契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

今は契約社員として働いているけれど、いずれ正社員として働きたいと考えている人も多いでしょう。

正社員に比べると給料、ボーナスが低いなど劣っていることも多いです。

では、どうすれば契約社員から正社員になれるのでしょうか。

今回は契約社員から正社員になる方法について紹介していきましょう。

関連:正社員、契約社員、派遣社員の違い、それぞれのメリット、デメリット

関連:アルバイトやパートから正社員になることは可能?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

契約社員と正社員

契約社員から正社員になるにはどうするかという前に、まずは契約社員と正社員の違いについて紹介します。

契約社員と正社員の違い

まず、契約社員とはどのような働き方を指すのかを確認していきます。

正社員も契約社員も、どちらも企業と直接雇用の関係にあることは変わりません。

ちなみに派遣社員は実際に働いている企業と直接雇用を結ぶわけではなく、人材派遣会社と雇用関係にあります。

正社員と契約社員の違いは、無期雇用であるか有期雇用であるかによります。

正社員は特に雇う期間は決まっていない雇用形態です。

一方で、契約社員は雇用期間が1年や2年と決まった雇用形態となっています。

契約社員は最長5年までという話がありますが、正確には5年以上も契約社員として働くことは可能です。

ただし、5年以上契約社員として有期労働契約が継続された場合には、労働者の申し込みによって、無期雇用に切り替わるということが法律上定められています。  

参考:厚生労働省「労働契約法の改正について」

スポンサーリンク

契約社員から正社員になる方法と実態

契約社員から正社員になる為にはどうすればいいでしょうか。

その方法は、同じ会社で正社員に登用されるか、それとも正社員として違う会社に転職するかです。

正社員への登用

契約社員として働いている会社で、そのまま働き続けたいのであれば、正社員登用によって契約社員から正社員に雇用形態を切り替える方法が可能性としてあります。

ただ、その可能性非常に低い、もしくは全くないという場合が多いいです。

厚生労働省の正社登用制度の導入状況によれば、契約社員などの有期雇用労働者を正社員に転換する制度が有る企業と無い企業の割合は以下の通りになっています。

  • 制度がある・・・46.5%
  • 制度がない・・・50.4%
  • 不明・・・3.1%

およそ半分の企業で正社員に転換する制度自体が無く、そもそも可能性がゼロとなっているのです。

また、約半数の制度があるとした企業の中で、実際に正社員に転換した実績は以下のようになっています。

  • ある程度ある・・・52.%
  • 少ない・・・31.2%
  • ない・・・15.9%

制度自体はあっても約半数は少ないもしくは無いという結果になっています。

すなわち、企業で正社員登用の実績がある会社自体、およそ4社に1社程度しかないのです。

また、実績があるとした企業でも、契約社員から正社員になるにはかなりの実績を残した一握りの人であることが多く、非常に難しいと言えます。

ちなみに正社員登用を行っていない理由の上位三つはは以下の通りです。

  • コストが上昇する・・・28.0%
  • 十分な正規社員がいる・・・20.8%
  • 正規社員と非正規社員の業務が違う・・・19.4%

もし、同じ会社で契約社員から正社員になりたいのであれば、まずはその会社で実績があるかを確認しましょう。

もし実績があるならば、上司に期間満了後に正社員になりたいことを伝え、どのように動いていけばいいかを相談しましょう。もちろん、仕事ぶりを評価されていることが前提です。

違う会社に正社員として転職

もう一つの契約社員から正社員になる方法が、違う会社への転職です。

正社員登用に比べると、可能性はかなり高くなります。

というのも、正社員登用ではその会社自体に制度がなければ可能性はゼロですが、転職であれば自分で会社を選びますし、選択肢は多く可能性がゼロになることはありえません。

また、正社員登用のチャンスは1回で、もし評価が低ければ終わりですが、転職は何度失敗しても挑戦する限りは可能性があり続けます。

ただ、転職といっても契約社員といった非正規社員から正社員になることは、正社員から正社員の場合に比べて不利であると言われています。

その理由は有期雇用であるが故、責任のある仕事をして来なかった為、経験が不足している点や有期雇用として経験年数が少なくスキルが不十分であるといった点です。

実際は全ての契約社員がそういうわけではなく、契約社員でも正社員並に責任の重い仕事を任せられている人もいれば、とびぬけたスキルを持っている人もいます。

そのことをしっかり自己アピールで、そういった印象を振り払い、採用したいと思わせることが必要になります。

とは言え近年の人手不足の状況から正社員へのなりやすさというのは非常に高くなっており、粘り強く転職活動を行っていれば正社員になることも十分可能です。

難しい、自分には無理とやる前から諦めずに取り組むことが必要です。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのがまず以下の2つ。

登録は無料でしかも数分で終わります。あっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。

正社員になる為に

正社員になる為には、少なくとも現状でじっとしていては何も起きません。

とりあえず契約社員として働いていれば正社員登用されるというのは淡い期待なのです。

正社員登用を目指すなら目指すなりに動かなくてはいけませんし、転職するならするで行動を起こすしかありません。

確かに難しいかもしれません。

実際、派遣社員等も含めた非正規社員として働いている人のうち、正社員になりたくてもなれない人が18.1%もいます。(参考:厚生労働省「非正規雇用の現状と問題」

しかし、実際に派遣社員、契約社員から正社員に転職できた人も数多くいます。

もし、現状を抜け出したいのであれば、行動を起こすしかありません。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク



このページの先頭へ