転職タイミングで大事なのは需要の高さ。時期、年齢、何年目か、理由がどうかではない

転職タイミングで大事なのは需要の高さ。時期、年齢、何年目か、理由がどうかではない

いつかは転職したいと思っていて、ベストなタイミングを見計らっているなんてことを考えていませんか?

ただ、タイミングを見計らいすぎて先延ばしをしていると、いつの間にか絶好のチャンスを逃すことになるかもしれません。

関連:こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと

転職タイミングを決める要素は色々ある

転職のタイミングを決める要素には色々なものがあります。

できるだけ良い会社に入りたい、タイミングを間違えて無駄に職歴を増やしたくないと考えていると、つい考えすぎてしまいます。

まずはタイミングを決めるものにどういったものがあるかを考えていきましょう。

年齢

転職しやすいかどうかは、年齢に大きく左右されるのは間違いありません。

一般的にはある程度のスキルが身についていて、かつまだまだ若さもある20代後半が一番転職がしやすいという風に言われています。

ただ、どういった転職をするかによっても変わり、未経験職種への転職であればできるだけ早い段階で転職したほうがいいし、逆により深いスキルを武器にした転職であれば30代のほうが有利になる場合もあります。

何年目か

基本的には勤続年数が長いほうが転職市場において高評価を得られ、一度転職して、またすぐ転職するのはあまり好まれません。

新卒入社3年以内であれば第二新卒として転職することになります。第二新卒者の需要は年々高まっている為、これまでの3年は働けという考えはあまりなくなっており、気にする必要はないでしょう。

転職時期

転職市場では、3月、9月に求人が増加する傾向にあり、このタイミングであれば選択肢としては増えます。

ただ、この時期は転職希望者の数も同様に増える為、倍率が下がるわけではありません。

他にも、ボーナスを貰ってからがいいから8月や1月といった考え方もあります。

転職理由

転職のタイミングを考える際には転職する理由でしっかりしたものがあるかないかというのもよく言われることです。

ただ不満があるからという理由ではなく、やりたいこと、実現したいことが明確になった時こそが良いタイミングだと言えるでしょう。

現在の仕事の状況

今働いている会社にできるだけ迷惑をかけないようにしようと思ったら、繁忙期やプロジェクトの途中に転職するのではなく、閑散期になったり、プロジェクトがひと段落したタイミングのほうが良いでしょう。

プライベートの都合

女性の場合であれば、出産も気にしなくてはなりませn。

出産となると産休、育休をとる必要がでてきますから、いざ妊娠してから転職となると採用してくれる企業はあまり多くはありません。

出産後であっても子供が小さいうちだと時短勤務をする必要があったり、頻繁に会社を休む必要もでてくるのでやはりあまり好まれません。

できれば出産する1年以上前に転職しておいたほうが良いでしょう。

需要の高さ

求人が多いかどうかは、社会全体的に人材の需要が高いかどうかにも大きく関係します。

好景気であれば人手不足になる企業が多く当然需要としては高まりますが、逆に不況となると社内に人材があまってしまう為、あまり中途採用を行いません。

それに反して不況の時ほど転職希望者は増える為、倍率としてはかなり高くなります。

一番影響が大きいのは需要の高さ!

ここまで紹介した転職タイミングを決める要素ですが、これらの要素で最も影響が大きいのは圧倒的に需要の高さです。

今は有効求人倍率が非常に高いですが、リーマンショック時はかなり低く、転職希望者は非常に多いのに求人数が非常に少なくなってしまいました。

転職エージェントを利用しても紹介できる求人がないと言われてしまった人も少なくありません。

いつか転職したいと思っているならば、そのことを何より考えなくてはいけません。

需要がなくなれば優秀な人でも転職はしにくい

不況になり、人材の需要が低くなってくるといくら優秀な人であっても転職はしにくくなります。

需要が低くなると当然倍率は高くなります。すると、優秀な人が数少ない中途採用の枠を争うことになりますから、当然転職できない人もでてきます。

条件面も全然違う

景気が良い時と不況の時では、転職時の条件面も大きく異なります。

好景気で売り手市場になっていると、ある程度高い条件を提示しなくては、優秀な人が他社に流れて行ってしまう為、なんとか確保しようとそれなりに高い条件を提示してくれます。

しかし不況で買い手市場となると、条件を下げても他に流れて行ってしまう為、無駄に条件を上げるなんてことはしません。

タイミングを考えすぎるとチャンスを逃すだけ

年齢がまだ低い、勤続年数がまだ少ない、今の仕事が忙しいなどの理由から、せっかくの売り手市場である今のタイミングを逃してしまうと、結局よりいっそう転職しにくくなっているだけかもしれません。

人材の需要の高さは必ず変わります。今のような状態は絶対にずっとは続きません。

全てが揃ってからなんて考えているとせっかくのチャンスを逃すだけなのです。

一旦不景気になると、しばらくは回復しませんから、また好景気になるのを待っていたらただ年齢が高くなってしまっているだけになります。

だからこそ、せっかく今は非常に転職しやすい時に転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

転職活動を進めるにあたり、とにかく利用できるものは面倒くさがらず全部利用しましょう。。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:人手不足の業界ランキング。就職するかしないかはあなた次第。

関連:29歳は転職回数が2回目なら問題なし。20代のうちに転職するほうがメリットは大きい


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ