管理職でも転職はできる。現在の転職の状況や転職のポイント

管理職でも転職はできる。現在の転職の状況や転職のポイント

一般社員から管理職にあがったという場合、一般的には出世したと喜ばしいことであるはずです。

しかし現実としては仕事に対する責任増大、上司からのプレッシャーの増加、残業規制がなくなることによる長時間労働など決して喜ばしいことばかりではありません。

その為、管理職になる前はそれなりに満足度も高く仕事ができていたものの管理職になってから一気に仕事が辛くなったという人も少なくはないでしょう。

ただ一度管理職となると年齢面もあって転職は難しいと諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は管理職の転職の現状や転職する場合に注意するポイントについて紹介していきます。

関連:管理職とは。管理職の定義や役割。

関連:管理職は残業代が出ないのが当たり前?名ばかり中間管理職に要注意!

管理職の会社間格差は大きい

出世したい、せめて管理職にはなりたい、若い頃にはそんな風に考えていた人でも、いざ管理職になるとそれまでとの働き方の違いや厳しい状況において管理職になんてならなければよかったなんていう風に考えてしまう人も少なくはありません。

管理職になることがどの会社でも不幸せなことであるというわけではありません。

会社によっては管理職と言ってもしっかり残業が管理され長時間労働にはならない仕組みになっていたり、給料も出世に伴いあがり責任が上がった分はしっかり見返りがあります。

しかしその一方で会社によっては、管理職になったことで残業等に関する労働時間が適用されなくなり、毎日長時間労働が当たり前、休日出勤も当たり前になってしまった上に給料としても残業代が出なくなった分減ってしまったという場合もあるのが現実です。

せっかく出世したのに労働時間と責任が増えて給料が減る。それでは喜べるわけがありませんが、決して少ない話ではないのです。

会社によってはできるだけ長く働かせたい、残業代をなくして人件費を減らしたいといった目的からあえて管理職の人数を増やしているという場合もあります。

一般社員であれば労働基準法によって守られている部分が管理職になると守られなくなってしまう部分がでてくる為、より会社としての考え方や風土が働き方に直結してきます。

管理職の転職は難しいと諦めるのはまだ早い

会社として管理職に対して優しいとは言えない場合、その働き方から脱しようと思ったら以下の方法が考えられます。

  1. 楽な部署に異動する
  2. 何を言われようとも気にせず早く帰る
  3. 転職する

会社の中でも部署によって忙しさや仕事の厳しさは変わるので、もし楽な部署に異動できたならそれが一番幸せかもしれません。ただ現実的にはそういった異動ができる可能性というのはかなり低いのが現実です。

2番は自分の意志でいつからでも可能。実際に周囲にもそういった人がいるのではないでしょうか。ただ周囲から何を言われようとも気にしない心を持つことが必要であるとともに、経営悪化等によってリストラがある場合には第一候補になってしまうというリスクがあります。

その為、現実的には転職して脱するか、結局我慢して働くのかというどちらかが現実的な手段となるでしょう。

管理職の場合、転職は難しいということがしばしば言われていました。その理由として、管理職としてのポジションが少ない、年齢が高め、管理職から一般社員へのキャリアダウンを良しとしない風潮といったものが原因です。

しかし、昨今の人手不足の慢性化や経験豊富なミドル層への期待増などから、管理職向けの求人や、管理職経験者に対する求人が非常に増えており、30代はもちろん40歳以上の転職も活発化してきています。

実際、転職成功者の平均年齢は10年前に比べて3歳以上も増加、平均すると33歳とたとえ年齢が高くとも転職がしやすい状況になっています。

すなわち、管理職だからと言って転職ができないなんてことは決してなく、積極的に転職にチャレンジできる環境ができているのです。

管理職から転職する場合に注意するポイント

管理職から転職する場合、また管理職として転職するか、もしくは一般社員として転職するかという2通りの方法があります。

一般的には前者のように管理職から管理職に転職することを考える人が多いのですが、管理職から一般社員としてプレーヤーに戻るという選択をすることも可能です。

いずれの場合にせよ、転職する場合には注意しておきたいポイントがあるので、ここで紹介していきましょう。

基本的には待ちの転職活動

管理職の経験がある人が転職する場合、基本的には待ちの転職活動を行うことになります。

転職活動では、転職サイトやハローワークなどで目ぼしい求人を探し応募するという方法がありますが、この方法だとこれまで管理職として培ってきた経験を重視してもらえないことが多いのでなかなか受かりません。

求人全体で見れば、管理職としての求人や管理職経験者をプラスと考える求人は比率的に少なく、しかもその求人の多くは検索してもでてこない非公開求人であることが多いので適切な求人を応募するどころか見ることすらできません。

その為、自分で求人を探すのではなく自分の経歴、経験にあった求人を紹介、スカウトされてから応募するという形を利用することが必要となります。

こういった点から利用するサービスとしてはリクナビネクストのようにスカウト機能のある転職サイトやリクルートエージェント などの転職エージェントになります。

特に転職エージェントは、、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、労力を減らし合格率を上げるという点でも利用は必要となるでしょう

また、最近はキャリアカーバーのような管理職のようなハイクラスの人を対象とした転職サービスもありますので試しに利用してみてもいいかもしれません。

転職する理由は明確に

管理職が転職する場合、なぜわざわざ転職するのかという転職理由については特に重視されて聞かれる傾向があります。

そこで単に管理職になって労働時間が増えただとか、給料が下がったなんてことを言えば当然NG。企業もそんな人を積極的に採用したいなんてことは思いません。

管理職から管理職として転職する場合にはなぜこれまで長くいた会社を離れて転職するのか、管理職からプレーヤーに転職する場合にはなぜプレーヤーとして働きたいのか、企業が納得でき前向きと捉えてもらえる理由をしっかり考えましょう。

残業時間に関する会社のルールをしっかり確認する

一般社員と管理職では残業時間が全く違うこともしばしばあるので、求人票等で残業○○時間と書いてあってもそれが全く違うなんてこともしばしばあります。

ですから、転職活動の際には管理職の残業時間の平均をしっかり確認するようにしましょう。

残業を管理しない管理職の場合は部署によっても残業時間が大きく異なるので、自分が入るであろう部署の残業時間を知ることが重要になります。

もし転職時は一般社員になるであろう場合であっても、総合職としての転職の場合はいずれ管理職になる可能性が高いのでできることなら確認しておいたほうが良いですね。

募集内容をしっかり確認する

転職の際には、どういった役割で転職することなるのかしっかり確認するようにしてください。

管理職としての入社なのか、それとも管理職候補としてまずは一般社員としての入社なのか、管理職として入社する場合であれば具体的にどういった仕事を行うことになるか。

管理職と一言で言っても会社での立場にはかなり違いがあります。

完全にマネージャーとして管理側の立場になる場合、肩書は管理職でも実際はプレーヤーとして働くことになる場合、マネージャーとプレーヤーどちらもこなすことになる場合など役割、仕事内容は様々です。

この部分を曖昧なまま肩書だけで転職してしまうと、思っていた仕事と違うということになり転職が失敗に終わってしまう可能性があります。

最後に

管理職として働いている今の現状から抜け出したいと思った場合、今の会社に居続けてもどうしようもない場合には転職するしかありません。

そして現在の転職市場ではそれが行いやすくなっていますからぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

上手くいけば転職によって大幅年収アップを実現できたという人もいますから、やってみる価値は十分にあると思います。

関連:ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

関連:転職時における様々な仕事の探し方やそれぞれの特徴。上手く行かない場合には色々試してみよう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ