによって、それくらいならば直近で勉強してきた新卒社員を採用したほうが良いと考える場合も多いです。

違う職種での経験を生かしにくい

その他の職種であれば、たとえ未経験者であってもそれまでの仕事での経験をそれなりに生かすことができます。だからこそ、新卒社員ではなく一度社会人経験のある人を採用するという企業も決して少なくはありません。

しかし研究職の場合、もちろんゼロとは言いませんが仕事の核となる部分に対してその他の仕事での経験が中々生きにくいという部分があります。

未経験で研究職に転職するには

未経験者で研究職に転職するというのは本当に厳しいというのが現実です。そういった中でそれでも研究職に転職したいと考えた場合、どういったことを行えばいいでしょうか。

中小企業をターゲットにする

大企業の場合は応募条件にかなり高い条件が課されていることがほとんどで、実務経験がない人間を採用することはまずありません。

もちろん応募することはできますが、書類選考で落とされるだけです。

その為、基本的には転職ハードルは低くなる中小企業がターゲットとなります。

中小企業の場合は大企業のように狭い範囲で研究だけの仕事をするだけで良いというわけではなく、もっと広い範囲で仕事をすることになってくるものの、研究者としてのキャリアをスタートすることができる可能性があります。

英語の能力は必須

研究者になりたいというなら英語は必須。論文は英語ですし、海外の学会に行くこともあるでしょう。

経験もありません、英語もできませんではただでさえ倍率の高い研究職につけるわけはないと考えてください。

業界での経験は必須

研究者としての経験がなくても、その業界で技術者として経験してきた人であれば転職できる可能性は高くなります。

その業界で技術者として働いていれば、研究者ほどではないにしろ知識やトレンドについて知っている部分も多いので、研究者になった時に役に立ちます。

研究者として未経験なだけでなく、その業界で働いたこともないとなればハードルはとてつもなく高いものになり、ほぼ不可能であると考えたほうがいいでしょう。

できれば第二新卒のうちに

入社1年目から3年目以内に転職する第二新卒者であれば、その他の年代に比べて研究職に転職できる可能性は高くなります。

第二新卒ではそれまでの経験ではなくポテンシャルを重視される傾向があり、その様相は新卒時の就職活動時と似た部分があります。企業によっては第二新卒者であっても新卒者と同じ選考を受けることになる場合もあります。

第二新卒の需要自体は非常に高まっており、大手企業も採用人数を増やしています。研究職として転職することも十分に可能となっているので、第二新卒のうちに転職を決めてしまうというのが研究者になる為に必要となるでしょう。

早めに転職エージェントに相談を

もちろん、未経験からでも研究職に転職することが不可能というわけではありません。ただ頑張れば、条件を譲れば、だれもが転職できるかというとそういうわけではありません。

職歴、学歴、転職市場の動向など様々なことにも影響され、転職できる人もいればできない人もいます。

ただそれでも研究職を目指したいというのであれば、とにかく早めに転職エージェントに相談するようにしてください。

研究職の求人は転職サイト等で探してもなかなか見つけることはできません。大半が非公開求人となっており、リクナビNEXTなどスカウト機能ががある転職サイトでオファーを待つか、リクルートエージェント などの転職エージェントで該当職種の求人を紹介して貰うことが必要になります。

研究職への転職は年齢が高くなるほど厳しくなりますので、とにかく早めに行動をおこしてください。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

また他にも、MIIDAS(ミーダス)は転職サイトとしてサブで使うにはおすすめ。

質問に答えるだけでどれくらいの年収で転職しているかを算出、簡単に市場価値を知ることができます

また企業から面接確約のオファーを貰えることも可能。

書類選考なしで簡単に転職することができるかもしれません。どうせ無料ならとりあえず登録して待ってみるというのは一つの手ですね。

ただあくまで受け身だけになってしまうのでDODAなどと併用しましょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応しています。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主(東京、神奈川、千葉、埼玉)。それ以外の地域ならDODAなど大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職における未経験者採用の考え方。未経験者可の表記に隠されていることとは

関連:理系の転職、求人が多く転職しやすい職業とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ