ジョブホッパーは悪いことではない。意味ある転職には価値がある

ジョブホッパーは悪いことではない。意味ある転職には価値がある

入社3年以内の離職率は大卒者でも3割以上ありますし、3年を超えてから経験者として転職する人もかなりの割合いて、以前の新卒入社した会社で定年まで働き続ける人はかなり少なくなっています。

また、複数回転職することも決して特殊なことではなく、5回以上の転職をする人も実はそれなりにいます。

ただ、転職を繰り返している人、転職回数が多い人というのは世間一般から見ると悪いことであるというイメージが強く、実はそのイメージの悪さでせっかくのチャンスを見逃してしまっている人もいます。

関連:転職を繰り返す人の特徴や繰り返してしまう理由、どうすれば長く続けられる?

関連:転職回数が多い不利な状況を挽回する為に必要な転職活動の準備

ジョブホッパーとは?

スキルアップ、年収アップなどを求めて繰り返し転職することをジョブホッピングといいます。そして、そのジョブホッピングする人のことをジョブホッパーと言われています。

欧米を中心によりよい条件を求めて転職することは、当然の権利として受け入れられていることですが、日本の場合はあまり良くないイメージを持たれており、一つの会社で長く働き続けることが正とされている風習があります。

ジョブホッパーに対するイメージと事実

現在の日本においては、ジョブホッパーという言葉自体が否定的に使われる場合がほとんどです。しかし、実際は先入観からそう決めつけている場合も多く、事実とは異なる場合も多々あります。

ジョブホッパーに対するイメージ

日本において、転職を繰り返し転職回数が多い人に対するイメージは悪く、転職時においても過去の転職回数が多いというだけで本人の能力関係なく不採用とする場合があります。

その理由には、「またすぐ辞める可能性が高い」、「転職を繰り返していてスキルが身についていない」、「ストレス耐性が低い」、「不満を感じやすい」といったものがあります。

ジョブホッパーの事実

実際、ジョブホッパーと言われている人の中には、上述したイメージ通りにストレス耐性が弱かったり、人間関係などで不満を感じることで仕事をすぐ辞め、転職を繰り返す人がいます。

そして転職を繰り返すたびに年収が下がり、労働条件も悪くなってしまっていった、一つの会社でスキルを極めていないから能力が低いままという事例も少なくはありません。

ただ、そういった人達が全てがありません。

中には、転職する度に年収がアップしていく人もいるし、複数の会社を経験することで同年代の人に比べて圧倒的に高いスキルを身につけた人もいます。

前向きに考えて転職をしている人は、ジョブホッパーのイメージであるストレス耐性が弱いだとか、能力が低いだとかは全くあてはまらない場合も他ああるのです。

一部の会社ではそのことを認識し、転職の回数だけで採用可否を判断せずに、過去の転職の内容や糸、そしてその人自身の人間性を見てくれることが増えていっています。

何も考えず働く人、前を向いて働く人のどちらがいいか

確かに会社にとってみたら、ある程度まで仕事ができるようになって成果をあげることができるようになったら長く働いてもらったほうがありがたいし、技術を持った社員が転職することで技術が外の漏れてしまうのではないかという懸念もあります。

しかしそれはあくまで会社目線であり、労働者目線ではありません。

そもそも、年収にしろ労働条件にしろスキルアップにしろ、一つの会社にいてできることは限られています。

いくら成果をあげたところで給与体系が決まっていてそれほど昇給しなかったり、労働条件はそもそも変えることができません。スキルはある一定まで身につけてしまうと、それで十分仕事をこなせてしまう為、それ以上何かを身につけるということができにくい環境にあります。

よりよい条件、より高い成長を望んだならば、転職するしか道はないのです。

もちろん一つの会社で働き続け、貢献しつづけるというのは、それでそれでいいことでしょう。

ただ、不満を感じながらもただ何も考えずに同じ会社で働き続ける人と、前を向いて転職をしていく人であれば、断然後者のほうが良いのではないでしょうか。

意味のある転職ならどんどんすべき

もしあなたが転職しようかどうかを迷っていて、その転職にしっかりとした意味があるのであれば、転職回数が増えて職歴を汚すことになるなんてことは考えずに挑戦してみればいいと思います。

ありがたいことに転職活動は期限もないし、会社に行きながらでもできることです。

目的があり、その目的を達成できる会社から内定を貰えば転職することにすればいいだけですからリスクはそれほど高くはありません。

ある人は、転職を4回した結果、年収400万円が最終的に1300万円になったなんていう例もあります。同じ会社で働き続けていても、おそらくは実現できなかったことでしょう。

まずはやってみる。それが一番大切なことだと思います。

転職活動をすすめるにあたり、転職サイトや転職エージェンはしっかり有効活用するようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職回数の平均はどれくらい?実は転職している人は多く、していない人は少ない

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。



このページの先頭へ