仕事から帰って寝るだけ、休日に寝るだけの生活は早く抜け出したほうが良い。息抜きができない状態は危ない

仕事から帰って寝るだけ、休日に寝るだけの生活は早く抜け出したほうが良い。息抜きができない状態は危ない

残業も長くて平日は帰っても寝るだけになっている。1週間の疲れが溜まっていて休日は寝るだけになっている。

そうなってしまってはいませんか?

仕事が楽しくて楽しくて仕方なくて別にそれでも特にストレスが溜まっていないという人であればいいのですが、大半の人はプライベートの時間が全然とれないことで大きなストレスを感じてしまっていることでしょう。

ただ、本当に今のままでいいのでしょうか。

このまま働いていると、気が付けば1年、気が付けば5年、気が付けば10年とあっという間に時間がたち、仕事だけの人生だったと後悔することになってしまうかもしれません。

関連:仕事を辞めたい。まずすべきは転職したいのか改善したいのか、転職できるのかを知ることから

関連:毎日残業で21時、22時過ぎることが当たり前。やっぱりきついし転職を考えてもいいんじゃない?

仕事だけの人生はつまらない

毎日朝早く起きて同じ職場に行き、毎日同じ仕事をして、夜遅く帰って寝るだけ。気が付いたら1週間たっていて、気が付いたら1ヶ月たっていて、気が付いたら1年たっていたなんてことはありませんか?

人にもよるでしょうが、私はその人生を楽しとは思えません。もし仕事自体が楽しくてもです。

仕事がも楽しくできて、かつプライベートも充実しているというのがやっぱり良いです。プライベートの時間が充実すからこそ仕事も充実します。

ただ、そうは言っても社会人として働いていると難しい部分はあります。実際、約7割の人は帰って寝るだけになってしまっているそうです。

リフレッシュは上手くやらなきゃだめ

約7割の人は、帰ってから寝るだけの生活になっているみたいですが、実際は時間が全くないわけではないということも多いみたいです。

ただ、仕事の疲れから何もやる気がおきなくてだらだらするだけになっている人がたくさんいます。休日も同様で、疲れているという理由から何もできずにいる人が多いです。

ただ、これではあまりリフレッシュにはならず、逆にストレスを溜めるだけになってしまいます。

リフレッシュするには意識的に何かしないとなかなかできません。あえて遊びの予定、趣味の予定をいれてみたり、疲れている時だからこそあえて体を動かしてみたり。

何も考えずにだらだらしているだけだと、仕事以外何もしてない、会社に行って帰って寝るだけの人生だと強く感じてしまいますが、あえて意識的に何かをやることで、その思いは薄れていきます。

睡眠時間を削ってはだめ

仕事から帰って寝るだけの生活になる原因が、疲れていて何もやる気力がないことが原因ではなく、

単に毎日残業が長かったり、休日も少なかったりして時間がないという原因の場合はよく考えたほうがいいかもしれません。

そういった人が時間をつくろうとすると、まず思いつくのは睡眠時間を削ることです。確かに睡眠時間を削ることで、何か違うことに時間は使えるようになるでしょう。

しかし、睡眠時間を削るというのあなたの健康にかなりのリスクがあることであって、決しておすすめできるものではありません。そして疲れはとれずにストレスも溜まり、もっと辛いことになりかねません。

必要以上に睡眠をとる必要はありませんが、最低限必要な睡眠まで削るようなことになっているならば、そ

にもそも仕事自体を考え直す必要があります。

毎日何もできない時間まで残業があるなら転職も考えたほうが良い

もしもあなたが毎日何もできない時間まで残業しなくてはいけない状態にあるならば、それ異常なことです。

毎日22時、23時まで残業なんて、普通の残業時間ではありません。

もしもそれが原因で帰って寝るだけの生活になっていることに不満があったり、それが原因で嗣明時間を削るような事態になっているならば、できるだけ早く転職して仕事を変えることも考えてみてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:仕事に追われる毎日にストレスを感じた時の対処法

関連:上司からのサービス残業の強要は当然違法。絶対にさっさと転職したほうが良い


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ