1次面接、最終面接の面接結果の連絡が来ない、遅い時の対処法、やっぱり不合格?

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

1次面接、最終面接の面接結果の連絡が来ない、遅い時の対処法、やっぱり不合格?

面接を受けたら、その結果はやっぱり気になるもの。

内定が貰えればそれで転職活動を終えれるけど、落ちたら違う会社を一から受けなくてはならないなんて場合も多々ありますから、できるだけ早く結果は知りたいですよね。

けれども、待っても待っても全然連絡が来ないというのも転職時の面接ではよくあること。

もしあなたがそんな場面に遭遇すればどうすればいいでしょうか。

関連:転職での倍率、通過率、内定率はどれくらい?

関連:内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書とは?法的効力や提出後の辞退について

関連:転職活動での内定辞退の方法、理由はどうする?保留は可能?メールと電話どっち?

スポンサーリンク

面接からどれくらいで連絡くる?

できるだけ早く結果が知りたいと言っても、1日2日で連絡が来るのは稀。それなりに時間がかかるものなのです。

基本的には1週間以内

面接結果の連絡は基本的には1週間程度かかるものだと認識してください。

面接はその人自身の絶対評価によって合否を判断するのではなく、他の転職志望者も面接した上で相対的に評価した上で優秀だと思われる人材に合格を出します。

もしあなたが最後に面接を受ける人であれば結果を出すまでの時間が早くなるかもしれませんが、そうでないことがほとんどですから、どうしても時間はかかってしまうものなのです。

企業によってはもっと時間がかかる場合も

企業によっては1週間以上かかってしまう場合もあります。

例えば大企業の場合だと、志望者は増え、面接する人も多くなってしまう為、さらに時間がかかることが考えられます。

また、その他の要因としても合否の判断に社内でいくつか打ち合わせや報告があったりする場合も時間が」かかってしまうこともあります。

1次面接は早い、最終面接は遅い傾向がある

基本的に1週間以内であるといっても、最終面接は遅い傾向があります。

1次面接の場合は合否の判断に対してそれほどシビアにならなくてもいいのですが、最終面接では合格通知を出してしまうともう覆すことができない為、他の希望者が終わってからじっくり選ぶ傾向があります。

スポンサーリンク

面接結果が来ない、遅れている理由

基本的には1週間以内という面接結果の連絡ですが、様々な理由からもっと遅くなる理由はあります。

不採用の為

まず一つ考えられる理由が、不採用であるという場合。

企業によっては、不採用の場合に一切連絡して来ないという場合もあります。

企業によっては、不採用の場合には連絡しないと明言している場合もありますが、そうではなくても全く連絡がこない場合もあるのです。

合格ラインに達してはいるが決めかねている

面接の場合、他の人と比べるまでもなく、絶対に不合格となってしまう人もいれば、合格になる人もいます。

後者の場合、他の人が面接を終わるまでもなく採用通知を貰える場合もあります。

ただ、中には合格ラインに達しているけれど決めかねているという場合もあります。

その場合、他の人の面接が終わってから判断することになったり、内定辞退者が出た場合に結果を送付することになるのでどうしても連絡が遅くなってしまいます。

面接人数が多い

合否の判断が他の人も全て終わってから相対的に判断する場合、面接人数が多ければ多いほど連絡が来るのは遅くなります。

書類選考から1次面接にどれくらい進ませるか、1次面接から最終面接にどれくらい進ませるかは企業によって様々であり、できるだけ面接で判断したいと考えている企業ほど、結果は遅くなってしまいます。

面接結果が来ない場合の対処法

下手したら1週間以上待つことになる面接結果ですが、どうしても知りたい場合もありますよね。

他の企業から内定を貰い、早く入社可否を回答しなくてはいけないだとか、どうしても行きたい企業だから気になって仕方ないだとか。

そんな時の対処法を紹介します。

予定日を過ぎていれば聞いてみても良い

企業側から、合否の連絡結果について予定日を言われている場合、その予定日を過ぎているならば直接担当者に聞いてみても問題ありません。

ただ、いくら早く知りたいと思っても、予定日より前に聞くのはできるだけ避けておきましょう。

残念ながら予定日を言っておいて連絡がないという場合は不採用である場合のほうが多いです。

不合格者に対して連絡を忘れてしまうこともありますが、さすがに合格している人に対して連絡をしないなんてことはありません。

予定日がない場合は2週間を過ぎてから

もし面接の結果を連絡する予定日を言われていない場合は、2週間を過ぎている場合なら直接聞いてみてもいいでしょう。

まだ決めかねている場合もありますが、そうであっても失礼にはならないでしょう。

転職エージェントを利用していると楽

もしその企業への応募にリクルートエージェントといった転職エージェントを経由して依頼してあれば非常に楽です。

エージェントであれば気になることはエージェント経由で確認して貰えます。

転職活動をストップしない

面接結果はどうしても気になりますが、その結果を気にして転職活動をストップさせるなんてことは避けたほうが良いです。

面接を受けるたびに、その結果を待っていたら転職活動にかなり時間がかかってしまうことになります。

面接が終わったら、その企業のことは一旦置いておき、次の企業に目を向けましょう。

転職活動での平均応募社数は約20社であり、面接の通過率もそれほど高いものではありません。

モチベーションをきらさず、できるだけ短期間で終わらせる為にも、前を向いておく必要があります。

不採用でも諦めない

せっかく面接に進むことができたのに、不採用になってしまうとやっぱりショックです。

ただ、あまりショックは受けずに諦めないことが大切です。

転職では、面接に進んだとしても通過率はそれほど高くなく、不採用となる割合のほうがずっと高いです。

それでも諦めずに続けることができた人だけが転職することができるのです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職先の入社日はどのように決めればいい?こだわりすぎると後悔するかも

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

スポンサーリンク



このページの先頭へ