海外で働きたい人の為の海外勤務実現の為の転職活動のコツやおすすめ転職エージェント

海外で働きたい人の為の海外勤務実現の為の転職活動のコツやおすすめ転職エージェント

日本だけで働くのではなく海外で働きたい、そんなことを考えている人は多いのではないでしょうか。

現在はグローバル企業もとても多く、希望すれば全然実現することは決して不可能なことではありません。

そこで今回は海外勤務を実現する為の転職活動の進め方について紹介をしていきます。

関連;転職におけるTOIECの位置づけは?TOEIC700点以上あれば転職は有利?

関連;高収入の求人多数!エグゼクティブ転職サイト、転職エージェントの特徴やおすすめエージェント

海外勤務の魅力

海外勤務って非常に魅力的ですよね。もちろん日本には日本の良さがありますが、海外には海外の魅力があります。

では具体的に海外勤務にはどういった魅力があるでしょうか。

高年収

まず一つ目が高年収であるという点。

発展途上国で現地採用となる場合は除きますが、日本企業に所属して海外勤務となる場合はかなり良い手当がつく場合が少なくはないので、日本で働いているよりも高収入を得ることができます。

なおかつ物価が安い地域であれば、かなり贅沢な生活をしたとしても生活費が日本よりもかからないのでかなりの貯金が期待できます。

私の友人で5年海外勤務をした人は数千万円貯めることができたなんて人もいます。

キャリアアップにつながる

今後はグローバルに働いていくことがより一層求められることが予想されます。

そういった中で海外勤務をしたことがあるという経験はキャリアとしてはかなりの強みとなってきます。

実際中小企業で海外勤務をした人が日本で有名な大企業に働くことができたという場合だってあります。

海外勤務することを嫌う人も多い中で、実際に海外勤務を経験し、現地で働く大変さなどを実感してきた人というのは今後も非常に重宝されていくことでしょう。

自分自身の成長につながる

海外勤務をすることは自分自身の成長にも繋がっていきます。

語学力はもちろんですが、日本人以外の人と働く経験、裁量の多い仕事をする経験、環境が整っていない状況で仕事をする経験など恵まれた日本で働くことでは得ることができないものをたくさん経験することができます。

ちょっとやそっとじゃへこたれない強さも身につくかもしれません。

異文化を体験できる

仕事以外でも、プライベートを海外という異文化の環境に身を置けるというのは大きなメリット。

ちょっとした旅行ではなく実際に住んだからこそわかること、経験することができることというのもやっぱりたくさんあります。

人生は一度きり、色々なことを経験できるというのはやっぱり魅力的ですよね。

海外勤務のデメリット

海外勤務には魅力的な部分だけあるとは限りません。

海外勤務には海外勤務のデメリットがあり、これから働こうと思っているならその点をしっかり把握しておきましょう。

生活環境の違いに苦しむ可能性

日本とは違う環境で生活することは魅力的な部分がある一方で、これまでの環境と違うことが逆に苦しんでしまう原因になってしまう可能性があります。

私が以前勤めていた会社でも、海外勤務を希望していた同僚が実際に海外で働きだすと様々な苦労があったみたいで、当初3年という計画だったのが会社に申し出て1年を待たずに帰ってきてしまいました。

自分は大丈夫だと甘く考えていても、合わない場合だってあるので注意しなくてはなりません。

仕事面で四苦八苦

日本と海外では仕事の仕方が全然違います。

日本では当たり前だと思っていたことが全く通用しない場合がとても多いです。

日本なら問題なくやれていたのに、部下に指示しても思い通りには動いてくれなかったり、同僚にお願いしても断られたりなんてことはしばしば。

また海外の人と接する時には絶対にやってはいけないこともあるので気疲れしてしまう人もいます。

日本に比べると治安が悪いことが多い

働く国によってはとても治安が悪い場合があるので本当に注意しなくてはなりません。

夜に一人で出歩くなんてもっての他だし、自分で運転するのは避けた方が良い場合もあります。

これによって自由はなくなってしまったと感じてストレスになってしまう人もいるかもしれません。

衛生面、医療面、教育面に不安

特に子供がいる人が不安になるのは衛生面、医療面、教育面。

海外勤務をしたことがある人で外食をするとお腹を壊したという経験がある人は非常に多いですしね。

やっぱり日本は恵まれています。今の環境を当たり前と思っていては海外勤務をすることは難しいかもしれません。

海外で働くには

このようにメリットもあるがデメリットもある海外勤務。デメリットを知ってもなお海外で働きたいと考えているならぜひ挑戦しましょう。

ではどうすれば海外で働く音ができるでしょうか。

海外の企業で現地採用

一つ目が海外に拠点がある企業で現地採用して貰うという方法。

外資系企業という選択もありますし、日本企業の海外支店に応募して採用してもらうという方法があります。

基本的には現地で就職活動を行うことにはなりますが、日本にいながらも転職活動を行うことは可能。

JAC Recruitment という転職エージェントは海外にも拠点を持っており、現地採用の求人を行ってもらうことが可能です。

現地採用の良さは自分が働きたいと思っている地域に絞ることができるという点ですね。

グローバル企業に転職して海外勤務

今は日本にある企業でも、海外勤務前提で採用となるグローバル企業がたくさんあります。

こういった企業にまず転職するというのも海外勤務を実現する一つの手段です。

転職活動は当然日本で行うことになります。

まずは日本で働くことになりますし、複数の国に拠点がある国ならば希望している国に行けるとは限らないというデメリットがあります。

しかしそれ以上に有り余るくらいのメリットがあります。

おすすめは日本企業の海外勤務

確実に好きな国で働くことができるのは海外で現地採用されること。

ただそうなると本当に自分一人の力で色々なことをしなくてはいけないのでかなり大変。

これまでその国で長期滞在した経験があるならまだしも、その経験がないにも関わらず挑戦するのはちょっとリスクが高いです。

ですので初めて海外勤務をするならまずは海外勤務のある日本企業に転職してそこから海外勤務をすることをおすすめします。

手当がつく

おすすめする一つ目が海外勤務には手当がつくという点。しかもその額はかなり高額で、年収600万円だった人が年収1000万円を超えることになる場合も少なくありません。

現地採用では到底貰えない収入を得ることができるというのはかなりありがたいですよね。

福利厚生、教育制度が充実

海外で勤務するにあたり、住宅費や引っ越し代などは会社が出してくれますし、家族がいる場合にはその旅費も出してくれます。

自力で海外に引っ越そうと思ったらかなりの金額がかかることになってしまいますが、それをサポートしてくれるというのはかなりお得です。

また海外勤務に向けて語学学習などにかかる費用も会社が出してくれる場合が多いですね。

サポートが充実しているので安心して働くことができる

海外勤務では色々大変なことがあります。仕事に関することはもちろん、私生活でも色々と苦労することになるかもしれません。

ただそういったこともサポートしてくれるというのも大きなメリット。治安の悪い地域であればドライバーをつけてくれたりする場合もありますし、海外情報も提供してくれるので安心度は高いと思います。

定期的に日本に帰ってこれる

いくら海外で住みたいと思っていても、たまには日本に帰ってもきたいですよね。

ただ日本までの旅費は高いので休暇があったとしても中々帰ってこれないというのは本音。

ただ企業から派遣されて海外勤務をすることになる場合は年に1回会社が帰省旅費をだしてくれると場合が多いので、出費なく日本に帰ってくることができます。

おすすめの業種

ではどういった業種に転職すれば海外勤務を実現することができるでしょうか。

海外勤務が多いのは以下の業種。

  • 商社
  • 製造業
  • 貿易業
  • インフラ業

職種にもよりますが、こういった業種でグローバルに展開している企業なら海外勤務できる可能性は高くなります。

転職活動時点で転職エージェントに海外勤務したい旨を伝えれば、その可能性が高い仕事を紹介して貰えると思います。

海外勤務をする為に必要な能力とは

これから海外勤務をしようと考えている人にとって、語学力や仕事上のスキルがどれくらい必要かというのは気になる点ですよね。

英語ができないけど大丈夫なのか、そう不安を感じている人は多いと思います。

そこでここでは海外勤務をする為に必要な能力を紹介します。

英語の必要性

まずは英語の必要性。

海外で働くなら少なくとも英語は話さなくてはならないんではないかと思っている人は多いかもしれません。

ただ英語は絶対条件ではありません。

とは言え英語の能力が高ければ高いほど転職する際に有利なのは事実。

TOEIC800点以上あると転職活動している際におおっと思われることが多いですし、TOEICの点数を応募条件に挙げている企業もあるので選択肢は広がるでしょう。

TOEIC600点でもかなり選択肢はあると思います。

TOEIC600点は少し頑張れば到達できるはず。これから海外勤務をしようとしているなら自主的に語学の勉強を進めることは必要でしょう。

ちなみに実際に実務となった場合、通訳がついてあまり英語を使わないという場合も多いみたいです。

スキルの必要性

現地採用される場合、それなりにレベルの高い会社に勤めようと思えばそれなりのスキルは必要です。

日本企業から海外勤務をする場合でも、それなりに知識や経験がある人が選ばれることになります。

もちろん未経験でも語学力があって職種を選ばなければ海外勤務をすることはできますが、それなりに良い収入を得ようと思えばスキルがあることは必要となります。

海外勤務実現に向けた転職活動

ではここから海外勤務実現に向けた転職活動について紹介していくことにしましょう。

転職エージェントへの登録

まずやるべきは転職エージェントへの登録。

海外勤務をしたいという希望を叶える場合、その希望にあった仕事を見つける為に自分で探すのではなく転職エージェントから紹介して貰うほうが効率的です。

転職エージェントを利用するメリットは紹介して貰うことだけではなく、転職に関するサポートを行ってくれることが大きなメリットとしてあります。

転職活動を進めるにあたり

海外勤務のある日本企業に転職する場合であれば、特別な転職活動のやり方をする必要はありません。

書類選考を経て面接という流れに変わりはなく、しっかりと対策して望みましょう。

海外勤務がある企業は大手企業に多く、倍率は高いのでただ受けるだけでは簡単に内定を貰うことができません。

もし現地採用の企業を受ける場合は、転職活動はかなり大変になるということを覚悟しておきましょう。

面接は現地で行われる場合が多く、飛行機やホテルは自分で手配しなくてはなりませんし、今の仕事を長期で休む必要もでてくるからです。

転職エージェントがそういったこともサポートしてくれますから、どうせ利用するなら徹底的に利用しましょう。

ビザ取得、住居の手配、情報入手

現地採用で企業から内定を貰った場合はビザの取得、住宅の手配などが必要ですし、現地の情報も入手していかなくてはなりません。

勤めることになる会社によってはそういったことをサポートしてくれる場合もあるんですが、全くない場合もあります。

こういったことも転職エージェントはサポートしてくれますからしっかり頼っていきましょう。これらのことを自力でやるのは大変です。

転職成功には転職エージェント利用が必須、おすすめ転職エージェントは?

ここまででもわかるように、海外勤務を目指して転職活動をするなら転職エージェントの利用は必須。ただ転職エージェントの中にも海外勤務に強みをもっている会社がありますのでそういったところを使っていきましょう。

JACリクルートメント

海外勤務に対して最も強いのはJAC Recruitment 。

日本のグローバル企業や外資系企業も多いですし、現地の海外求人も豊富。

元々海外発祥の転職エージェントであり、海外にも拠点があるので海外転職に関しては相当強いです。

またここはサポートがかなりしっかりしていると評判が高いですし、内定後のサポートは充実しています。

公式:JAC Recruitment 

リクルートエージェント

もう一つがリクルートエージェント 。

転職エージェントとしては日本最大手であり、そもそもの求人数が多く海外勤務や現地採用に関する求人も豊富に揃っています。

またエージェントとしてもかなりグローバル企業に力を入れている傾向にあります。

大手だけあって実績が多いので、安心して利用することができるでしょう。

先ほど紹介したJAC Recruitment は対象が30代で年収600万円以上の人がターゲット層ですが、ここは広く扱っているので、条件に達しない人はこちらを利用するのがいいと思います。

公式;リクルートエージェント 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ