自分の強み、自分の長所の見つけ方や診断方法。知っておくメリットは大きい!

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

自分の強み、自分の長所の見つけ方や診断方法。知っておくメリットは大きい!

あなたは、正しく自分の強みや自分の長所を認識していますか?

あらためて考えてみると、よくわからない、そんなに自信はないと答える人も多いかもしれません。

実際、正しく認識できていない人が非常に多いです。

関連:【適職診断】社会人必見!転職サイトでできる診断テストまとめ【市場価値診断】

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

自分の強み、自分の長所を知る必要性

自分の強みや自分の長所を正しく認識しておくことには、様々なメリットがあります。

就職、転職活動ではもちろん、仕事をする上でも必要なことなのです。

就職、転職活動時の履歴書や面接

自分の強み、自分の長所を知る必要性の一つが、就職、転職活動時の履歴書や面接に使う為です。

自分の強みや長所を知りたいと思う人のほとんどが、この為ではないでしょうか。

面接では、非常に高い確率で質問されます。

関連:転職の面接でよく聞かれる長所や短所、どう答えるのがベスト?

自分に自信を持てる

自分の強み、自分の長所を知ることは、自分に自信を持つことに繋がります。

これは当然のことで、得意なことがない、得意なことがわからないという人よりも、自分は○○が得意と思っている人のほうが絶対に自分に自信を持つことができます。

特に前者の場合には不得意なこと、苦手なことなど、ネガティブな部分に目が行きがちで、自信がなくなりがちです。

仕事を工夫できる

自分の強み、自分の長所を正しく認識できていれば、それを活かして仕事を工夫できるようになります。

自分の得意なやり方に上手くもっていくこともできますし、そういった仕事を中心に行い人よりも成果をだすことだってできます。

仕事選びの基準の一つとなる

自分の強み、自分の長所を正しく認識できているからこそ、自分に向いている仕事を選ぶことが可能となります。

大切なのは「正しく認識できている」ことっです。

間違った認識で、いざ仕事を初めてギャップを感じることも多いです。

自分の成長につながる

自分がどういう人間かを知ることは、自分を成長していく中で必要なことです。

自分の強み、自分の長所を知ることで、さらにその部分を伸ばしていこ、反対の苦手な部分を補っていこうなど、意識的に行うことができる為、何も考えていない人に比べて成長のスピードは全然違います。

自分の強み、自分の長所の見つけ方

さて、自分の強みや自分の長所はどのように見つければ良いのでしょうか。

まずは、自分自身で考えて見つけるステップを紹介します。

そもそも強み、長所とは何か

まず、そもそも強みや長所とは何なのかということを正しく理解しましょう。

結果と混同させてはいけない

例えば、資格を持っているだとか、スキルを持っているだとかといったことを強みだとか長所と考えてはいけません。

それらは、あくまで結果であって、強みや長所ではありません。

もしそういう結果を持っているなら、その背景にあるものを考えてみましょう。

例えば、資格を持っているならば、資格取得の為に忙しい中で勉学に励んだ「お行動力」や「忍耐力」があるかもしれません。

人よりも少しでも優れている

人よりも少しでも優れていることがあるなら、それは十分に強み、長所となります。

多少だからたいしたことないと謙遜してしまう人も多く、そういう人はだいたい自分に強みや長所はないと思ってしまいがちです。

別にナンバー1でなくても、オンリー1である必要はありません。

自分の中で優れている

自分の強みや長所は、人との相対評価だけで決まるものではありません。

自分の中での得意だ感じること、優れていると感じることもまた、強み、長所となりえます。

好きなこと、得意なことから

自分の強み、長所を探す場合、まずは自分が好きなこと、得意なことから探してみましょう。

自分が感じ、さらに平均よりは優れているであると感じることを羅列してみてください。

ふと頭に思い浮かんだものであれば何でもいいのです。

人と相対的に見ると、どうしてもハードルを上げすぎになりがちですが、最初はハードルをあげる必要なんてありません。

周囲の人から

自分の強み、自分の長所を探す場合、自分の中で考えるというのは非常に大切ですが、他人の意見というのも大切です。

自分だけで考えていると、どうしても主観的になりがちで、客観的に見ることができな部分が多々あります。

ですから、周囲の人に聞いてみてください。

そうすると、自分では考えつかなかったのものも挙げられるでしょう。

苦手なこと、欠点から

あえて苦手なこと、欠点を考えてみることも大切です。

苦手なことは、そのまま長所になりうる可能性があります。

例えば、行動が遅いという欠点があるとした場合、逆に考えると物事をじっくり考える、慎重という長所につながります。

強み、長所を過去の経験と照らし合わせる

これまで挙げた強み、長所ですが、最後のステップとして、これまでの経験と照らし合わせてみましょう。

強みとして挙げたものに対して、これまでどういった成功体験につながったか、どういった成果を挙げたか考えて見てください。

もしそれが挙がらないのであれば、それは強みではありません。

逆に、成功体験がたくさん挙げられるのであれば、それは十分強み、長所と言えるものでしょう。

無料で自分の強みを診断してみる(グッドポイント診断)

自分の強みを知る方法の一つとして、無料でできる診断テストがあります。

客観的に判断してもらえる方法として利用してみるといいかもしれません。

今回紹介するのは、リクナビネクストで無料でできるグッドポイント診断です。

グッドポイント診断とは

リクナビネクストに会員登録すれば無料で自分の強みを診断できるのがグッドポイント診断です。

質問数は200問以上あり、およそ15分から20分程度かかります。

質問数がこれだけ多いので、それなりの信頼性はあると考えて良いでしょう。

スマホでも行うことができ、途中保存することもできるので、スキマ時間で利用することが可能です。

グッドポイント診断でわかること

グッドポイント診断では、合計18種類の強みの中から、質問の回答によって5個の強みを教えてくれます。

18個というのは、

  • 親密性(じっくり付き合う)
  • 現実思考(実現可能性にこだわる)
  • 慎重性(掘り下げて考える)
  • 冷静沈着(いつもクール)
  • 自己信頼(信じた道を突き進む)
  • 俊敏性(スピード第一)
  • 受容力(広く受け入れる)
  • バランス(全体を考える)
  • 継続力(決めたらとことん)
  • 決断力(迷わず決める)
  • 社交性(オープン)
  • 挑戦心(高い目標もクリア)
  • 悠然(ゆったり構える)
  • 高揚性(ノリがよい)
  • 感受性(場の雰囲気を感じ取る)
  • 柔軟性(あれこれトライ)
  • 自立(常に主体的)
  • 独創性(オリジナリティあふれる)

となっています。

どれくらい参考になる??

質問数も多く、それなりに信頼できる結果であると考えて良いでしょう。

ただ、あくまで診断結果であり、自分でどう考えているかということを照らし合わせることが大切です。

そして、過去の経験について照らし合わせてみるというのも必要です。

自分は全く考えていなかったけど、ある強みがでてきて、特に過去に成功体験と決めつけてしまうのは危険です。

最後に

自分の強み、自分の長所を知ることは、仕事をしていく中で非常に大切なことです。

また、今の仕事い不満がある人にとっては、転職の際にも非常に有益なものとなるでしょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職時に行う自己分析の必要性ややり方

関連:転職の面接でよく聞かれる長所や短所、どう答えるのがベスト?



このページの先頭へ