転職には何が必要?間違った準備をしてはいけない

転職には何が必要?間違った準備をしてはいけない

転職したい!そう思った時、あなたはまず何をしますか?

これまで一度も転職活動をしたことがない人にとって、よくわからないことも多いですよね。

そこで、今回は転職活動に向けて準備するものや間違った準備の仕方について紹介します。

関連:転職のきっかけは?実際に転職活動を始めた理由。

関連:転職の流れ。あまり細かいことは気にせずとりあえず始めることが大事。

関連:転職しようと思ったら何社くらい受ける?平均応募社数や少なく済ませるコツ

転職活動の準備、何をすればいい?

転職活動を始めようとした時、それほど準備することはありませんし、準備に時間をかける必要はありません。

目的、スケジュールを明確にする

まずは、なぜ転職するのか、いつまでに転職活動を終わらせるのかという、目的やスケジュールを明確にすることから始めましょう。

転職活動を始めると、最初の目的が曖昧になりがちで、転職することよりも転職活動を終わらせることを重視しがちです。

そうなってしまうと良い転職はできません。

目的がぶれないように、最初に明確にするようにしてください。

次にスケジュールですが、これが明確になっていないと、ついだらだらしてしまい、転職活動が長期化してしまいがちです。

短期間で効率よく転職活動を終わらせる為にも、最初に決めておきましょう。

転職サイト、転職エージェントへの登録

転職活動を行う為に必要となるのが転職サイトへの登録、転職エージェントへの登録です。

転職サイトでは、転職する上で絶対に必要となる求人情報を見て応募することができますし、転職ノウハウも掲載してくれています。

転職エージェントは、無料で転職のサポートをしてくれますエージェントが専任でついてくれて、その人の経歴、希望に応じた求人を紹介してくれたり、履歴書の添削や面接の練習といったこともしてくれます。

今では、非常に多くの転職サイト、転職エージェントがありますが、使っておきたいものについては後述します。

転職の実態を知る

転職活動を始めるといっても、そもそも転職活動ってどうなの?っていうことも知っておきたいですね。

知っておくことで、イメージを掴みやすく、不安な気持ちも軽減されます。

転職活動の期間、転職活動の流れ、転職の成功率など当サイトでも紹介しているので見てみてください。

参考:転職情報

転職活動で必要なもの

では、次に転職活動を行う上で必要となるものを紹介します。

スーツやかばん

転職活動では、面接に行く際はスーツが必須ですし、スーツに合うかばんもの必要です。

普段からスーツで仕事をしている人であれば、わざわざ準備する必要はありませんが、

普段、ビジネスカジュアルなどの服装で仕事をしている人だと、だいぶ前に買ったスーツしかない人もいるかもしれません。

だいぶ前のスーツだと、体形が変わってしまっている人もいる為、しっかり着ることができるか確認しておいてください。

転職活動において、身だしなみは非常に大切です。

体形にあっていないスーツを無理やり着ていたり、くたびれたスーツを着ていると印象が悪くなってしまうので注意しましょう。

お金

転職活動するにあたり、幾分お金が必要となることもあります。

転職サイトや転職エージェントなどは無料で利用できますが、主にお金がかかるのは面接時の交通費です。

特に遠方で転職を考えている場合だとかなりお金がかかる為、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

間違った転職準備

転職活動しようと思った時に、間違った転職活動をしてしまう人も多いですね。

ただ、無駄な準備ばかりしていると、転職活動には意味がないことに時間をかけてしまって転職活動が長期化してしまったり、無駄なことに力を注いだことで、本来やるべきことができずにいつまでも転職活動できないことにもなります。

とりあえず勉強する

これまでとは違う未経験の業界に転職しようと考えた時、とりあえずその業界についてとりあえず勉強を始める人もいます。

しかし、その勉強が全く無駄なものであることも多いです。

実は全然必要ない知識を身につけていることも多いですし、そもそも転職活動では勉強したからといって全く評価されないことも多いです。

とりあえず資格をとる

転職するには資格があったほうが有利だと盲目的に考えてしまい、とりあえず資格をとる人も多いです。

ただ、転職するにあたり、たとえ資格を持っていても有利になることは少ないです。

ただ、持っているだけでなく、実際にその資格を利用した実務経験がなければ意味がありません。

ですから、とりあえず資格をとることはただ時間と労力、そしてお金を無駄にすることになりかねません。

ただ、職種によっては資格がなければなれないものもあるので、資格取得を目指すかどうかはよく考えましょう。

参考:資格があると転職に有利?取得しても無駄なことが多いので注意

情報収集ばかりする

転職活動をしようと思った時、やたらと情報収集をする人もいますよね。

確かに情報収集することは大切なことです。

ただ、それよりも実際に行動してみたほうがわかることも多いです。

ですから、わからない部分があってもとりあえず進めてみることが大切です。

実践してみることが第一

転職活動するにあたり、準備に時間をかける必要はありません。

とりあえず始めて見ることが大切です。

必要な情報は、転職活動を進めながら知っていけばいいですし、転職エージェントを利用すれば、わざわざ自分で調べなくてもすぐに教えてくれます。

いくら知識だけつけても転職はできませんから、まずはとにかく転職活動を始めてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職エージェントと面談時の服装や場所、準備物、その他注意すべき点は?

関連:転職サイトのスカウト機能、使い方や評判、返信方法など


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ