過労死ラインの基準は残業80時間から100時間。過労死の原因、前兆を知って対策

過労死ラインの基準は?過労死の原因、前兆を知って対策

過労死とは何か。

残念なことに、ほとんどの人が知っていることでしょう。

サービス残業が蔓延し、長時間労働が当たり前となってしまっている環境で、精神的、肉体的に身体を壊してしまい、死にいたってしまう。

もしかしたら、あなたも危ないかもしれません。

今では残業80時間以上の人をよく聞きますし、残業100時間の人もいます。

今回は、過労死ラインの基準や過労死の原因、前兆を紹介します。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:労働基準法の残業、休憩時間、労働時間などを簡単解説

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

スポンサーリンク

過労死とは?

まずは過労死とは何か、そして過労死と認定される過労死ラインの基準を紹介します。

過労死とは

過労死とは、周囲からの暗黙の強制などにより長時間の残業や休日なしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、労働者が脳溢血、心臓麻痺などで突然死することや、過労が原因で自殺すること(いわゆる過労自殺)などである。

引用:Wikipedia

残業などによって、むちゃくちゃな残業や休日出勤をさせられることにより、身体に支障をおかし、病気になってしまう。

心筋梗塞、脳出血、クモ膜下出血、急性心不全、虚血性心疾患などの脳や心臓の疾患があげられます。

また、身体だけではなく精神的な疲労により、うつ病になってしまうことで自殺してしまうことも過労死に含まれます。

年間200人ほどが過労死によって命を落としてしまっています。

さすがにこれはまずいということで、2014年11月1日に「過労死等防止対策推進法」が施行されました。

参考:厚生労働省

過労死ラインとその基準

もし、上記であげたような病気にかかったとしても、それが過労によるものなのかどうなのかはわかりません。

ですので、会社としては過労によるものではないと認めません。

そこで、過労によるものなのかどうなのかを判断する基準としてあるのが「過労死ライン」です。

過労死ラインの基準は以下のとおり。

発症前2か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外労働(1日8時間勤務で1か月の労働日を20日とすると。1日4時間の時間外労働をして、1日12時間勤務が続く状態。又は労働日の20日各2時間の時間外労働と、1日10時間勤務で4日の法定外休日出勤という1日10時間勤務が続く状態)が認められる場合。

あるいは発症前1か月間におおむね100時間(1日8時間勤務で1か月の労働日を20日とすると。1日5時間の時間外労働をして、1日13時間勤務が続く状態。又は労働日の20日各2時間50分の時間外労働と、1日10時間50分勤務で4日の法定外休日出勤という1日10時間50分勤務が続く状態)を超える時間外労働が認められる場合をいう。

その他、発症前1か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね45時間(1日8時間勤務で1か月の労働日を20日とすると。1日2時間15分の時間外労働をして、1日10時間15分勤務が続く状態。又は労働日の20日各32分30秒の時間外労働と、1日8時間32分30秒勤務で4日の法定外休日出勤という1日8間32分30秒勤務が続く状態)を超えて時間外労働時間が長くなるほど、業務と発症との関連性が徐々に強まると評価できる。

引用:Wikipedia

亡くなった時、この基準に当てはまっていると過労死と認定するとされています。

ニュースなどで過労死した人が月150時間残業などと言っているのを見かけたりもしますが、この過労死ラインを大幅に上回っています。

月100時間の残業時間ってどのくらいなのでしょう。

土日休みの人はだいたい月の勤務日数が20日程度ですから毎日5時間の残業です。

8時-17時の勤務だとすると、毎日10時まで仕事なわけです。

これではプライベートもなにもありません。

月150時間だと想像もつきません。

どうでしょう?あなたは当てはまっていませんか?

実はあてはまる人も多いのではないかと思います。

私自身80時間の残業はやったことがあるし、月45時間の残業は当たり前のことです。

そんな人はたくさんいると思います。

36協定では、残業時間の上限について定められているはずですが、守っていない会社も多いのが現状でしょう。

スポンサーリンク

過労死の原因、前兆

では労働者である私たちは、過労死しないために何ができるでしょうか。

そして、周りの人から過労死をださない為にはどうすればいいでしょうか。

まずは過労死の原因と、過労死の前兆を知ってください。

過労死の原因

明らかに労働基準法に違反しているような、労働時間

人手不足により、働いている一人一人の仕事量は増え、忙しい状態が続いている会社も多いと思います。

また、時間だけではありません。

仕事の責任の重さなどの密度もまた原因となります。

責任の重たい仕事や上司からのプレッシャー。

こういった長時間労働や高い密度によって、ストレスはたまってしまいます。

このストレスが、過労死の大きな原因となるのです。

過労死は50歳前後の人に多いと言われています。

加齢ともに、体力は落ちているにも関わらず、責任の重たい仕事をしなくてはならないという年齢ですね。

仕事が忙しすぎると、なかなか自分の肉体的、精神的不調に気づくことができなくなってしまいます。

過度なストレスが溜まっているにも関わらず、目の前の仕事をこなすことにあくせくして、

限界を超えた状態で仕事をし続ける結果、過労死は引き起こされてしまいます。

過労死の前兆

自分の限界を超えているにも関わらず、忙しすぎるとなかなか気づくことができません。

どこかで歯止めをかけないといずれは過労死という悲しい結果になってしまうのです。

しかし、死には必ず前兆があります。

自分で、もしくは周囲の人がこの前兆に気づき、歯止めをかけなければなりません。

身体的な前兆

  • 疲労感
  • 胸の痛み
  • 手足の痺れ
  • 頭痛
  • 視力の低下
  • めまい

過労によるストレスは脳、心臓の病気を誘発します。

上記の症状がある場合はすぐに病院にいってください。

精神的な前兆

  • よく眠れない
  • 怒りやすくなった
  • 食欲の低下もしくは過度な食欲
  • 視線がさだまらない

過労によるストレスはうつ病を引き起こします。

周囲の人で上記のようなうつ病の傾向がある人は要注意です。

関連:過度なストレスが引き起こす症状や病気。適度なストレスは必要。

スポンサーリンク

過労死はあってはいけない

過労死はあってはいけないものです。

過労死を無くす為にも、無理な労働をしてはいけないし、させてはいけません。

しかし、現実としてサービス残業が横行しており、労働基準法を違反するくらいの労働時間の人はたくさんいます。

まずは、この状態を国として変えていかなければいけません。

また、私たちの家族や、同僚などが過労死なんてことのないように、前兆が起きた時には無理にでも歯止めをかけてあげることが必要となるでしょう。

とはいうものの、現実はそういった会社であっても個人の力では変えることができず、長時間労働が続いてしまうもの。

そういった状況下にあるのであれば、転職を考えましょう。逃げることも大切なことです。

転職しようかと悩んでいる人は、まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事がきつい時、限界まで頑張りすぎてはいけない

関連:仕事に疲れた、しんどいと感じたら、一度何かを変えてみる。

関連:仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ