管理職を辞めたい、もう管理職になりたくない人が転職するには?

管理職を辞めたい、もう管理職になりたくない人が転職するには?

出世して管理職。平社員にとっては憧れる人、目指している人もいるかもしれませんが、管理職特有の辛いこともかなりあって、もう管理職を辞めたいと思ってる人も多いかもしれません。

実際にわざわざ転職して管理職ではなく一般社員として働くことを選ぶ人も実は意外に多かったりします。

関連:38歳でも転職はできる。キャリア採用、未経験者採用のパターン別転職活動。

関連:管理職は残業代が出ないのが当たり前?名ばかり中間管理職に要注意!

辞めたいと思うのも仕方ない?かなりしんどい管理職

ほんと管理職ってしんどいことが多いですよね。その働きぶりをみて、管理職にはなりたくない、出世なんてしたくないと考える若手層も増えているくらいです。

残業多すぎ

まず一つめが残業の多さ。一般の社員は一応は労働基準法に守られていて、年間360時間以内だとか制限されている職場もたくさんありますし、残業代を増えることを嫌がり残業10時間と制限をかけている場合もあります。

しかし管理職の立場となると、そもそも残業という考え方が無くなってしまう為、いくらでも働くことができてしまうようになってしまって、深夜まで働くことが当たり前、休日に出勤してくることも当たり前なんていうことも多々あるのが現実。

景気悪化などがあって一般社員に残業を制限している時なんて特に悲惨。あぶれた仕事がいくらでも仕事ができる管理職に回ってきてめちゃくちゃしんどくなるなんてことも聞いたことがあります。

中には残業代を貰えなくなって給料がむしろ下がったなんて言う人もいますね。

有給休暇なんて全然取れない

当然有給休暇なんてほとんど取れません。

労働組合が強くて有給休暇取得が推進されている企業であっても、管理職になると労働組合から外れる為に有給休暇を取ることが推奨されなくなってしまう為に、滅多な理由がないと取ることができなくなるなんていうのは良く聞く話。

ただでさえ休日の出勤も増えるのに有給休暇も取れず体を休める時間は減る一方です。

そもそも仕事がつまらない

そもそも管理職としての仕事がつまらないという人も多いですね。

管理職になるまではプレーヤーとして自分の力で、自分の知識で成果をあげたという実感ができていたのが、部下を管理する立場になったことで仕事が一変し、やりがいを感じることができなくなったという意図も少なくありません。

上司と部下に板挟み

管理職に出世したところで当然上司はいるわけで、上司からの指示には応じなければならない。しかし部下のことも考えなくてはならない。

そんな板挟みに苦しむ管理職も多いことでしょう。

上司から言われるままに指示すると、こっちの気持ちも知らずに部下からは陰口を言われたり、嫌われたり。かといって部下のことを守ってばかりいると上司から怒られてしまったり。

ほんと辛いです。

管理職から脱出するには?

こんな理由があるわけですから、管理職を辞めたいという気持ちを持つのもまあ当然のことかなと思います。

たあ、管理職を辞めるとなると中々難しい部分も多いのが実情です。

同じ会社での辞めるのは中々難しい

同じ会社で働き続けながら、上司に管理職から降格させてくれと言っても実際は難しいのが現実。

降格する制度自体がなかったり、そもそも部下もいる中で実際に降格されたら色々なところで色々なことを言われるのも目に見えています。

また下手にそんなことを言うと当然評価を下げられ、とんでもない部署に異動させられる可能性だってあります。

基本的には転職

というわけで、管理職を辞めようとするとやっぱり転職が基本となります。

ネックは年齢面

管理職の立場になっている人は30代、40代の人が多いでしょう。30代であれば、まだ一般社員として転職できる可能性はありますが、40代となると中々難しくはなってきます。

ただ、管理職としてではなく、それまで培ってきたプレーヤーとしてのスキル、実績を上手くアピールして行けば十分に転職できる可能性はあるでしょう。

ただ、管理職としての経験が長いとプレーヤーとして働いていた時から期間が空いてしまっている為に敬遠されることも多くなってしまいますし、自分自身もプレーヤーとしての仕事のやり方を忘れてしまっている場合もあるので注意が必要です。

給料ダウンの覚悟は必要

管理職から一般社員に転職する場合は給料が下がってしまう可能性が高いということは理解しておいてください。

どの会社でもマネジメントのスキルは重視されて給料に直結しますが、あえてそのスキルを捨てるわけですから幾分は譲る覚悟は必要です。

それでも残業時間、休日という面を重視させたいと考えているのであれば転職を考えてみてもいいでしょう。

管理職であっても条件が良いところに転職する

管理職としての不満が、残業時間や休日出勤にある場合であれば、管理職であってもしっかり労働条件が管理されている会社に転職するという手もあります。

管理職だからと言って残業が青天井なんて会社ばかりではなく、残業時間に制限をかけている会社もあります。

そういった会社に転職することができれば、管理職としてであっても不満を解消することができるでしょう。

管理職から管理職の転職は、それなりに求人数もありますから求人を探してみると良いかもしれません。

転職するなら転職サイトと転職エージェントを有効活用しよう

管理職からの転職となると、なかなか検索しても求人は見つからないかもしれません。基本的には非公開求人となっていますから、転職サイトや転職エージェントを上手く利用していくことが鍵になります。

転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:サービス残業の実態や平均時間、違法なサービス残業への対策は?

関連:36歳から39歳女性の転職事情。30代後半だと未経験の異業種転職はやっぱり厳しい?



このページの先頭へ