転職に向けて持っておきたい覚悟とは?リスクは知っておかなくてはならない

転職に向けて持っておきたい覚悟とは?リスクは知っておかなくてはならない

なんとなく転職活動を始めてみた。最初はそれで良いと思います。

ただ、実際に転職する時には、それなりに覚悟が必要となります。

その覚悟ができていない為、転職活動自体が無意味なものになってしまう可能性も大きいです。

転職することはリスクがあることはしっかり認識し、あらかじめ覚悟は持っておきましょう。

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

関連:転職活動の不安、転職が決まった後の不安を解消するには

関連:仕事を変えたい、環境を変えたいと思ったら

転職には覚悟が必要

転職したいと思って、勢いで転職してしまうのも一つの手です。

ただ、勢いで転職してしまうと、後々転職したことを後悔してしまう可能性も高くなります。

ですから、本来であればじっくり自分についても、企業についても調べ、考え、納得できた上で転職すべきです。

ただ、じっくり考える時には、あらかじめ覚悟を持っていなければなりません。

覚悟がなければ、迷いが生じる

覚悟がないと、迷いが生じます。

もっと違う仕事にしたほうがいいのではないか、今の仕事を続けたほうがいいのではないか。

本来の目的を見失い、自分がどうするべきなのかわからなくなってしまいます。

迷ってしまった時に多くの人が選ぶのは、現状維持。

結局転職できない人が多いのです。

覚悟がなければ、不安になる

覚悟がないと、不安が大きくなります。

失敗したらどうしよう、転職先が決まらなかったらどうしよう。

その結果、妥協して自分の希望とは全然違う会社に転職してしまう人も少なくありません。

そして、入社後に気付くのです。

なぜこんな会社に転職してしまったんだろうと。

覚悟がなければ、途中で投げ出してしまう

迷いが生じて転職自体を辞めてしまう。不安が大きくなって妥協した会社に入社してしまう。

それだけではありません。

転職活動の大変さを覚悟していなかった為、最初は頑張っていたものの途中で辞めてしまう人も少なくありません。

転職活動をした上で、転職しないという選択をするのは悪いことではありまん。

ただ、それは納得した上で決めなければ意味はなく、迷ったから辞めた、大変だったから辞めたなんてことだと、結局何も変わらず、嫌々今の仕事を続けていくことになってしまいます。

転職に向けて持っておきたい覚悟

では、具体的に転職活動で持っておきたい覚悟を紹介します。

時間と労力が必要であること

転職活動は1週間で終わるようなものではありませn。

平均的には2ヶ月から3ヶ月かかります。

また、企業選び、自己分析、企業分析、履歴書作成、面接などやることも多く、プライベートの時間を削って行っていかなくてはなりません。

その間は遊びに行くこともあまりできなくなるし、趣味の時間も減ってしまうでしょう。

転職活動を始めた人の中で、思ったより大変だったと辞めてしまう人も少なくありませn。

あらかじめ、時間と労力が必要となることは覚悟しておきましょう。

孤独であること

転職活動は孤独です。

転職エージェントを使えば、相談相手ができて幾分楽にはなりますが、相手はあくまで仕事です。

家族や友人に相談しても、反対されることもあるし、親身になってくれたとしても結局自分で全てを考え、決断していかなくてはなりません。

最終的には自分ひとりということは覚悟しておかなくてはなりません。

失敗する可能性もあること

転職した場合、必ずしもその転職が成功するとは限りません。

中には失敗して、転職したこと自体を後悔してしまう人もいるんです。

ただ、そのことで不安になるのではなく、そのことを覚悟して、どうすれば失敗しないか、どうすれば成功できるのかを考えなくてはなりません。

嫌われる可能性もあること

転職することは、あなたにだけではなく、周囲にも影響があることです。

特に、現在の仕事の人たちには色々と迷惑をかけることになるでしょう。

仕事を投げ出した、仕事から逃げた、裏切りだ、無責任だ、色々と思われるかもしれません。

転職はあなたにとっては前向きであっても、周囲の人にとっては決して前向きなことではありません。

どんな仕事をするか、転職するかはその人の自由です。

ただ、好ましく思わない人もいるのです。

お世話になった人に嫌われたくない、せっかく仲良くなった人に嫌われたくない。

そんな風に考えていては転職することはできません。

ですから嫌われる覚悟を持ってください。

何かを失う可能性もあること

転職することで得られるものはあるでしょう。

しかし、失ってしまうものあります。

上述したようなこれまで築いてきた人間関係もその一つです。

他にも、これまで積み上げた信頼だったり、上司からの評価なんかもあります。

労働条件面でも失ってしまうことはあります。

やりがいを求めた結果、給料が低くなるかもしれない。

給料を求めた結果、仕事がきつくなるかもしれない。

転職すると、何かしら失うものがあります。それは覚悟しなくてはなりません。

それでも転職には魅力がある

転職するにあたり、いくつか覚悟しなくてはいけないことを紹介しました。

ただ、その覚悟をしてでも転職することには、魅力があります。

だからこそ、しっかり転職できるよう、転職を成功させるよう、最初に覚悟を持ってください。

転職しなければ、手に入れられないことも多いです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点

関連:転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ