転職時に行う自己分析の必要性ややり方

転職時に行う自己分析の必要性ややり方

転職活動を始める際に、まずは自己分析からやらなくてはという人もいれば、自分のことはわかっているから自己分析は必要ないと考えている人もいるでしょう。

多くの人が、なぜ就職や転職活動時に自己分析を行うことを求められているのかということを知りません。

そこで、今回は転職時に行う自己分析の必要性ややり方について紹介します。

自己分析とは?なぜ必要?

そもそも自己分析とは何なのか、そして何故必要なのか。

そのことを知らなければ、自己分析はただやるだけの、あまり意味がないものになってしまいます。

まずはその必要性を知りましょう。

自己分析とは

自己分析とは、その名の通り、自分を分析することです。

自分のことはわかっているようで、実はわからないことが多いです。

そのわからない自分を改めて確認していくことが自己分析となります。

自己分析の必要性

転職活動を行う為に必要なことを考えていきましょう。

まず、自分が希望する企業を探すことから始まります。

その後、その企業に応募する為に、履歴書を書き、書類選考に受かれば面接に進むことになります。

応募する企業を探す為には、まず自分がどういったことを希望し、どういった働き方をしたいかということを知らなくてはいけません。

そんなことはわかっていると思っていても、実際に多くの人が自分の希望をよく理解することができずに入社後にミスマッチを起こすことはよくあります。

次に、履歴書や面接ですが、その際には自分のスキルや強みといった自己アピールをする必要があります。

しかし、自分についてよく知らないとアピールできるものがないと思ってしまったり、的外れなアピールをしてしまうことになります。

すなわち、転職を成功させる為には、自分についてよく知ることが非常に大切なことなのです。

転職時の自己分析のやり方

では、実際に自己分析をどう行っていけばいいかという、やり方について紹介していきます。

何を知るべきかをリストアップ

まずは、自分の何を知らなくていけないかということを確認しましょう。

転職時に必要となるものは、以下のものが挙げられます。

  • 自分の強み、弱み
  • 自分の経験、スキル
  • 将来像やキャリアプラン
  • 転職理由

自分の強みや弱み

自分の強みや弱みは、転職先を決める、そして自己アピールを考える上で必要なものです。

強みや弱みは、想像だけではなく、実際にこれまでの仕事を経験した中で、実体験に基づき考えまよしょう。

あらためて自分の仕事ぶりについて考えてみると、初めてわかることもあります。

自分の経験、スキル

これまでの経験やスキルとしてどういったものがあるか、これは自己アピールをする上で必ず必要なものになります。

どういった職種で、どういった仕事を行ってきて、その上でどういった実績を残してきたか、これまでのことを一つずつ振り返ってみてください。

そして、それぞれの仕事に対して、自分なりに評価をつけ、そして仕事に対してのやりがいや満足度をどの程度感じたか、確認していってください。

将来像、キャリアプラン

転職では、過去のことだけではなく、自分が将来どうなっていきたいか、どういったキャリアプランを歩んでいきたいかということを確認しなくてはなりません。

転職活動時によくある間違いが、目の前の不満に対してのみ対処することばかりを考え、長期的な視点で考えることができていないことです。

ですから、5年後、10年後、15年後と、自分がどうなっていきたいのかしっかり考えてください。

転職理由

なぜ転職したいのか、転職理由はあらためて自分で確認しなくてはいけません。

複数あることもありますので、全てを書き出してみましょう。

別に人に見せるわけではありませんから、着飾る必要はありません。

本音部分での会社に対する不満などを書いていきましょう。

社会人としての経験がベース

新卒の場合、一度も社会人を経験していませんから、自己分析はこれまでの生活や趣味といったものがベースになっています。

ただ、実際に働きだすと、その考えが間違っていることも多々あることに気付くことが多いです。

しかし、転職の場合には一度社会人として働いている経験を持っているという強い武器があります。

ですから、自己分析を行う上で最大のベースとあなるのは自分の社会人経験なのです。

これまでの仕事について振り返ることで、自分についてよく知ることができるのです。

診断テストは必要か

リクナビNEXT では自分の強みを調べることができる診断テストをすることが可能です。

他にも、様々な転職サイトで、無料で診断テストをすることができます。

こういったものは、客観的に自分を見ることができる材料として、行ってみるのはいいでしょう。

しかし、その結果を信じすぎて、その結果に従って自分の将来を決めるのはやめましょう。

あくまで、自分で考えなくてはなりません。

診断テストはそのきっかけや確認といったものと捉えてください。

書き出してみることが大事

自己分析を行う際、必ず紙に書くようにしてください。

転職サイトでは、自己分析シートとしてフォーマットがあることもありますが、単なるノートでも構いません。

ただ、頭の中で考えるだけで終わらせずに一つ一つ書き出すようにしましょう。

書くことは、自分の頭の整理につながりますし、後で振り返ることも可能になります。

自分を知ることが、成功につながる

自分についてよく知らなければ本当は成功する力を持っていても、道を誤ってしまい、転職が失敗に終わってしまいます。

ことわざでも「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉があります。

相手を知って、自分について知れば、100回戦っても負けることはないという意味です。

転職も同様で、相手のことを知る企業研究と、自分を知る自己分析は非常に大切なものなのです。

とは言え、自己分析ばかりに時間をかけていても中々転職は進みません。

転職するかどうか迷っている人もまずは、どういった転職先があるか調べてみることが前進につながるでしょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ