家族手当、扶養手当、配偶者手当とは?支給条件や金額の相場、支給されている会社の割合

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

家族手当、扶養手当、配偶者手当とは?支給条件や金額の相場、支給されている会社の割合

福利厚生の一つである、家族手当、扶養手当、配偶者手当。

法律上義務付けられているものではなく。呼び方はもちろん、支給条件や金額といったものも会社によって様々です。

そこで今回は家族手当、扶養手当、配偶者手当とは何か、その支給条件や金額の相場、支給されている会社の割合について紹介します。

関連記事

 

スポンサーリンク

家族手当、扶養手当、配偶者手当とは?

まずは家族手当、扶養手当、配偶者手当がどういったものかを説明していきましょう。

家族手当とは

家族手当とは、配偶者や子供がいる社員に対して、手当という形で支給される福利厚生の一つです。

扶養している家族が多い人といない人では当然、生活にかかるお金は異なります。

そこで家族がいる社員の金銭的な負担をできるだけ軽減し、安心して働くことができることを目的に取り入れられています。

そしてこの家族手当は一般的に、扶養家族の有無だけではなく、扶養する人数に応じて金額が決められる場合がほとんどです。

例えば奥さんを扶養しているだけの人と奥さんに加えて子供を扶養している場合では支給される金額が異なってくることになります。

福利厚生には社会保険等、法律上義務付けられている法定福利と法律で義務付けられておらず各企業が自由に決めることができる法定外福利があります。

家族手当は後者の法定外福利であり、この手当を支給していない会社もありますし、当然ないからと言って法律違反とはなりません。支給される金額もまちまちです。

扶養手当とは

扶養手当は、基本的に家族手当と違いはなく、会社によって名前が異なるだけです。

上述したように法律上義務付けられているものではなく、あくまで各企業の独自の福利厚生である為、その他にも様々な名称で呼ばれています。

配偶者手当とは

配偶者手当とは、家族手当や扶養手当の中でも、配偶者に支給されるもののみについて呼ぶ名です。

一般的な企業では配偶者のみに限定した手当はなく、子供も含めて家族手当や扶養手当として支給される為、あまり聞いたことがないという人も少なくはないでしょう。

スポンサーリンク

家族手当、扶養手当の支給条件

家族手当や扶養手当の支給条件は各企業によって異なります。

103万円以下、130万円以下などの収入制限

家族手当の支給対象となる配偶者や子供の収入に制限をかけている場合が多く、その制限は103万円であることが最も多く、次いで130万円としている場合が多いです。

103万円は税制上で所得税がかからず配偶者特別控除を受けることができる金額、130万円は社会保険上で扶養に入れる金額で、国が決めているこの金額を一つの指標とされています。

ただ少数ではありますが、収入に制限は設けていない場合や、従業員本人の収入よりも低ければ良いという企業もあります。

同居しているかどうか

支給の条件に同居であることを条件にしている場合が多くなっています。

例えば、両親であっても同居していて収入が制限範囲内であれば支給されます。

同一収入内で生活

支給条件が同居ではなく、同一収入内で生活し社会保険上の被扶養者となっていることを条件としている会社も多いです。

例えば学生寮などに入っている子供や、別居している両親などであっても仕送り等を行っているといった場合であれば支給されます。

年齢制限

家族手当や扶養手当に、年齢制限を課している場合が多いです。

例えば子供は満22歳以下両親は満60歳以上などを条件としている企業が多いです。

申告が必要

家族手当を貰う為には会社に条件にあった家族がいることを申告することが必要

結婚した、子供が生まれたという場合にはしっかり申告するようにしましょう。

社会保険加入の申請とは別に必要となる場合があるので、何が必要かしっかり確認して手続きをとらなくてはなりません。

家族手当、扶養手当の支給金額の相場

家族手当や扶養手当の金額もまた、各企業によって大きく異なります。

公務員の場合

国家公務員の場合は扶養手当と呼ばれ、2017年度の扶養手当は以下の通り。

  • 配偶者:10,000円
  • 子供:1人につき8,000円

 

ただし、18年度でこの手当は以下の通りに変更されます。

  • 配偶者:6,500円
  • 子供:1人につき10,000円

 

地方公務員は各自治体によって異なりますが、基本的に国家公務員に準じた金額に設定されています。

民間企業から比べると恵まれていることが多いですね。

民間企業の場合

民間企業の大体の相場は以下の通り。

  • 配偶者:10,000円
  • 子供:1人につき3,000円~4,000円

 

ただ会社によってかなり大きな差があり、一人につき1,000円しか貰うことができないという会社もありますし、一方で子供1人に対し20,000円も支給してくれる会社もあります。

家族手当、扶養手当の支給割合

家族手当、扶養手当は先ほども述べているように支給してくれる会社もあれば、逆にまったく手当がない企業があります。

厚生労働省の調査結果によるとその割合は以下の通り。

  • 家族手当制度がある会社:76.5%
  • 家族手当制度がない会社:23.5%

 

およそ4社に1社は家族手当や扶養手当をもらうことができないのです。

参考:厚生労働省:「女性の活躍促進に向けた配偶者手当の在り方に関する検討会報告書

転職時に確認するには?

転職時、リクナビネクストなどの転職サイトで求人票を見ると家族手当が有る場合はたいてい書かれています。

企業にとっても福利厚生としてのアピールポイントですからね。

ただ家族手当も年収に含まれるものなので、転職時に決定した年収からさらにプラスで貰えるわけではないということに注意してください。

スポンサーリンク

家族手当の問題点や今後の流れ

従業員にとって、賃金が増える家族手当はありがたいもの。

ただその家族手当について様々な問題点も指摘されるようになっています。

就業調整の原因

家族手当、扶養手当があることで、女性の社会進出を抑制することにつながっているのではないかという問題点が指摘されています。

基本的に家族手当や扶養手当には103万円、130万円という制限がある為、なんとかこの範囲内に収入を抑えようとする人も少なくありません。

例えば年収150万円となってしまうと社会保険や税金を取られて手取り年収はおよそ125万円。

家族手当が1万5,000円貰えるとすると年間18万円となりますから、だったら103万円で抑えようと考える人が多いのです。

不公平さ

家族がいる人にとってみれば手当を貰えるのは非常にありがたいことです。

ただ家族がいない人にとっては不公平さを感じる原因の一つになています。

家族がいる、家族がいないというのは仕事の成果とは直接関係ありません。

にも関わらず家族の有無だけで下手したら年間30万円以上も収入が違うということに対し、不満を感じている人は少なくありません。

配偶者ではなく子供に重点を置く

トヨタ自動車が女性の就労促進や子育て支援の為に、家族手当を子供中心のものに変えました。

従来:配偶者、子供問わず扶養1人目が19,500円、2人目以降が5,000円

変更後:子供1人につき20,000円、配偶者はなし

 

公務員も述べたように元々配偶者1万3,000円、子供1人につき6,500円だった手当に対し、段階的に変更、18年度には配偶者6,500円、子供1人につき10,000円になります。

少子化が問題となっている中で、日本で最も大きい企業がこのような形をとったことで、今後この流れが進んでいくことが考えられます。

福利厚生が充実しているかどうかは会社選びに重要

家族手当も含めて、福利厚生が充実しているかどうかは仕事選ぶ上で重要な基準です。

また家族手当以外にも住宅手当や通勤手当など、会社によって大きく違いますし、すぐに目には見えないものでも退職金制度も重要な一つです。

もし、今の会社で給料が少ない、待遇が悪いと考えているなら一度転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連記事

 



このページの先頭へ