会社に行っても仕事がないのが辛い。どうしようもなかったら転職も考えよう

会社に行っても仕事がないのが辛い。どうしようもなかったら転職も考えよう

会社には毎日行かなくてはならないけれど、行ったところやらなくては行けない仕事がない。

毎日忙しく、仕事に追われている人にとってみれば羨ましく感じるかもしれませんが、実際にその立場になると実際はかなり辛いことです。

そこで今回は会社に行っても仕事がない原因と、そのことを理由にした転職について書いていきます。

関連:仕事が暇すぎる!それは忙しいよりも辛いかもしれない。

関連:会社が危ない、潰れそうならいち早く転職を。倒産する前に動くことが非常に大切。

会社に行っても仕事がない、なせそんなことに?

普通なら会社に行けば給料が発生しているわけで、せめて給料分の仕事をしないと会社も雇っている意味がありませんから仕事がない状態になるのはおかしなことのはず。

にも関わらず、なぜ仕事がないなんていう状態になってしまうのでしょうか。

会社、部署自体に仕事がない

まず一つ目の原因が、会社自体に仕事がない、所属している部署自体に仕事がないことによるもの。

仕事の発注が減れば当然仕事は減りますが、一方で社員を減らすことは簡単にはできませんから、人員過剰になってしまって一人あたりの仕事量が減ってしまったり、もしくは特定の人に一切仕事が回ってこなくなるような事態に陥ってしまいます。

それでも色々とできる仕事を作って仕事が全くないなんて状態をつくらないように心がけている会社が多いんですが、あまりにもその状態が長引くとどうにもならなくなる場合もあるようです。

信頼を失っていて仕事を与えて貰えない

仕事で失敗を繰り返してしまったり、あまりにも仕事が遅いことで信頼を失い、仕事を任せてもらえなくなったことが原因になる場合もあります。

いわゆる社内失業や社内ニートです。

仕事でミスされると、それを取り返すのはかなり大変であることが多いです。毎回毎回ミスをされると、むしろ時間を労力を消費することになるので、いっそのこと違う人に仕事を任せた方が楽だったりします。

仕事を与える人が上手く回せていない

新入社員によくあるのが、本来仕事を教えてくれたり、仕事を与えてくれるはずの先輩が忙しくてうまく仕事を振ることができていないことが原因になっている場合。

OJT教育を取り入れている会社が多いのですが、実際に上に立つ人が教えることに対して何の教育を受けていないことが多い為にこういうことになりがちです。

派遣社員だから

派遣社員として働いている人の中で、派遣先で仕事がないと嘆いている人も多いのではないでしょうか。

正社員だけでは人手不足だから派遣社員を雇っているはずなのに、なぜか全然仕事を与えてもらえない。不思議かもしれませんが実際によくあることです。

この原因は、上述した仕事を与える側の人が上手く回せていないということもあるんですが、そもそもたいして仕事がないのに派遣社員を雇っている場合も多数あるんです。特に大企業に多いですね。

部署の予算を消費しなくてはならないから、派遣会社との付き合いがあるから、いざという時にいると役にたつかもしれないからなどの理由があります。

せっかく働いているのだからと意欲をだして「なにか手伝えることはないですか」と聞いても、「特に今はないかな」と答えられるばかりで毎日が辛いなんて感じている人も多数います。

転職すべきか、転職すべきではないか

会社に行っても仕事がないというのははっきり言ってかなり辛いです。

しかし、転職してしまっていいのかというのは悩む人も多く、中々踏み切れないという人が多いようですね。

もちろん、まずは何とか改善しようという努力は必要です。積極的に仕事を取りにいったり、上司に相談したり、小さい仕事から確実にやるようにしたり。

ただ、それでも私としては転職も大いに有りだと思います。

仕事がない中で時間を潰すだけなのはかなり辛い

時間がたつのは遅いわ、会社にもいづらいわ、やりがいなんて何も感じないわで、仕事がないのはかなりの苦痛。

その苦痛は十分転職するに値しますよ。

たぶんそれは実際に経験したことがある人にしか理解はしてもらえないかもしれません。でも直面している本人には、それこそ鬱になる可能性があるくらいストレスのたまること。

耐えることができないのが当たり前のことなんです。

相談したって解決しないことが多い

上司に相談して解決するくらいならば、そんなに悩みませんよね。相談したところで何も変わらないことがほとんどなんです。

何か仕事がありませんかと聞かれてもないと言われ、先輩に何か手伝いますかと聞いてもないと言われ、にもかかわらず違う部署に異動もさせてももらえない。

もうどうしようもないなんてことになってしまうことも多いんです。

失った信用を取り戻すのは大変

仕事のミスが原因で信用を失ってしまったら、それを取り戻すのは大変なこと。むしろ取り戻すチャンスすら与えられないことも多いです。

ミスして迷惑をかけたことは確かに悪いことかもしれません。ただだからと言って何も仕事を与えないというのはやっぱりおかしなことです。

自分の将来にも悪影響

仕事がない日々を過ごすことは、単にその瞬間が辛いだけにはとどまらず、自分の将来にも悪影響を及ぼします。特に若手の場合は顕著です。

どんどん成長することができる若い時に仕事がなく何も経験できていないのは大きな損害です。そのまま行けば30代を超えても何もできない人間になってしまいます。

そうなればまともに転職することすらできなくなってしまいます。

転職できるうちに転職したほうが良い

まあ何より、今は転職しやすい状況にあるということが一番大きな理由。

条件が悪くなることもなく、仕事がないという悩みを解消することができる可能性は非常に高いです。

特に今は多くの企業で人手不足になっていて、いくらでも仕事はあります。

逆に仕事がありすぎて忙しすぎるなんてことになる可能性もあるので注意が必要ですが、残業時間さえ長くなければ仕事がない状態で過ごすよりはずっと楽です。

まずは転職活動してみればいい

今のまま大きなストレスを感じながら会社に行くよりは、まずは思い切って転職活動を始めてみればいいですよ。

仕事がない毎日を過ごしているならば、定時で帰って面接を受けにいくことも容易ですし、有給休暇をとったって仕事への影響もありませんから、存分にそのメリットを生かしましょう。

転職するかしないかは、内定を貰ってから決めればいいだけのこと。少なくとも現状を変える努力はしてみてはいかがでしょうか。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:公務員の仕事がつまらない、楽しくない。民間企業に転職したほうがやりがいはあるのか。

関連:会社に行く毎日が辛い。仕事が嫌で嫌で仕方ない。そうなったら転職も意識しなくてはならない。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ