女性が働きやすい会社に転職する為の方法。将来を見据えて今のうちに転職を!

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

転職時には年収や休日数などの労働条件ととおに働きやすさも気になる点。

特に女性の場合は仕事をしていく中で、男性にはあまりない悩みもあるので、よりいっそう気になる部分であり、気にしなければいけない部分です。

そこで今回は女性が働きやすい会社に転職する方法について紹介していくことにします。

関連:20代女性が転職した時にありがちな失敗事例。勢い任せの転職は失敗の可能性大。

関連:27歳女性の仕事事情、転職事情。将来に向けて今やるべきことは?

会社によって女性の働きやすさは全然違う

残業が少ない、給料が高い、休みが多い。こういった点は会社を選ぶ際にとても重要なものです。

ただこういったことが満足できるような会社であったとしても、それだけで転職先を決めてしまうのは危険。

女性にとっての働きやすさという観点で見ると重要なことは他にもあり、それは会社によって大きく異なる部分です。

育休や産休の充実度

結婚、出産後も働き続けることを考えているならば必ず気にしなくてはいけないのが育休や産休の充実度。

産休は予定日の6週間前(多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週間は就業させていけないと労働基準法第65条で定められており、育休は子供が原則1歳になるまでの間で労働者が希望した期間はとらせなければならないと育児・介護休業法5条、6条によって定められています。

そしてその間は給料がでませんが、健康保険、雇用保険に加入していれば給料の約3分の2の手当を受け取ることができます。

法律で定められているので会社がとらせないなんてこともできませんから、どこの会社でも同じではないかと思われるかもしれませんが、実はそうでもないのです。

会社によっては妊娠するといわゆるマタハラが行われ退職を余儀なくされたり、育休を最大限まで取ろうと思っていても取りにくい雰囲気で取れなかったりする会社もあります。

逆に良い会社だと育児休暇を法律で定められた期間以上取ることができたり、雇用保険からでる手当以外にも手当を支給してくれたり、保育所やベビーシッター利用時のお金を負担してくれるような会社があります。

女性社員に対する周囲の態度

職場によっては女性に対してあまり喜ばしくない態度をとることが当たり前となっている場合もあります。

本来は男性であろうと女性であろうと関係なく業務に当たらせるべき。

しかし未だに女性だからといって、本来あたるべき業務をやらせてもらえずに雑用ばかりをやらせたり、ミスした時も女性だからなんてことを言ってきたり、出世に差をつけられたりといったことが行われてしまっている場合もないわけではありません。

女性同士の人間関係

女性の割合が著しく高い会社であれば、女性を男性よりも低くみるなんてことは少ないでしょう。

ただ女性が多い職場だと、それはそれで大変なこともあります。

特に人間関係。ちょっとしたことで関係が悪くなるかもしれない、関係が悪くなるとかなり大変ということで常に気を使い疲れてしまうなんてこともありますね。

女性が働きやすい会社に転職する為の方法

ではこれから転職しようと考えている女性は、どうすれば働きやすい会社に転職することができるのでしょうか。

重要なのは入社する前にしっかり会社を見極めること。

そこでここでは転職前に働きやすい会社を見極めるいくつかのポイントを紹介していきましょう。

女性の平均年齢や勤続年数を調べる

女性の場合、結婚や妊娠、出産、育児などの理由から男性に比べて退職する割合は高くなっている為、平均年齢は男性よりも低く、勤続年数も短い傾向にあります。

ただ女性が働きやすい会社だとこういった女性が退職する割合は下がる為、女性の平均年齢は上昇、勤続年数は長くなっていきます。

もちろん女性がある程度の人数いないと傾向はつかめないし、会社自体ができてから短いなら勤続年数が短いのも当たり前ですから、絶対に信頼できるというわけではありませんが、ある程度の予測をすることはできるでしょう。

女性役員、女性管理職の割合を調べる

女性役員や女性管理職の割合も働きやすさを考える上でヒントになります。

女性が出世しているということは、女性という理由で男性よりも下に見られるわけではないという可能性が高くなりますからね。

内閣府男女共同参画局によると、女性の管理職の割合は以下の通り。

  • 部長相当・・・4.9%
  • 課長相当・・・7.9%
  • 係長相当・・・14.4%

これを一つの指標として、比較してみると良いでしょう。

会社としての取り組みを調べる

経済産業省は多様な人材が活躍することができるようにとダイバーシティ経営を推進するようになり、特に女性の働き方改善に力を入れており、「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を「ダイバーシティ経営企業100選」として表彰しています。

この方針の元、多くの企業が様々な取り組みをするようになっていて公表もしているのでそういったものも調べてみると良いでしょう。

具体的には女性管理職を倍増させる、在宅勤務やフレックス制度などの充実、福利厚生面の充実といったものが挙げられます。

女性社員の割合を調べる

女性社員の割合は高ければ良いというものでもないし低ければ良いというものでもありません。

人によってどちらが良いというのも変わってきますからね。

ただ自分が働くことを考えた時に、どちらが働きやすいのかを考える為にも女性社員がどれほどいるのか、割合は調べるようにしましょう。

産休、育休、時短勤務実績を調べる

産休や育休は先ほど述べたように義務であるし、育児の為の短時間勤務もまた法律で定められた義務となっています。

しかし先ほども述べたように利用のしやすさは企業によってかなり異なってくる為、どれほど実績があるのかを調べる必要があります。

出産しても復帰し働くことができること。女性が働く上でこれはとても重要なことです。

情報収集には転職エージェントを利用

ここまで挙げたことは求人票には書かれていない場合が多いですし、書かれていたとしてもそれが事実かもわかりません。

人を集める為に育休がとりやすいなんて書いていても、実際は全くそんなことがないなんてこともよくあることです。

ですので情報収集をする為にも転職エージェントを利用することをおすすめします。

企業に直接聞くことができないことでも、転職エージェントを利用していれば担当者が聞いて確認してくれる為、知りえない情報を簡単に得ることが可能となります。

また他にもメリットは多く無料で使うことができますから、ぜひ活用してください。

最後に

女性が働きやすい社会が整っているかと言うとまだまだな部分が多いのは事実。

しかし徐々に改善傾向にあり、多くの企業が働きやすい会社にする為に様々な工夫をしています。

だからこそ現在の会社が全くそうではないなら、転職活動をスタートさせ、長く働くことができる働きやすい会社を見つけましょう。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ