女性にとって正社員になるメリットは?メリットがないと思っている人は現実を知るべき

女性にとって正社員になるメリットは?メリットがないと思っている人は現実を知るべき

男性に比べると女性は正社員ではなく派遣社員や契約社員といった有期雇用の非正規社員として働く人の割合が高くなっています。

もちろん非正規社員には非正規社員のメリットもあるので、非正規社員として働くこと自体が問題あるわけではありませんし、そういった働き方の方が良い人もいます。

ただこれと言った理由がないのであれば、やはりできる限り正社員で働くべき。

今回はその理由について紹介していきます。

関連:女性が働きやすい会社に転職する為の方法。将来を見据えて今のうちに転職を!

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと

女性にとって正社員になるメリットはない?

派遣社員や契約社員として働く理由として人によって様々な理由がありますが、そのうちの一つの理由として「正社員として働くメリットがない」と考えている人は少なくないと思います。

給料はさほど良くない、場合によって派遣社員として働いた方が良いことだってある。

仕事の責任は重くなるし残業も多い。会社によっては残業代を満額貰えない場合だってある。

だったらわざわざ就職活動、転職活動で大変な思いをして正社員になるより派遣社員や契約社員として働く方がましだと考えている人がいるでしょう。

ただ本当に正社員として働くメリットはないのでしょうか。

実は女性でも正社員になるメリットは大きい

いつまでもフルタイムで働くわけではないから長期的に考える必要はなく、わざわざ正社員になるメリットはない。

女性の中にはそんな考え方をしている人もいますが、決してそんなことはありません。

女性でも正社員になるメリットは大きいです。

専業主婦になる人は少ない

まずそもそも専業主婦になる人自体が少なく、結婚、出産しても共働きとして働く人の割合が非常に高くなっています。

厚生労働省の「専業主婦世帯と共働き世帯の推移」によると現在は専業主婦世帯が687万世帯であるのに対し、共働き世帯は1,114万世帯。

6割以上は共働きとなっているのです。

ですから女性であっても、長期的に働き続けることを意識した上で仕事を選ぶのは必須。

仕事の安定性や待遇などでのメリットは女性と言えども意識するべき点なのです。

またそもそも結婚できなかったり、離婚することになる可能性だってあります。

現在女性の生涯未婚率は14%。7人に一人は生涯独身です。

そして離婚率は35%。3人に1人が結婚しても離婚してしまうのです。

正社員として働いている人の方が好印象

正社員として働いている人、派遣社員や契約社員として働いている人、男性が好印象を抱くのは前者であるというデータがあります。

また結婚後も正社員で働き続けて欲しいという人の割合は5割以上にのぼっています。

専業主婦になりたいと思っている女性にとってみると悲しい結果かもしれませんが、平均年収は下がり男性一人の給料で生活していくのは中々厳しい現実があるのです。

産休、育休、時短勤務をとりやすい

出産時の為の産休、子育ての為の育休、育休復帰後の時短勤務。

これらは法律で定められた制度であり、労働者は取得することが可能です。

そして産休中は3分の2、育休中は180日目まで67%、181日目から50%の手当もでるので生活費の補填になります。

派遣社員や契約社員であってもこれらの制度を取得することはもちろん可能なのですが、非正規社員の場合だと条件がつきます。

  • 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されている
  • 子どもの1歳の誕生日以降も引き続き雇用されることが見込まれる
  • 子どもの2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでない

非正規社員でこの条件を満たすのは正直難しい場合が多数。

結局辞めるしかなくなってしまい、手当も貰えない。そんなことが起こりうるのです。

出産後に正社員になるより、復帰する方が楽

正社員になることを考えると、出産する前よりも出産した後の方がかなり難易度が増してしまいます。

育休の取りやすい会社で正社員として働いておいて復帰する方がよっぽど楽なのです。

正社員だからと言って仕事がきついとも限らない

もちろん派遣社員や契約社員としては働くことにはメリットがあります。働く時間、場所も選びやすいですしね。

ただもし仕事がきついから、残業が多いからという理由でメリットがないと決めつけて正社員にならないのであればそれは間違い。

正社員だからと言って必ずしもきついとは限りませんし、残業がない仕事だってありますし、出産後も安心して働き続ける会社もあります。

ですからまずは正社員を目指すべき。

今正社員として働いている人は安易に派遣社員等にならず正社員として働くことができる仕事から探してみるべきだし、今派遣社員や契約社員として働いている人は早めに正社員に転職するべきです。

もちろん働きやすい環境が整っている正社員の仕事に転職するのは簡単なわけではありません。

ただ最近は人手不足を背景に転職市場がかなりの売り手市場となっていますから、理想通りの仕事を見つけることができる可能性は増えているのです。

正社員の転職に向けて

正社員への転職を目指すなら転職サイト、転職エージェントを有効活用していきましょう。

特に転職エージェントは転職活動全般のサポートを無料で行ってくれるのでおすすめです。

転職エージェントは何となく敷居が高いように感じてしまっている人もいるようですがそんなことはありません。

派遣社員である人はもちろん、フリーター等で職歴がない人だって利用できるものがありますから、ぜひ活用してください。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。



このページの先頭へ