転職を経験したからの強み。転職によって得られるものはかなり大きい

転職を経験したからの強み。転職によって得られるものはかなり大きい

転職経験はない方が良い、できるだけ転職はせずに同じ会社で働き続けた方が良いという考えを持っている人もいるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

なぜなら年収アップや労働条件の改善は転職したからこそ実現できることであるとともに、転職することによって得られる「経験」があなたの将来に大きな役に立つからです。

関連:転職するリスク、同じ会社で働き続けるリスク、どっちが高い?

関連:転職して良かった人、転職しなきゃよかった人。あなたはどっちになる?

転職することはこの先プラスに働くことが多い

転職することは逃げだと決めつけ最初から転職自体の選択肢を無くしてしまっていたり、転職したい、転職への勇気が持てずに転職に踏み切ることができないままずるずる働いている人は少なくないでしょう。

しかし現在のその判断が時に大きな後悔につながってしまう場合があります。

なぜなら年収アップ、キャリアアップ、労働環境改善などは同じ会社で働き続けたところで変わらないことがほとんどであるし、何より転職によって得られる経験について気づくことができないまま年齢を重ねていってしまうからです。

もちろん一つの会社で働き続けるということにもメリットはあります。

しかし先のことを考えず盲目的に働き続けていれば仕事に対して受動的になり、何か変化が起きた時に自分の判断で、自分の力で対応していくことができなくなってしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

転職には確かにリスクが伴うし、失敗したからと言って短期間で統一性のない転職を繰り返してしまうと市場価値は下がってしまいますから行き当たりばったりに転職することはNG。

ただそのリスクを受け入れ上手く下げていけば、その転職から得られるものというのはかなり大きいのです。

転職を経験したことによる強み

転職となると年収や休日数などわかりやすいこと、目の前のことで得られるものについて着目しがちな面があります。

しかし転職のメリットはそれだけではありません。

経験という部分において、かなり大きなものを得られる可能性があるのです。

キャリアに対する意識向上

自分はこの先どんなキャリアを歩んでいきたいのか。その点をしっかり考えている人は実はそれほど多くはありません。

一つの会社で新卒から働いていると、配属された部署の仕事を上司に与えられるがままこなしていくことになり、そこに自分の意思が介在しなくなってしまいます。

一方で転職をしようとすればこの先どういった仕事をしていくのか、何がしたいのかなどを自分で考えて自分で決断して道を決めることになります。

その為、両者ではキャリアに対する意識の持ち方は大きな違いが生まれることになります。

幅広い経験ができ、一つの考え方に固執しない

一つの会社に完全に染まってしまえばしまうほどに考え方は固執していき、特化した経験しかすることができなくなり、汎用的なスキルは身に付きにくくなってしまいます。

ある会社では当たり前のことであっても、一歩その会社からでると全く当たり前のことではなくそれどころか全く役に立たないことだってあり、その状態で長い時間を過ごしてしまうことはかなり危険なことです。

特に新卒からずっと同じ会社で働いている人は他の会社で仕事をした経験が無い為、今の会社の仕事のやり方が全てになってしまう為、汎用性があるのかどうなのかすら気づくことができません。

一方で転職して複数の会社、様々な立ち位置での仕事を経験していれば考え方が幅広くなり、どんな仕事は通用するのか、どういった点に改善点があるのかといった点にも気づきやすくなるというメリットがあります。

視野が広がり、選択肢の幅が広がる

転職は上手く使えば自分のキャリアを理想通りのものにしていく為の手段となってくれます。

一般的には転職を繰り返すのはだめと言われていますが、それは行き当たりばったりの転職を繰り返すことがダメなだけであって全員に当てはまることではありません。

実際転職回数が5回、6回と繰り返すたびにキャリアアップを実現させることができた人というのもいます。

転職は一つの大きな選択肢である。このことに気づけるかどうかはこの先の仕事人生に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

そもそもその選択肢を潰してしまっている人は考えることも調べることもしない為、チャンスがあることにすら気づくことができません。

自分の人生に受け身にならなくなる

一つの会社で会社が作った制度に従い、上司の指示通りに仕事をこなしていく。仕事が上手く行って運も良ければ出世していくことができる。

そんな中だと大半の人は自分の意思を持たず会社が決めたレールに沿う受け身の状態になってしまいます。

一方で転職するとなれば主体的に自分の意思で動いていくことになります。

自分で決めることだからこそ責任も持てるし、その分失敗がないようによく考えるようになる。

その結果、あなたの将来が良い方向に動いていく可能性がずっと広がっていくでしょう。

転職は簡単ではない、それでもやる価値は大きい

転職することは簡単ではありません。

転職活動はそれなりに苦労する人も多いし、行きたいと思う会社に希望通り入社できるとも限りません。

いざ入社しても大きなギャップを感じてしまう人もいて、様々なリスクもあります。

ただそこに必要以上に恐怖心を抱かないでください。1回の失敗くらいなんとでもなります。

何より失敗するリスクよりも得られるものの方がずっと大きく、長期目線で見てもとても価値のある行動なのです。

特に今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ