一般事務の仕事内容、未経験でも転職できる?

一般事務の仕事内容、未経験でも転職できる?

どんな会社でも、一般事務の仕事はたいていあります。

転職市場でも、求人は多くあり、転職を考える人も多いでしょう。

そこで、今回は一般事務の仕事内容や未経験での転職について紹介します。

関連:女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

一般事務の仕事

では、まずは一般事務の仕事について紹介していきましょう。

一般事務の仕事内容

一般事務の仕事内容には以下のものがあげられます。

  • 書類作成
  • 電話応対
  • 来客応対
  • コピー
  • 資料整理
  • 備品管理

ただ、上記に挙げたもの以外でも、会社によって様々な仕事を与えられる場合があります。例えば人事関連、福利厚生関連の仕事をしたり、上司の予定の管理といったが挙げられます。

また、配属される部署によっても、仕事内容は変わってきます。

業界、会社、部署によって、大きく異なるので、一般事務の仕事を探している場合、必ずどういった仕事内容になるのかは確認しておく必要があります。ただ、そこまで高スキルの仕事ではない為、そこまで心配することはありません。

基本的には単調な仕事が多いので、やりがいという面で不満を持つ人もいますが、たとえ単調な仕事であっても、自分でやりがいを見つけることはできます。自分でやりがいを見いだせる人は向いている言えるでしょう。

一般事務に求められる能力

一般事務の仕事をするにおいて、ビジネスマナーが身についていることと、基本的なパソコン操作ができることは必須となります。

まず、一般事務は電話対応、来客対応もするように、会社の顔となる場面が多いです。

誤った対応をすればその会社の評判を落とすことになってしまいます。

次に、基本的なパソコン操作ですが、一般事務はパソコンを使っての資料作成が必要となることがあります。

ですから、それなりののスピードで文字を打つことができるようになる必要があります。

また、オフィス系のソフトとして、ワード、エクセル、パワーポイントを基本的に使える必要があります。

マクロを使うというような高いスキルはいりませんが、グラフを作るくらいはできておく必要があります。

加えて、できれば有利になるスキルや資格としては、英語、簿記検定、秘書検定といったものです。

特に、グローバル企業で働くならば、英語が読める、話せるというのは強い武器になるでしょう。

一般事務の年収

一般事務の年収は、あまり高いことは望めず、200万円から300万円であることが多いです。

月々の給料も20万以下であることが多々あります。

各職種の中でも低い位置にいます。

一般事務は、仕事として難易度が高いとは言えずに、高いスキルも必要ではありません。

その為、どうしても給料は安くなってしまいます。

スポンサーリンク

一般事務への転職

では次に、一般事務の転職について紹介していきます。

未経験でも可能

一般事務は、未経験でも十分転職可能な仕事です。

仕事内容自体は難しいものではない為、たとえ未経験であってもビジネスマナーがあり、パソコンを使えることができるならば、十分採用される可能性はあります。

ただ、最近は一般事務の為に正社員を雇用するのではなく、派遣社員や契約社員を雇用するバイも増えています。

もし正社員を目指しているなら、何かアピールできるスキル、実績、経験を持っておきましょう。

また、資格をとることも一つの方法です。

特にTOEICやマイクロソフトオフィススペシャリストは、仕事に直結するので優遇される可能性が高くなります。

倍率は高い

どんな業種でもあり、求人も多い一般事務ですが、それでも倍率は高いです。

というのも、仕事自体の難易度が低く、仕事自体もハードではない為、人気の職種となっている為です。

転職活動してもなかなか、決まらないということもありえます。

最後に

一般事務の仕事は多岐にわたります。

自分がどういった仕事をするかは、色々な会社を調べてみるといいでしょう。

一般事務の求人はハローワークや転職サイトで探すことができます。

転職サイトは利用することが簡単ですから、まずは転職サイトで色々な会社について調べてみてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

関連:隠れ優良企業はどう見つければいい?転職を成功させるには企業選びが最重要

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ