仕事が地獄だとしか思えない、でも働くしかないと考えてしまっている人は一度転職を考えてみるべき

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事が地獄だとしか思えない、でも働くしかないと考えてしまっている人は一度転職を考えてみるべき

仕事に行くのが嫌で嫌でたまらない、会社が地獄にしか感じることができず毎日憂鬱でしかない。

もしあなたが今そう感じてしまっているならばどうか辞める、転職するという選択肢を持ってください。

そんな状態ではいつか限界が来てしまいます、いやすでに限界がきているかもしれません。もし耐えることができたとしても、自分の人生を振り返った時に幸せだったと思うことはできないはずです。

関連:仕事が暇すぎる!それは忙しいよりも辛いかもしれない。

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

働くしかないから働いてるけど地獄

仕事が地獄としか思えない。なぜそうなってしまうのでしょうか。

仕事では辛いことがたくさんあります。嫌なこともたくさんあります。我慢しなくてはならない場面もたくさんあるでしょう。

仕事が上手くできなくて上司に怒られてばかり、理不尽な要求ばかりされて常に四苦八苦、同僚との関係が悪く仲間はずれ、残業が多すぎていつも帰るのは終電近く、責任の重い仕事を押し付けられてプレッシャーがきつい、色々とありますよね。

ただそこに何かしら救いがあるか、もしくはいつだってそこからいつでも逃げ出せるという状況にあればそこまで自分を追い込んでしまうようなことはないはず。

そこまで自分を追い込んでしまっているのは、今の仕事では全く救いがないにも関わらず、どこにも逃げ場がないような状態にしてしまっていることが原因です。

とても辛いなら逃げだしてしまえばいい。普通だったらそう考えるはず。ただほとんどの人は逃げようとはしません。

働かなくてはならないからとにかく働き続ける。生活する為に我慢し続けるしかない。そう考えてることによって自分を追い込み続けてしまうのです。

本当に働き続けるしかないのか、働き続けることのメリットはあるのか

ここで一度考えて欲しいのは、本当に働き続けるしかないのか、働き続けるメリットがあるかということ。

確かに生活のことを考えると簡単に仕事を辞めることはできないかもしれません。一切仕事をせずに過ごすことに憧れたとしても、それはできないでしょう。

今の仕事を辞めるとなった時に同時に考えなくてはいけないのが転職のことですよね。

転職に関しては確かにリスクがあることだと思います。

給料が下がってしまうことにはなるかもしれませんし、転職して今より良くなるとも限りません。

ただそのリスクがあるとは言え、現状から脱する唯一の方法。

転職に関する悪いイメージは確かにあるかもしれません。ただ勝手なイメージによってその選択肢を潰してしまうのはいかがなものでしょうか。

冷静に考えれば、働き続けるしかないなんてことはないし、働き続けることにそれほどメリットはないはず。あなたはいつだって辞めることができる状況にあるのです。

変えることを必要以上に恐れて、今のまま変わってくれることを必要以上に期待する。その考え方によって自分で自分を追い込んでしまっていませんか?

淡い期待を持ち続けても意味はない

今我慢すればいつかは変わるはず。はたして本当にそうでしょうか。

もちろんその可能性はゼロではありません。

今はたまたま嫌な上司にあたってしまっているけれど上司が変わって会社生活が一変することもあるでしょう。今の仕事に何のやりがいを感じられなくても、仕事ができるようになったら面白味を感じることができるようになったり、異動して全く違う仕事ができるようになることもあるでしょう。

しかしこれらのことはあくまで可能性。あなたが抱いている期待通りに事が進んでいく保証はどこにもなく、もしかしたら何も変わらず、それどころかさらに悪化した状態で定年まで地獄だと感じながら我慢をし続けることになるかもしれません。

会社が変わるかも、環境が変わるかもというのはあくまで他人任せ、自分でコントロールすることができる部分が少なすぎます。

待ってみたけどだめだったから自分から変えようとは思っても、その頃にはもう手遅れ。ただ待つのは少しリスクが大きすぎます。

辞めてもなんとかなる

地獄だと思いながら仕事を続ける人のほとんどが、今の仕事を辞めることに対するリスクを大きく捉えすぎています。

今の時代、超売り手市場で転職がとてもしやすい状態、転職サイトや転職エージェントなど転職を手助けしてくれるツールはたくさんあり、思ったよりも仕事はすぐに見つかります。

退職金と失業保険でしばらく休むことを選んでもいいかもしれません。あまりに無職期間が長引いてしまうと転職する際に不利になってしまう場合もありますが、半年程度ならあれこれ理由をつければなんとかなるんです。

もちろん転職すると人によっては今よりは多少給料が減ってしまう可能性はあります。ただ地獄と思いながら働くよりは多少給料が減ってもまともな精神状態で働くことができているほうがずっと幸せだと思います。

それでも次の仕事が見つかるかと不安を抱いているなら少なくとも転職活動をしてみてましょう。

便利なサービスがありますから、在職中に転職活動を行うことも十分可能。というか転職する人の大半は在職中に行い転職先を見つけてから前の会社を退職しています。その方がリスクは少ないですからね。

今の仕事で働き続けるしかないというのは正直言ってあなたの妄想です。

また転職しても今の状況と変わらないのではという不安も勝手な思い込み。それは実際に転職してみてから考えることです。

改めてあなたにとっての優先順位をつけてみてください、そしてその優先順位に従い、あなた自身の力で現状を変えていってください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ