会社に不満、解決するには?

会社に不満、解決するには?

会社に不満をもっているという人も多いことでしょう。

私の周囲では、多かれ少なかれほとんどの人が不満を抱えているように感じます。

その中で、ほとんどの人は我慢をするということを選んでいることでしょう。

確かに我慢は必要です。しかし、我慢のしすぎは会社がつまらないだけではなく、その内容によっては大きなストレスとなり、うつ病など精神的な病気にかかってしまうこともあります。

ですから、ただ我慢するだけでなく、どのように解決するかを考えていく必要があります。

関連:転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

関連:仕事を検索してみるメリットや仕事の検索の仕方、求人を見なければ何もわからない

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

会社への不満、どんなものが多い?

会社への不満はどういったものが多いのでしょうか。

リクナビNEXTが調査した退職理由本音ランキングによれば、

1位:上司の仕事の仕方が気に入らなかった

2位:労働時間、環境の不満

3位:人間関係がうまくいかなかった

4位:給与が低い

5位:仕事内容がおもしろくない

といったものがあげられています。上記のような点が不満となり退職している人が多いのです。

退職するまでいかないまでも、上司に対する不満、同僚に対する不満、労働環境に対する不満などの不満を抱えている人は多いでしょう。

スポンサーリンク

会社への不満、どう解決?

上記であげたように、多くの人が会社に対して不満をもっています。

この不満に対して、どう解決すればいいでしょうか。

自分を変える

「周りに不満があるなら、まず自分を変えなさい」というのはよくある言葉です。

確かに、自分を変えることができれば、不満を無くすことができることもあるかもしれません。

しかし、そう簡単には変わることができないし、自分が変わったところで、不満は解決されないと思う人も多いでしょう。

しかし、確かに変えることまではいかないかもしれませんが、その思考は非常に重要なことです。

どういうことで会社に不満を持ち、自分がどう変われば不満は解決できるのか、解決できないのであればどうすればいいかということを考えることで、頭の整理、今後の取り組み方がわかってきます。

周囲に相談する

自分の力で解決できない場合、周囲に相談するということを使ってみてください。

同僚、先輩、上司などです。

不満の内容によって適切な相手を選べば、解決につながることもあります。

特に人間関係という面の不満では、解決できる可能性があります。

適切な相手というのは、相談しやすい相手というわけではありません。

相談しやすい相手として、少し上の先輩を選びがちですが、時にはもっと上の人に直接話すことも必要になることがあります。

仕事ができる人間になる

仕事ができる人間は、上司や同僚から重宝され、自分の意見が通りやすくなります。

これによって、不満が少なくなることも多いです。

割り切る

解決につながらない、解決する労力が大変という場合、最終的に割り切るという形をとることも選択肢の一つです。

ただその場合、我慢しすぎずに割り切ることが必要です。

仕事は仕事として、お金を貰う対価として、精神的に辛くない程度に我慢はしすぎずに割り切りましょう。

ただ、あまりに強すぎる不満は、結局上手く割り切ることもできずに強い我慢とのしかかってきます。

できるだけ減らすことが大切です。

スポンサーリンク

転職という選択肢

会社への不満が強い場合、そして解決につながらない場合というのは、我慢しすぎずに転職することも視野にいれましょう。

ただ、不満を感じたからといって、すぐに会社を辞めてしまうのはNGです。

もし、すぐに会社を辞めてしまうと、次の会社でも同様に不満を感じて会社を辞めることになるでしょう。

まずは今ある環境で不満を減らすことができないかをしっかり考え、

どうにも解決できない、そして転職すれば解決できる可能性があるのであれば、転職という行動に移りましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:仕事がきつい時、限界まで頑張りすぎてはいけない

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:仕事、会社生活で理不尽なことが多すぎる。それって当たり前なの?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ