嫌いな上司、嫌いな先輩と上手く付き合う方法

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

不満を言う前にやってみよう。上司、先輩と上手く付き合う方法

楽しく会社生活を送ることができていますか?

会社生活を送っていて悩ましいのが上司や先輩の存在。

自分も好きになれる、尊敬できる上司や先輩に恵まれれば、楽しい幸せな会社生活を送ることができますが、現実はそう甘くないもの。

上司、先輩というものは自分では選べないものであり、嫌いな上司や先輩にあたってしまうなんてこともおおいにあります

性格的に苦手な人もいれば、パワハラをしてくるようなひどい人にあたってしまうこともあることでしょう。

ではそういった場合、どういったことができるでしょうか?

多くの人はただ我慢しているだけでしょう。確かに我慢は必要です。しかしそれでは精神的にどんどんしんどくなっていくだけです。

そこで視点を変え、自分で何かを変えていくことを考えてみてはどうでしょうか。

今回は嫌いな上司や気が合わない先輩と上手く付き合う方法について紹介します。

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

関連:嫌われる人の特徴や性格。当てはまっていませんか?

スポンサーリンク

嫌いな上司、先輩ってどんな人?アンケート結果。

webR25の「嫌な上司・先輩」の特徴1位は?によると、

嫌いな上司、嫌いな先輩の特徴は以下の通り。

1位:気まぐれで意見、指示がころころ変わる。

2位:短気で怒りっぽい。

3位:相手の立場によって露骨に態度が違う。

4位:失敗を部下や後輩のせいにする。

5位:人の陰口や悪口を言う。

どうですか?こんな上司や先輩なんて嫌われるに決まっていますよね。

ただ、悲しいことにこういう上司や先輩ってよくいます。実際にこういった経験をされて、上司、先輩のことを嫌いと思っている人も多いのではないでしょうか。

上司や先輩もストレスが溜まっていたり、上司のさらに上の人からいろいろ言われたりしていて、大変だということも認識してあげることは必要であるとは思います。

ただ、そういうことがあってもしっかりした意見を持っていて、物腰は柔らかく、部下や後輩を守ってくれる上司、先輩もいるというのは確かです。

そういう人にめぐりあえているのであれば、それは非常に幸運なことです。

ですが、いつまでも同じ上司なんてことは会社生活ではあり得ません。

ただ、私たちはこういった上司や先輩と付き合っていかなければなりません。

会社を辞めてしまうか、上手く付き合っていく必要があります。

スポンサーリンク

嫌いな上司、先輩との付き合い方

嫌いな人なんていない。そんな人いるのでしょうか。

いたとしてもごく少数ではないでしょう。

しかし、あたかも嫌いな人がいないように振舞うことはできるんです。

たとえどんな嫌いな上司や先輩だろうと、上手く付き合っている人って周囲にいませんか?

社会人にとっては非常に大切な能力です。

そういう人ってどういうことをしているのでしょうか。

今回はそういった人たちが、実践していることを紹介してみます。

自分と話していない時の話を聞く。

自分以外の人と話している時こそ、上司や先輩がどういう人かを知るチャンス。

どんなことに対して、怒りやすいか。

どういう仕事のやり方が好きなのか。

そうすることによって、自分がどのように動けばいいかが見えてきます。

また、上司があなたに対して怒る場合、そんなこと聞いたこともないし理不尽だなんてことを思ったことをありませんか?

これは多くの人にとって上司を嫌いになる原因だと思います。

しかし、上司の立場になって考えてみましょう。

あなたにとっては初めて怒られる内容かもしれませんが、上司にとっては他の人に何度も言ってきた内容かもしれない。

何度も言っている結果、最初は穏やかだったけれど、徐々に感情的になってきてしまっているのかもしれません。

特に上司が他の人に怒っている時は耳を傾け、自分はやらないように気をつけましょう

相手の立場を理解する。

嫌いな上司、先輩のアンケート結果1位の気まぐれで意見が変わる、指示が変わるという点。

それは一個人の性格によるものでしょうか。

もちろんそういう場合が多々あります。

しかし、その立場上仕方なくっていう場合も多くあります

部下の立場だと、なかなか上司の責任の重さであるとか、仕事内容だとかは見えないことが多いですが。

上司もおそらく辛いのです。

これを理解すれば、不満もまあしょうがないかくらいに思えてきます。

また、相手の立場にとって不利益であることをせずに済むようにもなりますね。

報告の頻度、タイミングは人によって変える

報告、連絡、相談。

社会人にとって、必須であると教えられませんでしたか?

とても大事なことですが、できない人もいますね。

一方で、これをやりまくってもだめです。

人によって、どこまでの情報を報告してほしいか、どんなタイミングで報告してほしいかって全然違いますよね。

細かな情報まで把握したい人、大まかな情報でいい人。

しっかり人にあわせて報告の量、質、タイミングを見極めましょう

過度な期待をしない

嫌いな上司、嫌いな先輩でよく聞くのが、部下や後輩を守ってもくれないということ。

そもそも守られようなんていう甘い考え捨ててみましょう。

上司だって人間。怒られるのは嫌なんです。

守るということは、自ら盾になるということ。

それができる人のほうがなかなかいませんよ。

ちょっと重たいことがあるとすぐに上司を頼るのではなく、

まず自力でなんとかするということを意識しましょう。

上司だってめんどくさいことや、嫌ながあるとすぐに頼ってくる人間より、独力で何とかしてくれる部下のほうが絶対に気に入ります。

最低限の礼儀は必要。それ以上は人次第。

会社員として、上下関係がある中での最低限の礼儀は絶対に必要。

これは当たり前のことです。

ただ、過度にやりすぎていませんか?

人によって、

ガチガチの敬語で、しっかりとした上下関係がわかる方が好きな人もいますが、

軽めの敬語で、フレンドリーに話す人を好む場合もあります。

やりすぎると、相手に不快感を与えてしまいますが、

相手の性格を理解し、それにあわせて適度に使いこなすことによって、

気に入られるようになってくるはずです。

スポンサーリンク

嫌いな上司、先輩にどうしてもうまく対処できない場合

どんなに頑張っても嫌いな上司と上手くやれない、嫌いな先輩を好きにはなれないというのはあります。

世の中には、色々な人がいて、普通では理解できないことも多いはず。

そんな時に、ずっと我慢し続けて、精神的に追い込まれてしまってはどうしようもありません

そうなる前に、思い切ってやってみましょう。

さらに上の人か同等レベルの人に話す

なかなか話せないものですが、思い切って話した結果、事態が好転した話をよく聞きます。

直属の上司や先輩と上手くできないのであれば、もうしょうがない。

いざ、ちくりましょう。

ただ、理由はしっかり持ちましょう。

何が嫌なのか。

何が嫌いなのか。

ただなんとなく嫌いでは、誰も相手にしてくれませんし、むしろあなたが嫌われます。

思い切って転職する

嫌いな上司だけの問題ではなく、会社全体がおかしかったりする場合もありますので、思い切って転職活動を始めてみるのも手です

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

嫌いな上司、嫌いな先輩もあなた次第

会社生活を送っていると、色々な人と付き合っていかなくてはなりません。

嫌いな上司や嫌いな先輩とも付き合っていかなくてはなりません。

中にはどうしようもないことも多くありますが、自分が変わること、実践してみることでよくなることもまた、多くあります。

上司が嫌い、先輩が嫌いと文句を言うだけではなにも変わらないです。

まずはやれることをやってみましょう。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:仕事を検索してみるメリットや仕事の検索の仕方、求人を見なければ何もわからない

関連:厳しい上司にあたってしまったら、上司が何の為にしているか考えてみる



このページの先頭へ