風邪、体調不良でも仕事を休めない理由。あまりに休みが取れない会社は辞めたほうがいい。

風邪、体調不良でも仕事を休めない理由。あまりに休みが取れない会社は辞めたほうがいい。

何年も毎日働いていれば、風邪をひくことだってあるし、体調不良で家で寝ていたい時だってあります。家庭の事情で休まなくてはいけない時だってあります。

労働者の権利として有給休暇が与えられており、本来であれば休みたいと思った時には休めるはずなんですが、実際のところちょっとやそっとの理由では休まずに会社に行くことにしている人もかなり多いのではないでしょうか。

ただ、それを当たり前だとは思ってはいけません。

ひどい会社だと熱が38度以上あっても、親族がなくなって葬式に行かなくてはいけない場合でも、休みを取ることが許されないこともありますが、そんな会社ははっきり言って辞めたほうがいいです。

関連:週一休み、年間休日100日未満はかなりきつい。疲れがとれないと感じたら転職も考えよう。

関連:休み明けに憂鬱すぎて会社に行きたくない。解消する方法は?

風邪や体調不良で休めないのはなぜ?

まともな会社であれば、さすがにインフルエンザになったり、冠婚葬祭がある場合には休むことができます。そういった状況でも休みが取れない会社はかなり異常であり、すぐに転職したほうがいいです。

ただ、多少頭が痛いだとか、熱っぽいだとか、体がだるいとかだけでは休まない人が多いでしょう。というよりも休めないので仕方なく行っているという人が多いかと思います。

なぜそこまでして会社に行き働かなければならないのでしょうか。会社を休めない理由としては以下のものが挙げられます。

代わりの人がいない

会議やプレゼン、顧客対応など日々やらなくては行けないことが多い中で、もし自分が休んでしまうと、代わりにやってくれる人がいないというのが一つ目の理由として挙げられます。

周囲もそれぞれ仕事があり忙しくて頼れない、急に休んでも周囲がわかっていないといった理由からそういう事態になってしまいます。

本来は誰かに何かあって休むことになっても、それをバックアップできる体制を作っておくべきなのですが、その体制を築くことができていない職場は非常に多いです。

それは組織としての問題なんですが、もし休んでしまって本来やるべき仕事ができなかった時に実際に責任を負うのは自分であり、ちょっとやそっとのことでは休めない状況に陥ってしまいます。

仕事が遅れる

あまりにも多い量の仕事を与えられて、ただでさえ仕事が終わらないのにもし休んでしまったらさらに遅れてしまうというのも一つの理由として挙げられます。

仕事が多くて毎日たくさんの残業をしてぎりぎりなんとかこなしている状況では、一日休むことによる影響が多すぎて休みなんて取れません。

まだ旅行などのプライベートの事情で休む場合であれば、その休みに向けて他の仕事をもっと頑張って早めにやったり、人に頼んだりということもできますが、風邪などで突然休むことになるとやはり仕事の遅れが著しくなってしまいます。

普段から早め早めに仕事を片付けて、たとえ1日休むことになっても大丈夫な体制をしておくということができなくはありませんが、そうすると上司に余裕があるとみなされて、追加で仕事を任されてしまって結局同じ状態になることも多々ありますからどうしようもありません。

休むと言い出せない

職場の雰囲気として、多少の風邪、体調不良では休むと言い出せないということも多々あるでしょう。

周りは全然休みを取っていない中で、自分だけ何度も休むことは気が引けてできないというのはまともな感覚だと思います。

特に上司などは仕事が一番、自分を犠牲にしてでも仕事を頑張るものだという認識を持っている人が多い為、なかなか休めない職場になってしまっていることがよくあります。

評価が下げられる

休みをとることで評価を下げられるのではないかという懸念もなかなか休めなくなってしまっている原因と言えます。

本来は与えられた仕事で成果をだしていれば評価されて当然なんですが、休まずに働くことが美徳と考えている上司も少なくはない為、実際に頻繁に休みをとる人に対して、仕事を頑張っていないと認識し、評価を下げる上司もいるのは事実です。

休みを許可してくれない

そもそも休みを申請しても許可してくれないという会社もありますね。

有給休暇取得は、基本的に理由に関係なく会社側が許可できるものではないのですが、実際にそういったことが起こっている職場は少なくありません。

休む時には診断書の提出が必須となっていたり、電話で休むと言ってもとりあえずでてこいと命じたりと、休みを取れない環境になっているのではないでしょうか。

理由があるのに休みが取れない会社は辞めたほうがいい

まあ会社という組織で働く以上、多少の風邪や体調不良でも働かなくてはいけないことはあるのは仕方がないかもしれません。

ただ、ちゃんとした理由があるのに休めない会社は正直言って辞めたほうがいいです。

そこまで無理して働くことに何のメリットもありません。自分を犠牲にして働いたところで会社はあなたに何もしてくれないし、いざという時も簡単に切り離します。

休むべき時はしっかり休んで体調を整えるべきだし、プライベートも大事にしなくてはなりません。

しっかり休める会社はある

どんな理由があっても休みを取らせてもらえないようなブラック企業に勤めていると、あたかもそれが普通だなんて考えてしまうかもしれませんが、それは間違いです。世の中にはちゃんとした会社もたくさんあります。

そもそもの休みが多い会社もあるし、有給休暇の取得が100%の会社もたくさんあります。

自分があまり良くない環境で働いていること、そしてそれが普通ではないことを自覚し、もっと働きやすい会社に転職することも考えましょう。

転職はできるだけ早く行うことが必要になります。年齢が高くなればなるほど、好条件の会社に転職することが難しくなっていきます。

だめな会社は早い段階で見切ることが大事です。

転職活動をする際には転職サイト、転職エージェントを有効活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:休みが多い仕事、業界は何?やっぱり休みは多いほうがいい

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ