会社を辞めたいという気持ちは、働き続けていれば心変わりするの?

会社を辞めたいという気持ちは、働き続けていれば心変わりするの

会社を辞めたい。一度そんな風に考えてしまうと常にそのことが頭から消えません。

そして仕事に対してのやる気も失われてしまうし、常に憂鬱な気持ちになってしまい、仕事に行くこと自体が辛くなってしまいます。

実際そんな風な気持ちを持ちながら働いているという人も多いのではないでしょうか。

関連:転職すべきか、転職しないほうがいいか迷った時に確認しておきたいこと

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

会社を辞めたいと思っても転職できない人は多い

会社を辞めたい。そう思った時に選択肢としてあるのが転職するという手段。

給料が安い、休日が少ない、人間関係が上手くいっていない、仕事がつまらないなどの仕事に対する不満は、転職で会社を変えることによって解決することが可能です。

実際に転職によって不満を解消できたという人は8割もいるというデータがあります。

ただ、これらのことを考えても転職に踏み切れることができない人というのは決して少なくありませんよね。

なぜなら転職には良いことばかりではなく、負の側面もあるからです。

日本において転職を繰り返すことを良しとはされず、そして一度会社を辞めてしまうと元の会社に戻ることはほとんど不可能です。

それ故に転職があまり上手くいかずに後悔してしまっても取り戻しはきかず、さらにまた転職して以前いた会社と同じレベルの会社を目指したとしても、転職回数を増やしたことで不利に働いてしまう可能性もあるのです。

転職は決して失敗する可能性が高いものではなく、むしろ成功する確率のほうがずっとずっと多いです。

ただそれでも失敗のリスクがある以上、なかなか転職することを決断することができずにいる人は非常に多くいます。

働き続けたらいつか良い方向に動くのか

転職することが決断することができないのであれば、働き続けたらどうなるのだろうかということを一度考えてみましょう。

今は辛いとしても、まだいつか改善するかもしれないという期待を持つことができたなら少しは救われた気持ちになるはずです。

ただ改善されることに期待を持てるかどうかは、会社を辞めたいという理由によって大きく変わります。

人間関係、仕事の内容に対しては解消される可能性は十分にある

会社を辞めたいという理由が人間関係であったり、仕事の内容によるものである場合は、ある程度時間がたつことによってその思いが消える可能性は十分にあります。

例えば人間関係であれば、嫌な上司もしくは自分が異動等によって離れるということは十分に想定できることですし、長く接していると上手くやりすごすことができるようになって気にならなくなることだってあります。

仕事がつまらないといったことに関しても、その仕事を続けていると意外なところに面白みに気づくことがありますし、働き続けることで仕事の内容自体が大きく変わってくることもあります。

もちろんあくまで可能性であり、必ずしも辞めたいと思わなくなるわけではありませんが、決して可能性が低いものではありません。

実際、入社した当初は仕事が嫌だったけど一人で仕事ができるようになってくると楽しくなってきたと人もたくさんいますし、嫌な上司の下についたけど1年で上司がいなくなってくれたなんて例はたくさんありますね。

条件面での不満がある場合は解消されにくい

ただ条件面に対して不満を持っていて会社を辞めたいという場合には、たとえ働き続けたとしても解消される可能性は非常に低いと考えたほうがいいかもしれません。

例えば給料が低くて、昇給も期待できない会社であれば、たとえ働き続けたとしても多少給料が上がるだけでいつまでも不満は解消されずに辞めたいと思い続けることになるでしょう。

休みが少ないというのも同じ。会社として休日が決まっている以上、その休日が突然増えることなんていうのは期待できるものではありません。

条件面による不満を持っている場合はそれが解消されることを期待していても無駄なことが多く、転職して解消するか、今の状態を受け入れるしかないと考えたほうがいいでしょう。

どっちにするか決断することが大事

よりよい環境で働くことを目指して転職することも、転職するリスクを避けて働き続けることもどちらが正解というのはありません。

ただどちらにするかというのを決断することは大事です。

転職することも決めきれず、かといって働き続けることに対しても不満を持ちながら働き続けるというのでは何の解決にも至らずに結局辛い思いをしながら働き続けることになってしまいます。

もちろんどちらにするかを決断するのは簡単なわけではありません。実際に転職活動してみて手ごたえがあるかを見てみることも必要になってくるかもしれません。

ただ決断できた時にはすっと心に抱えていた重荷が下りるかもしれません。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職活動して内定まで貰った私が転職することを辞めた理由

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ