転職を考える前に知っておきたい情報と確認すべき自分のこと

転職を考える前に知っておきたい情報と確認すべき自分のこと

転職したいと考えた時、その気持ちが大きすぎてつい先走ってしまう人もいますが、それはあまり良いこととは言えません。

転職を考える前に、まずは転職に関する正しい情報を元に、冷静かつ客観的に自分自身を見つめ直した上で判断する必要があります。

もちろん、そんなことせずに転職で上手くいった人もいるにはいますが、成功率を上げる為にも絶対にやっておいたほうが良いです。

何かと間違ったことを勘違いしている人が多い

転職に対してあまり良いイメージを持っていない人が多く、実際とはあまり違った情報が頭にある人も多々います。

間違った情報は、転職活動を進めていく中ではマイナスにしかなららずに、。

例えば、転職では年収が下がるのは仕方のないことだと考えている人もいるでしょう。そういう人は、たまたま年収を維持できる会社から内定に飛びついてしまう場合があります。

ただ実際は転職で年収が下がる人はむしろ少数派で、現状維持どころか年収アップできる可能性もあります。

このように知らないが故に、間違った判断をしてしまうことにつながってしまうのです。

自分のことをよくわかっていない人も多い

実は自分のことがよくわかっていないという人も非常に多いですね。

なぜ転職したいのか、今の会社のどこに不満があるのかということはそれに直面しているからわかりやすいのですが、

じゃあ転職したとして結局どうしたいのか、どうなりたいのかということをわかっていない人が多いです。

自分のことがわかっていなければ、どの会社がいいのかは当然わかりません。その結果なんとなくで会社を選んでしまい、後悔してしまうことになるのです。

転職に関する知っておきたい情報

ではここから、転職を考える前に知っておきたい転職に関する情報を紹介します。

転職の年収変化や成功率

先ほどちらっと書きましたが、転職すると年収が下がってしまう人はむしろ少数派です。

厚生労働省の労働経済の分析によると、自己都合の退職で年収が下がった人は約3割程度となっており、少数派です。

さらに、転職の満足度は約8割の人が満足と答えており、決して失敗する可能性があるものではありません。

転職と年齢の関係

転職のしやすさは年齢によって確実に変わります。

やはり若ければ若いほうが転職はしやすいし、年齢が高くなるほど転職はしにくくなります。

ただ、よく言われている転職35歳限界説はそれほど気にするものではなく、40代であっても多くの人が転職し、それなりに成功させています。

年齢ばかりは努力して何とかできるものではありません。ただ年齢を理由に諦める必要はなく、年齢に合わせた転職活動をしていけばいいだけです。

参考:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

参考:35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

応募社数と期間

転職活動の平均期間はおよそ3ヶ月、応募社数は20社弱となっており、これから転職を考えている人がこの程度はかかるもんだという覚悟は必要です。

たった1,2ヶ月で転職先が決まらないだとか、10社も受けたのに受からないなんていうのは平均にすら達していない甘い考えです。

参考:転職しようと思ったら何社くらい受ける?平均応募社数や少なく済ませるコツ

参考:転職活動の期間はどれくらいかかるもの?短い期間で終わらせる為には。

転職エージェントの有用性

転職者全体の中で、転職エージェントを利用する人って実は少なくて、2割にも満たないです。

大半はハローワークを利用したり、転職サイト経由で自分で応募したり、企業のHPから求人情報を見つけて応募するという人が多いです。

ただ、これは非常にもったいないことです。

転職エージェントは無料でキャリア相談、履歴書作成補助、面接対策、年収交渉、入社日交渉をおこなってくれる為、非常にありがたいです。

転職時期

求人が増えるのは3月、9月あたりですが、それはあまり気にしなくていいです。と言うのも求人が増える時期は転職希望者も増える為、倍率はあまり変わりません。

ただし、景気による影響はかなり大きいので注意が必要です。今は景気が良い為転職しやすいですが、不景気になると一気に変わります。

自分のことも良く考えておこう

では次に、自分についてもよく考えておきましょう。

本当に辞めてもいいのか、転職できる状態にあるのか

今の会社は本当に辞めてもいいのか、会社を辞めるデメリットはないのかをしっかり考えなくてはなりません。

転職を考える時はどうしても不満ばかりを考えてしまいがちですが、その会社で働いていることで得られているメリットも考えて判断しなくてはなりませn。

また、そもそも自分が転職できる状態にあるのかというのはかなり重要です。年収を大幅アップさせたいならそれなりに経験やスキルが必要ですし、転職活動は何かとお金もかかるので資金があるのかということも重要になります。

参考:転職したいけど貯金がない。お金がない中で転職するには?

結局どうなりたいのか、何がやりたいのか、どうすれば満足できるのか

転職を決意する理由はたいてい何かしらの不満によるものです。

ただ、漠然とその不満を解消できればいいと考えている人が多く、それでは会社選びもまともにすることができません。

不満を解消するならどう解消したいのか、結局どうなりたいのか、何がやりたいのかを明確にしなければなりません。

あれもこれもと理想を上げていけばきりがありませんが、全てが理想通りにいく会社なんてないでしょう。

ですから、全てが理想とはいかなくてもどういう形になれば満足といえるのかは考えておきましょう。

適切な判断、準備が転職を成功に導く

転職は運で決まるものではありません。

正しい情報のもと、しっかりと判断して、万全の準備をして転職活動に挑めば成功率はかなり高めることができます。

特に一番最初はかなり重要です。最初で手を抜いたり、間違った方向に進んでしまうと、最後までその影響に引きずられることになります。

せっかく転職を決意したのですから、成功させる為にもまずは最初の一歩目をしっかりやるように心がけましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職には何が必要?間違った準備をしてはいけない

関連:転職活動前、面接時、入社前にに持っておきたい心構え。



このページの先頭へ