ジョブホッパーは悪いことではない。意味ある転職には価値がある

ジョブホッパーは悪いことではない。意味ある転職には価値がある

入社3年以内の離職率は大卒者でも3割以上ありますし、3年を超えてから経験者として転職する人もかなりの割合いて、以前の新卒入社した会社で定年まで働き続ける人はかなり少なくなっています。

また、複数回転職することも決して特殊なことではなく、5回以上の転職をする人も実はそれなりにいます。

ただ、転職を繰り返している人、転職回数が多い人というのは世間一般から見ると悪いことであるというイメージが強く、実はそのイメージの悪さでせっかくのチャンスを見逃してしまっている人もいます。

関連:転職を繰り返す人の特徴や繰り返してしまう理由、どうすれば長く続けられる?

関連:転職回数が多い不利な状況を挽回する為に必要な転職活動の準備

ジョブホッパーとは?

スキルアップ、年収アップなどを求めて繰り返し転職することをジョブホッピングといいます。そして、そのジョブホッピングする人のことをジョブホッパーと言われています。

欧米を中心によりよい条件を求めて転職することは、当然の権利として受け入れられていることですが、日本の場合はあまり良くないイメージを持たれており、一つの会社で長く働き続けることが正とされている風習があります。

ジョブホッパーに対するイメージと事実

現在の日本においては、ジョブホッパーという言葉自体が否定的に使われる場合がほとんどです。しかし、実際は先入観からそう決めつけている場合も多く、事実とは異なる場合も多々あります。

ジョブホッパーに対するイメージ

日本において、転職を繰り返し転職回数が多い人に対するイメージは悪く、転職時においても過去の転職回数が多いというだけで本人の能力関係なく不採用とする場合があります。

その理由には、「またすぐ辞める可能性が高い」、「転職を繰り返していてスキルが身についていない」、「ストレス耐性が低い」、「不満を感じやすい」といったものがあります。

ジョブホッパーの事実

実際、ジョブホッパーと言われている人の中には、上述したイメージ通りにストレス耐性が弱かったり、人間関係などで不満を感じることで仕事をすぐ辞め、転職を繰り返す人がいます。

そして転職を繰り返すたびに年収が下がり、労働条件も悪くなってしまっていった、一つの会社でスキルを極めていないから能力が低いままという事例も少なくはありません。

ただ、そういった人達が全てがありません。

中には、転職する度に年収がアップしていく人もいるし、複数の会社を経験することで同年代の人に比べて圧倒的に高いスキルを身につけた人もいます。

前向きに考えて転職をしている人は、ジョブホッパーのイメージであるストレス耐性が弱いだとか、能力が低いだとかは全くあてはまらない場合も他ああるのです。

一部の会社ではそのことを認識し、転職の回数だけで採用可否を判断せずに、過去の転職の内容や糸、そしてその人自身の人間性を見てくれることが増えていっています。

何も考えず働く人、前を向いて働く人のどちらがいいか

確かに会社にとってみたら、ある程度まで仕事ができるようになって成果をあげることができるようになったら長く働いてもらったほうがありがたいし、技術を持った社員が転職することで技術が外の漏れてしまうのではないかという懸念もあります。

しかしそれはあくまで会社目線であり、労働者目線ではありません。

そもそも、年収にしろ労働条件にしろスキルアップにしろ、一つの会社にいてできることは限られています。

いくら成果をあげたところで給与体系が決まっていてそれほど昇給しなかったり、労働条件はそもそも変えることができません。スキルはある一定まで身につけてしまうと、それで十分仕事をこなせてしまう為、それ以上何かを身につけるということができにくい環境にあります。

よりよい条件、より高い成長を望んだならば、転職するしか道はないのです。

もちろん一つの会社で働き続け、貢献しつづけるというのは、それでそれでいいことでしょう。

ただ、不満を感じながらもただ何も考えずに同じ会社で働き続ける人と、前を向いて転職をしていく人であれば、断然後者のほうが良いのではないでしょうか。

意味のある転職ならどんどんすべき

もしあなたが転職しようかどうかを迷っていて、その転職にしっかりとした意味があるのであれば、転職回数が増えて職歴を汚すことになるなんてことは考えずに挑戦してみればいいと思います。

ありがたいことに転職活動は期限もないし、会社に行きながらでもできることです。

目的があり、その目的を達成できる会社から内定を貰えば転職することにすればいいだけですからリスクはそれほど高くはありません。

ある人は、転職を4回した結果、年収400万円が最終的に1300万円になったなんていう例もあります。同じ会社で働き続けていても、おそらくは実現できなかったことでしょう。

まずはやってみる。それが一番大切なことだと思います。

転職活動をすすめるにあたり、転職サイトや転職エージェンはしっかり有効活用するようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:転職回数の平均はどれくらい?実は転職している人は多く、していない人は少ない

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ