上司と喧嘩したらどうなる?辞めて転職した方が良い場合は?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

上司と喧嘩したらどうなる?辞めて転職した方が良い場合は?

会社生活で大変なことの一つが上司との人間関係。

良き上司に恵まれれば良いのですが、理不尽なことばかりを言う上司、自分の身を守ることしか考えていない上司も中にはいて、イライラしてしまうことも少なくないでしょう。

ただそんな時につい口答えをしてしまって喧嘩に発展しまうと大変。たった一度の喧嘩が大変なことを招いてしまうかもしれません。

関連:上司が嫌いで仕方ない、もう辞めたいと思った時の対処法

関連:怒鳴る上司への対処法。パワハラの可能性もあり、場合によっては逃げることも必要

上司と喧嘩するとどうなる?

上司だって間違いはあります。いや、むしろ現場から離れているからこそより現場に近い部下の方が正しい場合は多いかもしれません。

だからこそ部下の話にも耳を傾けたり、実際に現場で自分の目で確かめることが必要です。

しかし残念ながらそんな上司ばかりではなく、昔の経験を絶対視して自分が正しいと決めつけ、部下の意見なんて全く耳を傾けな上司も多いです。

そんな上司の元で仕事をしていれば、時に反抗したり口答えをしたくなる気持ちもわかります。

ただいくら自分が正しいとしても上司と喧嘩してしまうのは厳禁。

喧嘩したからお互いの理解が深まるなんてことはなく、部下であるあなたが損してしまう場合がほとんどです。

評価が下げられ、ボーナスが少なくなってしまう

上司と喧嘩してもその場で終わる。そんなことはまあまずありません。

表面上は大人な態度をとっていたとしても、上司にしてみれば口答えする腹が立つ人間となりますし、上下関係を守らない、言ったこともできないダメな部下という烙印を押します。

結果的に表面上は大人な態度をとっていたとしても、いざ評価をつけるタイミングで実際の仕事ぶりに関係なく評価を下げられ、そしてボーナスが少なくしまうでしょう。

評価が下げられ、出世ができなくなる

評価が下げられれば、ボーナスが下げられるだけではなく、その後の出世にも影響を及ぼします。

その上司の下で働いている間だけであれば良いんですが、残念ながら一定期間低い評価をつけられるとそれだけで出世が遅れ、そしてもう取返しがつかなくなってしまうという場合が少なくありません。

また会社としても、上司と喧嘩するような人は面倒だからと嫌がる場合も多いです。文句があるとしても他にいくらでも方法はあって、目上の人と喧嘩するなんてやっぱり社会人としてはあってはいけないことですからね。

たった一度の喧嘩によって一生平社員になってしまう、最悪の場合はそんなこともあり得るのです。

悪い評判を広められる

上司と部下。人脈やそのつながりの強さ、言った時の説得力などはやっぱり上司の方が強い場合の方が多いです。

その結果、上司の口から色々と悪い評判を広められてしまう場合もあり、仕事がしにくくなったり、会社にいづらくなったりする可能性もあります。

周りから面倒くさい目で見られる

人が喧嘩している所を見るのは誰だって嫌なものですし、目上の人とそんなことをする人に良い印象はもちません。

良く言ってくれたなんてことはほぼ思われることはなく、面倒くさそうだからあまり関わらない方が良い、冷静な振る舞いができないダメな人と思われるのが関の山。

またどっちが正しいなんて関係なく、上司と部下のどっちの味方になっておけば今後得かと考えたらやっぱり上司で、部下であるあなたとは距離を置かれてしまうことも多いです。

嫌がらせをうける

上司によっては、大人な対応ができずにあからさまに嫌がらせをしてくる場合だって決してすくなくありません。

わざと面倒な仕事ばかりを押し付ける、逆に全く仕事を与えてくれない、ミスした時に必要以上に怒るなど、上司の立場を利用した嫌がらせをされる場合もでてくるでしょう。

喧嘩をしてくるような相手ですから、あからさまにパワハラとわかるようにはしてこないかもしれませんが、一見すると普通のように、ただ喧嘩前とは違ってちょっとずつ、喧嘩の仕返しをしてくる場合もあるのです。

まずはとにかく早めに謝罪

基本的にはいかなる場合でも上司と喧嘩してはいけません。損するのはあなたですから。

どうしても納得がいかない部分があるなら、話し方を考えながら、場をわきまえながら、時には他の上司の力も利用しながら、喧嘩ではなく話し合いで解決しなくてはなりません。

しかしもし勢いで喧嘩をすでにしてしまった場合はどうしましょうか。

その場合、とにかくやらなくてはならないのが謝罪です。喧嘩の内容が明らかに上司が悪いと思っていても、自分に非はないと思っていても関係ありません。

喧嘩という形にした以上、まずその事実に謝罪をしなくてはなりません。

できるだけ早く、直接会って、喧嘩になるような態度、口の利き方をしたことをしっかり謝罪する。まずはそれが最低限することです。

その後に及ぼす影響にも注意

謝罪をすればそれでおしまいになるかどうかは残念ながら上司次第です。

あなたが逆の立場にたった時のことを考えてみてください。もし部下に何かしら指示をだした時にいきなり口答えをされて喧嘩になったとして、謝罪されたと言ってすぐに万事OKとなるでしょうか。

中々難しいですよね。

本来ならミスは誰にでもあるし、そのミスに対して謝罪をし今後しないと反省しているのであれば許すべきかもしれませんが、人の感情はそう上手くは行かないもの。

もちろん上司によっては何も気にせずにいてくれる人もいますが、全員がそうではないということを認識しておきましょう。

もしかしたら知らないうちに評価を下げられているかもしれない、そんなことだってあり得るんです。

それを極力防ぐ為には、その後の上司との関係をより良いものにしていく、普段の仕事で成果を出して認めてもらうなど、長きにわたって信頼を得るということも必要になります。

転職した方が良い場合は?

上司と喧嘩してしまった時、転職を考える人ももしかしたらいるかもしれません。

確かにそのまま働き続けても良いことはなく、転職をした方が良いという場合もあります。

喧嘩の仕方次第では謝罪してもどうにもならないという場合もあるし、上司の性格や立場によっては、この先に地獄しか待っていないという場合もあります。

ただそんな時にしっかり考えておきたいのは、自分にとってのベストは何なのかということです。

上司が腹立つから仕返ししたいからと迷惑をかけて辞めたり、もう上司の下では働けないと先のことを考えずにさっさと辞めたり、はたしてそれが自分にとって良いかどうかです。

辞めることで上司に迷惑をかけたとしても満足できるのは一瞬だけ、もしそれで自分が辛い目に合うと元も子もありませんよね。

辞めるなら辞めるで考えなくてはならないのは今後のこと。そうしなければ、転職しても悲しい未来が待っているだけかもしれません。

だからこそ辞めるにしても最低限転職活動のスタートはきっておきましょう。辞めてから始めるのでは遅すぎます。

転職サイトや転職エージェントに登録して目ぼしい求人を探しておく、最低でもこれくらいはしないと辞めなきゃ良かったと思うだけです。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ