結婚、出産を機に転職する理由や転職する場合の注意点

結婚、出産を機に転職する理由や転職する場合の注意点

結婚や出産という転機に、転職を考える人も少なくないでしょう。

男性の場合であっても、女性の場合であっても、独身の時や子供がいない時に比べて、私生活は大きく変化するのですから、私生活に合わせて働き方を変えるということはいたって普通のことです。

そこで、今回は結婚や出産を機に行う転職について紹介していきます。

関連:女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

関連:福利厚生の重要性や充実している企業の探し方、選び方

結婚、出産を機に転職する理由

結婚や出産を機に転職する人は、どういった点を目指して転職するのでしょうか。

いくつか、その理由を紹介しましょう。

労働時間を減らしたい

結婚、出産共に、労働時間を減らしたいというのが転職する理由に多いです。

女性の場合、結婚して家事と両立させる為であったり、出産であれば保育園に預けるにしても時間が決まっているからというのが理由として挙げられます。

女性だけでなく男性の場合にも、子育てに参加する為であったり、家族で過ごす時間を増やす為である場合が多いです。

男性の中で、家をでる頃に子供はまだ起きていなくて、帰ってくる頃にはすでに寝ている為、全然子供に会えないという人も多いですね。

引っ越しの為

特に女性の場合、結婚を機に引っ越しが必要となる為、転職するという人も多いですね。

各地方にも営業所等がある大企業だと、結婚を理由に転勤させてくれる場合もありますが、それはやはり少数派で、一緒に住む為には、辞めるしかないという場合が多いです。

休みを取りやすい会社

出産し、子育てをする場合、普段は保育園に預けるとは言っても、どうしても休まなくてはいけない場合があります。

例えば、子供が風邪を引いた場合なんかがそうですね。

その為、もう少し休みやすい会社に転職したいと考える人も少なくありません。

給料アップの為

独身であれば十分生活することはできるが、結婚し出産となった場合、生活が苦しい為、給料アップを目指して転職を考える人も多いです。

特に子育てにはお金がかかってしまいますから、不安を感じる人も多いことでしょう。

転職、出産を機に転職する場合の注意点

結婚や出産を機に転職することは当然のこととは言え、転職するにあたり注意しなくてはいけないこともあります。

労働条件だけで決めてしまうと後悔するかも

労働時間を減らしたいから残業の少ない会社に転職したい。

今のままの給料では少ないから、もっと給料アップを目指したい。

など、転職にあたり労働条件面を重視することは当然のことです。

しかし、労働条件面だけで考えて転職してしまうと、転職後に後悔することにつながります。

転職する際には、どういった仕事をしたいのか、将来どういった姿を目指したいのかということも考えなければ、仕事自体がただ生活する為だけの苦痛なものになってしまいます。

もちろん、優先すべきは労働条件面でしょう。

しかし、それだけを重視するのではなく、仕事という面も考えなくてはいけません。

転職のタイミング

結婚、出産それぞれで転職のタイミングによって、メリットやデメリットが生じることを忘れてはいけません。

結婚前

結婚を想定し、あらかじめ転職した場合、結婚前に転職活動を終わらせることができるのは大きなメリットと言えます。

転職先が決まっていることで、不安等もなくなるでしょう。

しかし、転職した直後は新たな環境で働くことで大きなストレスを感じることになります。

結婚によるプライベートでの環境変化も重なることで、さらに大きなストレスになってしまう可能性が高いです。

結婚後

結婚してから転職する場合のデメリットは、結婚時点で転職先が決まっていないことです。

どんな仕事に就けるのか、どれくらいの給料になるのかということが見えていないのは、やはり不安が大きいです。

出産前

出産前に転職することを考えた時、女性の場合はまず転職先を見つけるのが非常に難しくなります。

採用しても、すぐに産休、育休に入ってしまう為、企業はめったなことがない限り採用しないでしょう。

妊娠を想定して転職するならば問題はありませんが、妊娠している段階で転職する場合はかなり難しいと考えてください。

ただ、妊娠を隠すのは避けましょう。転職後にトラブルになる可能性が非常に高いです。

男性の場合、結婚前同様、転職によって新たな環境で働くことに対してストレスを感じてしまうことが多いです。

妊娠時には、家事を手伝ったりすることが増える為、より大きなストレスになってしまうことが多いです。

出産後

女性が出産後に育休をとった後で転職する場合、出産前に比べれば転職しやすくなります。

ただ、どうしても休まなくては行けない日がある為、企業側も避けたがる傾向があります。

ですから、何もない状態に比べれば、難しくなるということは自覚しておきましょう。

受動的な理由は好まれない

転職の場合、結婚の為、出産の為などの受動的rな理由は企業側に好まれません。

企業側は、熱意があり、モチベーションが高い人材を求めます。

ですから、転職理由はもっと能動的なものを用意しておく必要があります。

企業の実態はしっかり調べる

転職の場合、求人広告をうのみにせず、その企業の実態をしっかり調べるようにしましょう。

残業が10時間と書いているけど、実態はサービス残業が30時間以上あったり、

年間休日数が120日以上あっても、休日出勤が年間30日以上ある場合もあります。

それでは、本来転職した目的を達成できないどころか、むしろ悪化させてしまう可能性すらあります。

転職に向けて

特に出産を機に転職する場合、転職することが難しくなってしまうことが多いです。

その為、できれば妊娠前に転職しておくことが必要であると言えます。

男性にしろ、女性にしろ、ワークライフバランスは非常に大切なことです。

仕事だけであっても、プライベートだけであっても、人生は充実しません。

だからこそ、自分にあった働き方を見つけるのは大切なことです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点

関連:転職の費用はどれくらい?面接の交通費、引っ越し、社会保険料など

関連:休みが多い仕事、業界は何?やっぱり休みは多いほうがいい


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ