管理職を辞めたい、もう管理職になりたくない人が転職するには?

管理職を辞めたい、もう管理職になりたくない人が転職するには?

出世して管理職。平社員にとっては憧れる人、目指している人もいるかもしれませんが、管理職特有の辛いこともかなりあって、もう管理職を辞めたいと思ってる人も多いかもしれません。

実際にわざわざ転職して管理職ではなく一般社員として働くことを選ぶ人も実は意外に多かったりします。

関連:38歳でも転職はできる。キャリア採用、未経験者採用のパターン別転職活動。

関連:管理職は残業代が出ないのが当たり前?名ばかり中間管理職に要注意!

辞めたいと思うのも仕方ない?かなりしんどい管理職

ほんと管理職ってしんどいことが多いですよね。その働きぶりをみて、管理職にはなりたくない、出世なんてしたくないと考える若手層も増えているくらいです。

残業多すぎ

まず一つめが残業の多さ。一般の社員は一応は労働基準法に守られていて、年間360時間以内だとか制限されている職場もたくさんありますし、残業代を増えることを嫌がり残業10時間と制限をかけている場合もあります。

しかし管理職の立場となると、そもそも残業という考え方が無くなってしまう為、いくらでも働くことができてしまうようになってしまって、深夜まで働くことが当たり前、休日に出勤してくることも当たり前なんていうことも多々あるのが現実。

景気悪化などがあって一般社員に残業を制限している時なんて特に悲惨。あぶれた仕事がいくらでも仕事ができる管理職に回ってきてめちゃくちゃしんどくなるなんてことも聞いたことがあります。

中には残業代を貰えなくなって給料がむしろ下がったなんて言う人もいますね。

有給休暇なんて全然取れない

当然有給休暇なんてほとんど取れません。

労働組合が強くて有給休暇取得が推進されている企業であっても、管理職になると労働組合から外れる為に有給休暇を取ることが推奨されなくなってしまう為に、滅多な理由がないと取ることができなくなるなんていうのは良く聞く話。

ただでさえ休日の出勤も増えるのに有給休暇も取れず体を休める時間は減る一方です。

そもそも仕事がつまらない

そもそも管理職としての仕事がつまらないという人も多いですね。

管理職になるまではプレーヤーとして自分の力で、自分の知識で成果をあげたという実感ができていたのが、部下を管理する立場になったことで仕事が一変し、やりがいを感じることができなくなったという意図も少なくありません。

上司と部下に板挟み

管理職に出世したところで当然上司はいるわけで、上司からの指示には応じなければならない。しかし部下のことも考えなくてはならない。

そんな板挟みに苦しむ管理職も多いことでしょう。

上司から言われるままに指示すると、こっちの気持ちも知らずに部下からは陰口を言われたり、嫌われたり。かといって部下のことを守ってばかりいると上司から怒られてしまったり。

ほんと辛いです。

管理職から脱出するには?

こんな理由があるわけですから、管理職を辞めたいという気持ちを持つのもまあ当然のことかなと思います。

たあ、管理職を辞めるとなると中々難しい部分も多いのが実情です。

同じ会社での辞めるのは中々難しい

同じ会社で働き続けながら、上司に管理職から降格させてくれと言っても実際は難しいのが現実。

降格する制度自体がなかったり、そもそも部下もいる中で実際に降格されたら色々なところで色々なことを言われるのも目に見えています。

また下手にそんなことを言うと当然評価を下げられ、とんでもない部署に異動させられる可能性だってあります。

基本的には転職

というわけで、管理職を辞めようとするとやっぱり転職が基本となります。

ネックは年齢面

管理職の立場になっている人は30代、40代の人が多いでしょう。30代であれば、まだ一般社員として転職できる可能性はありますが、40代となると中々難しくはなってきます。

ただ、管理職としてではなく、それまで培ってきたプレーヤーとしてのスキル、実績を上手くアピールして行けば十分に転職できる可能性はあるでしょう。

ただ、管理職としての経験が長いとプレーヤーとして働いていた時から期間が空いてしまっている為に敬遠されることも多くなってしまいますし、自分自身もプレーヤーとしての仕事のやり方を忘れてしまっている場合もあるので注意が必要です。

給料ダウンの覚悟は必要

管理職から一般社員に転職する場合は給料が下がってしまう可能性が高いということは理解しておいてください。

どの会社でもマネジメントのスキルは重視されて給料に直結しますが、あえてそのスキルを捨てるわけですから幾分は譲る覚悟は必要です。

それでも残業時間、休日という面を重視させたいと考えているのであれば転職を考えてみてもいいでしょう。

管理職であっても条件が良いところに転職する

管理職としての不満が、残業時間や休日出勤にある場合であれば、管理職であってもしっかり労働条件が管理されている会社に転職するという手もあります。

管理職だからと言って残業が青天井なんて会社ばかりではなく、残業時間に制限をかけている会社もあります。

そういった会社に転職することができれば、管理職としてであっても不満を解消することができるでしょう。

管理職から管理職の転職は、それなりに求人数もありますから求人を探してみると良いかもしれません。

転職するなら転職サイトと転職エージェントを有効活用しよう

管理職からの転職となると、なかなか検索しても求人は見つからないかもしれません。基本的には非公開求人となっていますから、転職サイトや転職エージェントを上手く利用していくことが鍵になります。

転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:サービス残業の実態や平均時間、違法なサービス残業への対策は?

関連:36歳から39歳女性の転職事情。30代後半だと未経験の異業種転職はやっぱり厳しい?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ