仕事がつまらなすぎて経理の仕事を辞めたい人は、どういった仕事に転職できる?

仕事がつまらなすぎて経理の仕事を辞めたい人は、どういった仕事に転職できる?

経理の仕事をしている人の中で、仕事がつまらないなんて感じている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな人向けに、経理からの転職や辞める前に考えておくべきことを紹介します。

経理はつまらない仕事?

経理は会社にとって絶対に欠かせない仕事です。

ただ会社にとって直接利益をもたらす仕事ではありませんし、何か社会に役に立っているということも実感しにくい仕事ではあります。

とは言え会社のお金を扱う部署ですからミスは許されません。

それ故に仕事がつまらないと感じる人も多いのかもしれませんね。

ただ、その経理の仕事にだって、面白いと感じる人、やりがいがあると感じる人もいるには確かなことで、決して単調な仕事ばかりではありません。

あなたが経理の仕事をつまらないと感じている原因は、そもそも経理という職種がつまらないからではないのです。

現状のつまらないという感情は大切にしてもいいのですが、経理職自体を辞めてしまうのか、それともまた経理職として転職するかはよく考えてみなくてはなりません。

その為にもまずはなぜつまらないと感じているのか明確にしましょう。

例えば単純に経理の仕事自体が合っていないというのであれば経理職から離れてしまってもいいかもしれませんが、

別に経理に向いていないわけではないがその会社での経理の仕事が合わないつまらないだけならば、せっかく経理として積んだ経験を手放すのはもったいないかもしれません。

会社によっては、経理の仕事を分業化しすぎていて単調な仕事になってしまっている場合もあります。

今の仕事がつまらないからと言って、経理の仕事全てがつまらないと決めてかかるのは避けたほうがいいですね。

経理から異職種への転職

経理の経験者が、また違う会社の経理に転職することは、それなりに需要も高い為、比較的しやすい傾向にあります。

ただ、未経験の異職種に転職するとなると話は変わってきます。

経理の経験を生かしてコンサルなどに転職する人もいますが、ほとんどの場合、それまでの経験を直接生かすことができません。

それ故にスキルや実績を重視する転職市場での難易度はどうしても高くなってしまいます。

ただ20代ならば未経験の職種に転職することは十分可能。若ければ若いほど経験やスキルよりもポテンシャルを見られる傾向が強くなるので、もし職種を変えたいならば出来るだけ若いうちに動き出すというのが必要です。

未経験の職種に転職する場合、待遇面で今の会社の待遇が良ければ良いほどに、転職したことで悪化してしまう可能性は高くなるということだけは受け入れておきましょう。

職種を変える選択肢は異職種に転職することだけではありません。

例えば異動希望をだし、その希望が上手いこと通ってくれれば経理以外の仕事を転職せずにすることができますよね。

他に経理の仕事範囲が広い会社であれば、同様の経理職に転職しても総務や企画といった仕事をすることもできる可能性があります。

つまらない日々に不満を感じてしまうと、とにかく早く解決できる手段に走りがちになってしまいますが、まずあらゆる選択肢を考えてみることが大切です。

辞める前に一呼吸

何はともあれ、辞める前には一呼吸置くことが大切。一旦冷静になって、以下のことを考えてみましょう。

本当にキャリアを捨ててもいい?

これまで積んできたキャリアを捨てるということは、じっくり考えなくてはなりません。

もちろん一度経理職を辞めたからといって、これまで積んできた経験や身につけてきたスキルがなくなるわけではありません。

しかし、一度違う職種に転職してしまうと、また経理職に転職する難易度は高くなってしまいます。

職種を変えて転職する人でよくあるパターンが、その仕事を離れて、違う仕事を経験してみて、ようやく現実を知ることができるということ。

ただそこで気づいては若干遅いですよね。そうならない為にも本当によく考えましょう。

やりたいことはある?

転職する時に、これがやりたいて思えるものがあるかないかは、その転職が成功に終わるか、それとも失敗に終わるかに大きく関わります。

最初の動機は仕事がつまらないから辞めたいという理由で構いませんし、転職活動を始めた時点ではやりたいことなんてわかっている必要はありません。

ただ最終的には、これがやりたいと思えるものを見つけてから転職するようにしましょう。

転職に向けて

まあ何はともあれ、仕事がつまらないと考えているならとりあえず転職活動を始めることが必要。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ