未経験で研究職に転職することは難しい?転職する為の方法はある?

未経験で研究職に転職することは難しい?転職する為の方法はある?

研究職になりたい。一度違う職種で就職してみたもののそんな風に考えている人は多いかもしれません。

就職市場においても人気のある研究職は、倍率も高く希望した人全員がその職種に就くことができるわけではありません。研究職になれずに設計などの技術者として働くことになった人も多いでしょう。

ただ、それでもやっぱり研究者になりたいという思いを捨てきれずに転職を感が手いる人もいるかと思います。

そこで今回は未経験者が研究職に転職することの実情や転職する為の方法について紹介していきます。

研究職へ転職は難しいのが現実

正直言って、研究職への転職はかなり難しいというのが現実です。それまで研究職として仕事をしてきた人ならまだしも、一度研究から離れてしまった人ですら再度研究職に就くことの難易度はかなり高くなってしまいます。未経験者ともなればさらにハードルはかなり高くなってしまうのは当然のことです。

研究職への転職が難しい理由には以下のものが挙げられます。

求人数自体が少ないが希望者は多い

研究職自体の求人は、その他の職種に比べてかなり少ない一方で研究者になりたいと考える人は多くなってしまっています。

その為当然倍率は高くなりますし、研究職を求人として出す場合も厳しい応募条件を課すようになってきます。

研究職の求人を見た場合、応募条件として特定業務の経験を持っている人に限定していることがほとんどです。

人気のない職種で高い応募条件を課しても人が集まりませんが、人気のある研究職はある程度高い条件を課しても人材が集まりやすいのでより即戦力として働ける人材を採用する為にも一定条件を課すことがほとんどになってしまいます。

専門的知識が重要になる

研究職という仕事柄、専門的知識が仕事に及ぼす影響はかなり大きなものがある為、未経験者と経験者の差が非常に大きくなってしまうというのも未経験者が積極的に採用されない理由です。

大学、大学院でその分野について詳しく勉強してきたとしても実際に仕事として行う場合には不十分であることが多いですし、技術の成長速度が速い中で数年違うことをしてきたということによって研究するには知識が不十分になってしまうといったことによって、それくらいならば直近で勉強してきた新卒社員を採用したほうが良いと考える場合も多いです。

違う職種での経験を生かしにくい

その他の職種であれば、たとえ未経験者であってもそれまでの仕事での経験をそれなりに生かすことができます。だからこそ、新卒社員ではなく一度社会人経験のある人を採用するという企業も決して少なくはありません。

しかし研究職の場合、もちろんゼロとは言いませんが仕事の核となる部分に対してその他の仕事での経験が中々生きにくいという部分があります。

未経験で研究職に転職するには

未経験者で研究職に転職するというのは本当に厳しいというのが現実です。そういった中でそれでも研究職に転職したいと考えた場合、どういったことを行えばいいでしょうか。

中小企業をターゲットにする

大企業の場合は応募条件にかなり高い条件が課されていることがほとんどで、実務経験がない人間を採用することはまずありません。

もちろん応募することはできますが、書類選考で落とされるだけです。

その為、基本的には転職ハードルは低くなる中小企業がターゲットとなります。

中小企業の場合は大企業のように狭い範囲で研究だけの仕事をするだけで良いというわけではなく、もっと広い範囲で仕事をすることになってくるものの、研究者としてのキャリアをスタートすることができる可能性があります。

英語の能力は必須

研究者になりたいというなら英語は必須。論文は英語ですし、海外の学会に行くこともあるでしょう。

経験もありません、英語もできませんではただでさえ倍率の高い研究職につけるわけはないと考えてください。

業界での経験は必須

研究者としての経験がなくても、その業界で技術者として経験してきた人であれば転職できる可能性は高くなります。

その業界で技術者として働いていれば、研究者ほどではないにしろ知識やトレンドについて知っている部分も多いので、研究者になった時に役に立ちます。

研究者として未経験なだけでなく、その業界で働いたこともないとなればハードルはとてつもなく高いものになり、ほぼ不可能であると考えたほうがいいでしょう。

できれば第二新卒のうちに

入社1年目から3年目以内に転職する第二新卒者であれば、その他の年代に比べて研究職に転職できる可能性は高くなります。

第二新卒ではそれまでの経験ではなくポテンシャルを重視される傾向があり、その様相は新卒時の就職活動時と似た部分があります。企業によっては第二新卒者であっても新卒者と同じ選考を受けることになる場合もあります。

第二新卒の需要自体は非常に高まっており、大手企業も採用人数を増やしています。研究職として転職することも十分に可能となっているので、第二新卒のうちに転職を決めてしまうというのが研究者になる為に必要となるでしょう。

早めに転職エージェントに相談を

もちろん、未経験からでも研究職に転職することが不可能というわけではありません。ただ頑張れば、条件を譲れば、だれもが転職できるかというとそういうわけではありません。

職歴、学歴、転職市場の動向など様々なことにも影響され、転職できる人もいればできない人もいます。

ただそれでも研究職を目指したいというのであれば、とにかく早めに転職エージェントに相談するようにしてください。

研究職の求人は転職サイト等で探してもなかなか見つけることはできません。大半が非公開求人となっており、リクナビネクストなどスカウト機能ががある転職サイトでオファーを待つか、リクルートエージェント などの転職エージェントで該当職種の求人を紹介して貰うことが必要になります。

研究職への転職は年齢が高くなるほど厳しくなりますので、とにかく早めに行動をおこしてください。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:転職における未経験者採用の考え方。未経験者可の表記に隠されていることとは

関連:理系の転職、求人が多く転職しやすい職業とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ