派遣社員、契約社員は基本的に契約途中に辞められない。転職タイミングはどうする?

派遣社員、契約社員は基本的に契約途中に辞められない。転職タイミングはどうする?

派遣社員や契約社員として働くと3ヶ月、6ヶ月、1年といった具合に契約期間が定められ、もっと働きたい場合にはその都度更新していくという形になります。

いざ辞めたくなった場合に、契約更新をせずにきりの良いタイミングで辞めることができればいいのですが、転職先が決まったり、働くことに疲れたりして契約途中に辞めざるを得なくなる場合もあるでしょう。

しかし派遣社員や契約社員といった有期雇用者の場合、基本的に契約途中に辞めることができません。

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと

関連:契約社員が退職する際に注意すべきこと。正社員との違いを知っておこう。

派遣社員、契約社員は契約途中に辞められない

退職は労働者の権利だから辞めたい時にはいつでも辞めることができるなんて言う風に思っている人もいるかもしれませんがそれは派遣社員や契約社員には当てはまりません。

2週間前に言えばいいのは正社員

民法627条では、労働者はいつでも解約の申し入れをすることができ、申し入れの日から2週間経過することによって終了するとなっています。

しかし、これはあくまで期間に定めがない正社員の話です。派遣社員や契約社員のように期間の定めがある人にこの法律が適用されません。

その為、最初に会社とあなたで契約した期間を守る必要あり、もしも守らないと契約不履行となり損害賠償を請求される可能性があります。

ただ、損害賠償は違約金と違います。あくまで実際に損害がでてその金額が決定していて、かつ途中退職したことによって損害がでたことを証明できる場合にのみ請求できます。

違約金のように、想定されたものを設定することは労働基準法第16条でも禁止されており、もし最初の契約で違約金を設定されていてもそれは無効となりますので注意しましょう。

例外的に辞めることができる場合もある

基本的には契約途中で辞めることはできませんが、例外はあります。

やむを得ない理由がある場合

まず一つ目が、退職にやむを得ない理由がある場合です。

民法第628条では、期間を定めた場合であってもやむを得ない事由があるときは、直ちに契約の解除をすることができるとされています。

ここで言うやむを得ない理由というのは、労働者自身のけが、病気でこれ以上働くことができない、家族の介護をする必要になったといったものが挙げられます。

当然、正社員への転職が決まったというのではやむを得ない理由にはなりません。

契約期間が1年以上で、1年を経過した場合

労働基準法137条では、契約期間が1年を超える労働契約に関しては、1年を経過した時点でやむを得ない理由がなくてもいるでも退職ができるとされています。

例えば契約期間が2年である場合、2年間が基本的に働かなくてはいけないというわけではなくて、1年働けばいつでも辞めることが可能となるのです。

労働条件に相違がある場合

労働基準法第15条では、入社時に明示された労働条件が事実と異なる場合は、即時に労働契約を解除することができるとされています。

辞める場合は契約更新しないことが基本

もしこの例外にあてはまらない限りは、退職は契約更新しないことが基本となります。

契約更新するかしないかは個人の自由である為、当然好きに選ぶことができます。

派遣社員で派遣会社の担当者に、契約社員であれば直属の上司に、契約期間が終わる1ヶ月から1ヶ月半前にそのことを伝えると退職もスムーズにいきやすいです。

派遣社員、契約社員が転職活動を始めるタイミング

派遣社員や契約社員から正社員になりたいと転職活動を始める際に気になるのがタイミングです。

正社員として働いている人であれば、退職を伝えてから2週間で辞めることができるわけですから、好きに転職タイミングを決めることができますが、派遣社員や契約社員は契約途中での退職が基本的にはできないので自由にとは行きません。

実際のところを言えば、契約途中に辞めたところで損害賠償の可能性はほとんどありません。だいたいは損害額をはっきり出せない、退職と損害の因果関係を立証できない、労力に対して得られる金額は少ないといった理由から損害賠償の請求はしません。

無理やりやむを得ない理由をつくるという手もあります。

ただ、やはり正式に退職することを考えたなら契約が終わる3ヶ月前くらいがいいでしょう。

転職活動に要する期間は2~3ヶ月であり、2ヶ月で決まっても1ヶ月くらいなら転職先も待ってくれることが多いです。

契約が切れるまでに半年以上あると、さすがに転職先の会社は待ってくれない為、今いる会社を無理やり辞めるか、せっかく内定貰ってもあきらめるかになってしまいます。

ただ、そうは言っても転職活動にかかる期間なんて想定できません。人によっては長引いて4ヶ月、5ヶ月もかかることがあるし、1ヶ月ですぐ決まってしまうこともあります。

どんなにタイミングを見計らっても、予定通りには行かなくなることが多々あるのです。そのことは覚悟しておかなくてはなりません。

そんな時は結局、今の会社に契約途中でも辞めてもらうことを認めてもらうしかありません。

ただ、ほとんどの会社では派遣社員や契約社員から正社員になれることに対して批判的には考えず、むしろ祝福してくれます。少なくとも、契約を守らないことに対して誠実に謝罪することが必要です。

正社員に向けた転職活動

派遣社員や契約社員から正社員に転職するというのは、やはり難しい傾向があります。その為、あらゆるものを有効活用し、転職テクニックをフル活用し転職活動を進めていかなくてはなりません。

特に転職サイト、転職エージェントを有効的に利用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:派遣社員は3年、契約社員は5年、その後はどうなる?

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ