仕事、会社生活で理不尽なことが多すぎる。それって当たり前なの?

仕事、会社生活で理不尽なことが多すぎる。それって当たり前なの?

仕事をしていると理不尽だ!と感じる場面は少なくありません。

以前の記事、「理不尽な上司にうんざり、どう対処し、どう付き合えばいい?」では、理不尽な上司について紹介しましたが、

理不尽なのは上司だけではありません。

仕事で理不尽なことがあれば、会社生活で理不尽な場合もあります。

そこで、今回は仕事や会社の理不尽な出来事について紹介していきます。

関連:激務で薄給の仕事から抜け出そう。あなたは激務を選ぶ?薄給を選ぶ?

関連:キャパオーバーで仕事が終わらない。原因は自分?それとも会社?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事での理不尽な出来事

仕事で起こる数々の理不尽な出来事。誰もが感じたことがあるかもしれません。

結果が全て

仕事は結果よりも過程が大事だ。

そんなことを聞いていたけど、結局大事なのは結果。

結果を出せば評価が高いし、結果をだせなければ評価が低い。

結果を出しにくい仕事に当たってしまったら運のツキ。

難しい仕事を、しっかりとした過程でしていても、結果をだせなければ、評価は悪くなるもの。

そんな時言われるのが、結果がでないのは過程が悪いからだと。

質問すると馬鹿にされる

会議の場で、若手は些細なことでもいいからどんどん質問するようにと言われたので、からなかったことを質問してみた。

まあ案の定、「そんなこともわからないのか」と鼻で笑われ、馬鹿にされた。

それなら最初から質問するように言うな。

5年前のことで何故か怒られる

ある仕事について、突然質問され、そして何故か怒られるという自体に。

よくよく聞くと、5年前に私が行った仕事に関係した仕事に携わっているとのこと。

そして、それがあまり上手くいっていないらしく、何故か5年前の仕事のやり方が悪いと私を責めてきた。

ただ、5年前のその仕事って、もちろん今の仕事につながるなんてことはわかっていないし、何より極度に仕事が多い中で、上司と協力しながら進めてきた仕事。

当時、仕事をどうやっていたかも何も知らない人間に責められたくはない!

残業しても怒られるし、仕事が終わらなくても怒られる

時間内では終わらない仕事を与えられる。

仕事が終わらないから残業しようとすると、残業することは許されない。

けれど、仕事を終わらせないと怒られるし、お客さんに迷惑をかけてしまう。

どうすれと?

家に持ち帰って仕事をしろとでもいうのか。

自分の成果がなぜか先輩の成果に

私の行っているプロジェクトのチームリーダーである先輩に私が出した成果をとられた。

たいして、チームリーダーとしての仕事はせず、相談してもたいした回答をしてくれなかったにもかかわらず、

上位に報告する際は、あたかも自分がやったかのように報告。

いつのまにか先輩がやったことになってしまった。

スポンサーリンク

 

会社生活での理不尽な出来事

仕事自体ではなく、会社生活でも理不尽な出来事は多いでしょう。

タバコ休憩している人は何も言われない

タバコの休憩は許されているのに、私が休憩室で休憩しているのに怒られた。

まずは1時間に1回以上たばこに行って仕事もろくに進んでいない人を注意すべきではないのだろうか。

準備は仕事時間に入らない

仕事開始は9:00から。

しかし、仕事を開始する準備の為に、8時30分には来いと言われる。

別に準備はパソコンを立ち上げるだけ。

8時30分に遅れると、なぜか怒られる。

もちろん、準備の30分は仕事の時間に入らず、残業代は貰えない。

出世は時の運とごますり次第

出世する人は、仕事ができる人だと思っていたけれど、上の人たちを見ていると全然違うことわかった。

出世コースにのっている上司の下で働くことができ、かつごますりできること。

いくら仕事ができても、上司に恵まれなかったり、ごますりができなければ出世はできない。

なんとも理不尽だなーと思った。

社会は理不尽なものである

いくつか、仕事、会社での理不尽な出来事を紹介してきましたが、サラリーマンの方々はもっともっと理不尽な経験をしていることでしょう。

はっきり言って、社会は理不尽なことだらけです。

誰もが、自分のことが大切であり、自分を守りたいと考えているが故、理不尽なことがどうしても起きてしまいます。

正しいと基準が人それぞれで違い、また必ずしも正しいことだけをやろうとしている人ばかりではないのですから、理不尽なことがどうしても起きてしまいます。

理不尽なことをされた時に、理不尽だ!と抵抗し、そこで一つ解決できたとしても、またすぐに理不尽な出来事は起こります。

ですから、どこかで社会の理不尽さを受け入れることが必要となる時が来るでしょう。

時には仕方がないと思い、悩まずに受け入れることも必要となるのです。

ただ、もちろんあまりに理不尽な状態に陥ってしまったなら戦ったり、逃げ出すことは必要です。

例えばパワハラだとか、度重なる長時間労働、精神的に追い込む仕事の与え方。

そのことで自分の身体を壊すことはあってはなりません。

そんな時は、転職するなり、異動するなり、その場を離れることも考えてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:クラッシャー上司とは?上司に潰されない為の対策

関連:もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ