転職時に必ず確認すべき給料の内容。年収、月収、基本給を知ることの必要性とは?

転職時に必ず確認すべき給料の内容。年収、月収、基本給を知ることの必要性とは?

転職する場合、ほとんどの人が気にすることになるであろう給料。できることなら高いほうがいいですよね。

ただ転職でこの給料に関して失敗をしてしまう人も実は少なくありません。

そこで今回は転職時に注意したい給料の確認ポイント。これから転職をしようと考える人はぜひ参考にしてみてください。

関連;転職で年収を下がる人の特徴。年収アップを目指すなら要注意。

関連;転職で希望年収や希望条件はどう答えるべき?

転職後にこんなはずじゃなかった・・・と思う人も多い

労働基準法第15条第1項では「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。」と規定されており、入社する前にどの程度給料を貰うことができるかはわかるはず。

にも関わらず転職後にこんなはずじゃなかったと思ってしまう人は多いんですよね。

  • 転職後は良かったものの翌年にボーナスが下がって年収大幅ダウン
  • 残業が少ない時期の給料が想像より低かった
  • 月収は高かったがボーナスが少なかったので年収としてダウンしてしまった

転職ではこういったことが起こってしまう可能性があるのです。

上がると思っていた年収が上がらないどころかむしろ下がってしまう、そうなれば転職したことを後悔するのも当たり前です。

転職時に確認すべき給料の内容

ではそうならない為にはどうすればいいのでしょうか。

それは入社する前にしっかり給料に関して知ることにあります。

年収だけ見て良しとしていたり、月収だけ見て良しとしていたりすると、痛い目を見ることになりかねませんから注意が必要です。

年収

求人票などで年収を書いている企業は多いですよね。月収が上がってもボーナスが少ないと年収で下がってしまう場合がありますから、年収を確認することはとても重要であることは間違いありません。

しかし年収のみしかわからないことの欠点は、年収のうち基本給はどの程度で残業代やボーナスの占める割合がわからないという点。

基本給は簡単に下げることができないものの、残業代は残業がなくなればなくなってしまうものだし、ボーナスは変動するものであり、会社経営が良くなれば少なくなりますし場合によってはゼロになることだってあるもの。

もし年収のうち残業やボーナスが占める割合が大きければ、年収が下がるリスクもあるということです。

月収

では次に月収。月収30万円なんて言う風に書かれている場合もありますよね。毎月貰うことができることがわかるというのは安心にもつながります。

ただ月収だけではボーナスがいくらくらいになって年収がどれくらいあるかということもわかりません。

ボーナスが年間4ヶ月分とされている場合であっても、それは基本給がベースとなる場合がほとんど。

月収30万円だとしても基本給が20万円で残りが残業代や住宅手当といったものであれば、ボーナスは120万円ではなく80万円となります。

基本給

転職時に基本給だけわかるという場合はほとんどないでしょう。たいていは月収か年収を知ることになると思います。

ただ基本給はぜひ知っておきたいもの。

基本給がわかれば、景気等に左右されない部分を知ることができるしボーナスも〇ヶ月分かということがわかればおおよそ想定をすることができます。

もちろん基本給だけ知っていても、実際にいくら貰えるのかわかりませんから情報としては不十分ですが、年収と合わせて知っておくことで転職後の給料に関する不安は大幅になくなると思います。

給料に関してはいつ聞くことになる?

とは言え、転職活動の段階では給料に関して聞くことがなかなか難しいですよね。

求人票を見ても、年収300万円~700万円、月収30万円以上なんていう風に幅広く書かれていて自分は実際どれくらいなのかということがわからない場合がほとんど。

年収が下がるなら転職はしないという人も多いでしょうが、転職エージェントを利用しないのであれば、必ず上がると確信を持つことができないまま転職活動せざるを得ないことが多いです。

では給料に関してはいつこちらから聞くことが可能となるでしょうか。

内定前に給料を聞くことはリスクがある

基本的にはこちらから直接給料について聞くのはあまりよくありません。採用担当者や面接官に対して給料を重視していると思われるのはリスクがあります。

その質問をしたことがきっかけで不採用になるなんてことも大いにあり得るのです。

基本的にはこちらから質問はせずに企業側から提示されるか希望を聞かれるのを待ちましょう。それは1次面接かもしれませんし、最終面接かもしれません。

詳細は内定を貰ってから

もし1次面接で年収に関する話があったとしても、基本給やボーナスが何か月分かなんていう詳細に関して質問するのはだめ。

まだ採用するかが決まっていない人に対して給与に関する詳細情報を教えることはでいきないし、そこに食いつくとやたらと給料を気にする人だという印象を持たれてしまいます。

本来は希望通りだとわかってからから応募するほうが手間は少なくなります。内定が出てから聞いて、実は希望に合わないものだったから断るのは無駄も多いですよね。

ただ自分で転職活動をする際にはそれが避けれないこととして、手間をかけていくことが必要です。

給料に関しては転職エージェント経由で聞くのがベスト

転職によって給料をアップさせたい、給料にこだわりたいというのであれば転職エージェントは利用しておいたほうが良いと思います。

転職エージェントを利用する場合、最初にこちらの希望を伝えてその希望にあった会社をエージェントが紹介してくれますから、実は年収が下がる企業だったなんていうミスは起きません。

また転職エージェント経由であれば選考過程であっても給料に関してこちらから色々と聞くことも可能。かなり便利だと思います。

もちろん転職サイトには転職サイトの良さがありますが、これから転職しようと考えている人は合わせて使ってみることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントの大手では他にもマイナビエージェントが有名です。他の大手同様、非公開求人数は豊富で実績も豊富ですので、併せて使ってみても良いでしょう。

最後に

転職を成功にさせることができるかどうかは、転職前にどれだけ転職しようとしている会社について調べていることができているかによります。

よくわからないまま想像ばかり先行してしまえば入社後のギャップは大きくなってしまい転職が失敗に終わってしまう可能性は高いでしょう。

これからの転職を成功に導く為にも、まずはしっかり調べることを念頭において転職活動を行っていってください。

関連;転職に満足できる人と不満を感じる人の違い、不満は待遇や会社のせいではないかも

関連;会社、仕事の不満は転職で解決しよう。労働時間、休日、仕事内容で満足できる人は非常に多い。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ