事務職がつまらないから仕事を辞めたい、転職したいと思った時にやるべきこと

事務職がつまらないから仕事を辞めたい、転職したいと思った時にやるべきこと

事務の仕事がつまらない。そんな悩みを抱え、仕事を辞めたい、違う仕事に転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

仕事が楽で残業が少なく、土日にしっかり休むことができるという印象があり女性を中心に就活市場、転職市場で人気のある事務職。

ただいざなってみると、仕事のつまらなさから実際に多くの人が違う職種へと転職しています。

たとえつまらなくても、生活の為、お金の為と割り切ることができる人は良いのですが、なかなかそうもいかない人が多いですよね。

関連記事

 

人気のある事務職、でも実際やってみるとつまらないと感じる人も多い

つまらない仕事をしていると、時間が経つのが遅く感じますしストレスは溜まる一方。辞めたい、転職したいと思うのも当然のことです。

ではなぜ事務の仕事がつまらないと感じてしまうのでしょうか。

事務の仕事がつまらない一般的な理由は以下のものが挙げられます。

ルーチンワーク、単純作業ばかり

毎日簡単な仕事、単純な仕事の繰り返し。自分で考えることもない。

それがまず大きな原因となっている人は多いのではないでしょうか。

一言で事務と言っても会社によって任される仕事の範囲は異なりますが、決まりきった簡単な仕事しか与えられない場合が多いですからね。

いくら楽だと言っても、同じ仕事を毎日毎日繰り返していればマンネリ化してつまらなくなってしまうのは仕方ないことです。

面倒な人間関係

人間関係が面倒なあまりに仕事がつまらないと感じている人も少なくはないと思います。

事務の仕事は基本的に職場から離れることはありませんから、人間関係が上手くいっているか、それとも上手くいっていないか、人間関係に無理をしていないかで感じるストレスは全然違います。

仕事自体はあまり楽しくはないけど人間関係が良いだけで会社に行くこと自体はそこそこ楽しいと思えるようになる場合もありますからね。

話す人がいない、一緒に仕事をする人がいない

事務の仕事をする人が各職場に一人しかいない、周りは男性ばかりなんて人も多いと思います。

それ故に、周りに気軽に話すことができる人がいなかったり、一緒に仕事をする人がいないことがいない為、常に孤独を感じてしまいます。

チームで仕事を行うことは面倒なことも多いし大変なことも多いですが、ある程度は人と関わりながら仕事をした方が楽しいと感じることができるのかもしれません。

キャリアアップの可能性がない

会社によっては事務職でも徐々にスキルや知識を身につけていくことが可能。その結果、キャリアアップにつながることだってあります。

ただそんな会社ばかりではなく、毎日ルーチンワークをこなすだけで10年たっても、20年たってもキャリアアップの可能性がないという場合も多いです。

後者の場合、自分の頑張りが収入アップなど自分のメリットになることがないので仕事に対するモチベーションがどうしても減りがち。

そしてそれが仕事がつまらないという原因になっているという人もいるのではないでしょうか。

つまらないから転職もOK、ただその前にやるべきこと

このような理由からつまらないと感じてしまうことも多い事務の仕事。

現在すでに転職を考えている人も多いでしょう。

中にはそんなのは贅沢だ、甘えだなんて言う人もいるかもしれません。

ただそんな意見は聞く必要なし。つまらないというのは転職する立派な理由です。

毎日8時間もの長時間を耐えるのはかなり辛いし、今のまま時間がたつとなぜ転職しなかったと後悔することになりますからね。

ただ安易に転職を決めてしまって後悔することになる人がいるのも事実。

だからこそ、転職に踏み切る前には以下のことをやらなくてはいけません。

今の仕事に対して真剣に向き合う

今の仕事がどれだけつまらなくても、まずは真剣に取り組んでみてください。

同じ仕事、決まった仕事をこなすだけではなく、何かしら工夫をして効率化をしてみたり、職場の同僚が困っていることを聞き対策を考えて実施してみたり、「最低限」のことをやるだけではなく、自分であえて仕事を増やしてみましょう。

仕事に真剣に取り組めば、自分が何がしたいのかという点も見えてきますし、周りが何をしているかということも目につくようになります。

もしかしたら事務の仕事でも楽しいと思えるようになるかもしれませんしね。

また決められた仕事を一人で黙々とこなしているだけでは、今の自分の仕事に対して不満が増える一方で、よくわからないまま他の仕事に間違った憧れを持ってしまうようになります。

実際はどんな仕事でも悪い部分はありますから、自分以外の仕事に目を向けてみることも心がけてみてください。

つまらないと感じる理由をはっきりさせる

なぜつまらないのか、何がつまらないのかという点は自分の中ではっきりさせてください。

ルーチンワークが嫌なのか。

一人で仕事をするのが嫌なのか。

頭の使わない簡単な仕事が嫌なのか。

この先キャリアアップもできず仕事をすることになるのが嫌なのか。

自分の不満がわからなければ、転職して解消することなんてできません。

まずは真剣に仕事に取り組んだ上で、今の仕事の嫌な点、良い点を一つずつ抑えた上で転職活動に取り組んでいきましょう。

辞める前に転職活動

精神的に追い詰められてこれ以上仕事を続けることができないという場合を除き、転職活動は辞める前に行うようにしてください。

どうせ仕事は見つかるだろう考え、とりあえず仕事を辞めて少し休んでから転職活動を始めようなんてことはおすすめできません。

そんな油断をして実際転職活動をしてみると、希望の仕事に就くことなんてできず、しかも前の仕事よりもかなり待遇が悪い仕事が見つからず仕事を辞めたことを後悔する人が実際にたくさんいるのです。

転職活動を行い、納得できる転職先を見つけてから今の仕事を辞める。

この方が転職のリスクは断然低いです。

事務職から転職するなら転職エージェントを利用しよう

もし転職をする決断をしたならば、だらだらせずさっさと転職活動を始めましょう。

転職活動では転職エージェントの利用がおすすめです。

未経験の仕事に転職する場合も利用可能で転職活動全般をサポートして貰うことができます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ