1次面接、最終面接の面接結果の連絡が来ない、遅い時の対処法、やっぱり不合格?

1次面接、最終面接の面接結果の連絡が来ない、遅い時の対処法、やっぱり不合格?

面接を受けたら、その結果はやっぱり気になるもの。

内定が貰えればそれで転職活動を終えれるけど、落ちたら違う会社を一から受けなくてはならないなんて場合も多々ありますから、できるだけ早く結果は知りたいですよね。

けれども、待っても待っても全然連絡が来ないというのも転職時の面接ではよくあること。

もしあなたがそんな場面に遭遇すればどうすればいいでしょうか。

関連:転職での倍率、通過率、内定率はどれくらい?

関連:内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書とは?法的効力や提出後の辞退について

関連:転職活動での内定辞退の方法、理由はどうする?保留は可能?メールと電話どっち?

面接からどれくらいで連絡くる?

できるだけ早く結果が知りたいと言っても、1日2日で連絡が来るのは稀。それなりに時間がかかるものなのです。

基本的には1週間以内

面接結果の連絡は基本的には1週間程度かかるものだと認識してください。

面接はその人自身の絶対評価によって合否を判断するのではなく、他の転職志望者も面接した上で相対的に評価した上で優秀だと思われる人材に合格を出します。

もしあなたが最後に面接を受ける人であれば結果を出すまでの時間が早くなるかもしれませんが、そうでないことがほとんどですから、どうしても時間はかかってしまうものなのです。

企業によってはもっと時間がかかる場合も

企業によっては1週間以上かかってしまう場合もあります。

例えば大企業の場合だと、志望者は増え、面接する人も多くなってしまう為、さらに時間がかかることが考えられます。

また、その他の要因としても合否の判断に社内でいくつか打ち合わせや報告があったりする場合も時間が」かかってしまうこともあります。

1次面接は早い、最終面接は遅い傾向がある

基本的に1週間以内であるといっても、最終面接は遅い傾向があります。

1次面接の場合は合否の判断に対してそれほどシビアにならなくてもいいのですが、最終面接では合格通知を出してしまうともう覆すことができない為、他の希望者が終わってからじっくり選ぶ傾向があります。

面接結果が来ない、遅れている理由

基本的には1週間以内という面接結果の連絡ですが、様々な理由からもっと遅くなる理由はあります。

不採用の為

まず一つ考えられる理由が、不採用であるという場合。

企業によっては、不採用の場合に一切連絡して来ないという場合もあります。

企業によっては、不採用の場合には連絡しないと明言している場合もありますが、そうではなくても全く連絡がこない場合もあるのです。

合格ラインに達してはいるが決めかねている

面接の場合、他の人と比べるまでもなく、絶対に不合格となってしまう人もいれば、合格になる人もいます。

後者の場合、他の人が面接を終わるまでもなく採用通知を貰える場合もあります。

ただ、中には合格ラインに達しているけれど決めかねているという場合もあります。

その場合、他の人の面接が終わってから判断することになったり、内定辞退者が出た場合に結果を送付することになるのでどうしても連絡が遅くなってしまいます。

面接人数が多い

合否の判断が他の人も全て終わってから相対的に判断する場合、面接人数が多ければ多いほど連絡が来るのは遅くなります。

書類選考から1次面接にどれくらい進ませるか、1次面接から最終面接にどれくらい進ませるかは企業によって様々であり、できるだけ面接で判断したいと考えている企業ほど、結果は遅くなってしまいます。

面接結果が来ない場合の対処法

下手したら1週間以上待つことになる面接結果ですが、どうしても知りたい場合もありますよね。

他の企業から内定を貰い、早く入社可否を回答しなくてはいけないだとか、どうしても行きたい企業だから気になって仕方ないだとか。

そんな時の対処法を紹介します。

予定日を過ぎていれば聞いてみても良い

企業側から、合否の連絡結果について予定日を言われている場合、その予定日を過ぎているならば直接担当者に聞いてみても問題ありません。

ただ、いくら早く知りたいと思っても、予定日より前に聞くのはできるだけ避けておきましょう。

残念ながら予定日を言っておいて連絡がないという場合は不採用である場合のほうが多いです。

不合格者に対して連絡を忘れてしまうこともありますが、さすがに合格している人に対して連絡をしないなんてことはありません。

予定日がない場合は2週間を過ぎてから

もし面接の結果を連絡する予定日を言われていない場合は、2週間を過ぎている場合なら直接聞いてみてもいいでしょう。

まだ決めかねている場合もありますが、そうであっても失礼にはならないでしょう。

転職エージェントを利用していると楽

もしその企業への応募に転職エージェントを経由して依頼してあれば非常に楽です。

エージェントであれば気になることはエージェント経由で確認して貰えます。

転職活動をストップしない

面接結果はどうしても気になりますが、その結果を気にして転職活動をストップさせるなんてことは避けたほうが良いです。

面接を受けるたびに、その結果を待っていたら転職活動にかなり時間がかかってしまうことになります。

面接が終わったら、その企業のことは一旦置いておき、次の企業に目を向けましょう。

転職活動での平均応募社数は約20社であり、面接の通過率もそれほど高いものではありません。

モチベーションをきらさず、できるだけ短期間で終わらせる為にも、前を向いておく必要があります。

不採用でも諦めない

せっかく面接に進むことができたのに、不採用になってしまうとやっぱりショックです。

ただ、あまりショックは受けずに諦めないことが大切です。

転職では、面接に進んだとしても通過率はそれほど高くなく、不採用となる割合のほうがずっと高いです。

それでも諦めずに続けることができた人だけが転職することができるのです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職先の入社日はどのように決めればいい?こだわりすぎると後悔するかも

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ