嫌な仕事への取り組み方とは

嫌な仕事への取り組み方とは

会社生活を行っていると、どうしても嫌な仕事というものはあります。

やりがいのある、自分の好きな仕事についていても、多かれ少なかれ嫌な仕事もそれなりにあるでしょうし、

そうでなければ、仕事のうち、ほとんどが嫌な仕事であるという場合もあるでしょう。

そういった嫌な仕事に対して、どのように取り組めばいいかを紹介します。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。

関連:自分に合う仕事、向いている仕事とは?どうすれば見つけることができるのか。

関連:仕事を楽しむ方法、辞める前に知っておこう

スポンサーリンク

嫌な仕事ってどんな仕事?

嫌な仕事とはどんな仕事でしょう。

例えば、クリエイティブな仕事をやりたいと思って、それができる仕事に就けたとしましょう。

しかし、いくらクリエイティブな仕事ができるとは言え、実際そういった面の割合は少なく、単純作業も多いことはよくあります。

時に、上司への報告や、人に謝らなければならない仕事ということもあります。

自分のやりたい仕事と違う仕事、自分が苦手としている仕事、人に怒られる仕事なんかは嫌な仕事と思われます。

嫌な仕事に対する取り組み方

嫌な仕事というものはどうしてもあるものです。

働く以上、向き合っていかなければなりません。

では、どのように嫌な仕事に取り組んでいけばいいでしょうか。

嫌な仕事の先に何があるかを知る

単に自分のやりたい仕事、嫌な仕事を区切るのではなく、嫌な仕事がどのように先につながっていくかをしっかり知るようにしましょう。

例えば、大勢の人の前でプレゼンしなくてはいけない仕事があったとしましょう。

人前で話すのが苦手な人にとっては本当に嫌な仕事ですよね。

しかし、発表するからには、何らかの意味があるはずです。

成功した時には評価が上がるなどといったメリットもあるはずです。

何も考えずに、嫌だけど上司に支持されたからやらなくてはいけないということで仕事をしては、嫌な仕事がただの嫌な仕事として終わってしまいます。

仕事というものは、どうしてもやらされているという感じになってしまいがちですが、意味を考えることで減らすことができるはずです。

嫌な仕事と決めつけない

自分はこれがやりたい!という強い思いがある人ほど、他の仕事をやる前から嫌な仕事と決め付けることが多いです。

また、仕事の経験が長くなってくると、新しいことに関して嫌な仕事と決めつけてしまうこともよくあります。

最初に決めつけてしまうと、その仕事の本質が見えないまま、嫌な仕事として終わってしまいます。

まず最初は嫌な仕事と決めつけないようにしましょう。

好きな仕事をする為のステップと考える

自分がやりたい仕事もあれば、嫌な仕事もあります。

嫌な仕事は嫌な仕事として割り切ってしまい、好きな仕事をする為のステップとして考えるといいです。

嫌な仕事でも直接やりたい仕事につながることもあります。

嫌な仕事ばかりで、やりたいことに一切繋がらないというのであれば、転職することを考えればいいでしょう。

先延ばしはNG

嫌な仕事と感じるものについて、ついつい先延ばししすぎです。

嫌な仕事は先延ばしせず、できるだけ早く終わらせるようにしましょう。

だらだら先延ばししてしまうと、いつまでも頭に残っていてずっと嫌な感情を持ち続けることになってしまったり、

期限を過ぎてしまうことで余計嫌な仕事が舞い込んできてしまうこともよくあることです。

慣れは重要

嫌な仕事とはいえ、慣れると意外に嫌ではなくなることもあります。

しかし、嫌な仕事と最初に思ってしまうと、慣れるのに時間がかかってしまいます。

嫌な仕事でも最初から真剣に考えながら取り組めば、慣れるのは早くなります。

スポンサーリンク

仕事を辞めるか辞めないか

嫌な仕事が多いからと、仕事を辞めたいと思っている人もいるでしょう。

仕事を辞めること自体、悪いことでもなんでもなく、むしろよりよい場所を求めて活動するということは良い事です。

しかしながら、よく考えてから転職しないと後悔することになってしまいます。

というのも、どんな仕事であれ、嫌な仕事というものはどうしてもあるものだからです。

自分のやりたい仕事だけをやることができる仕事はほとんどありません。

その為、今の仕事のなかで嫌な仕事の割合がどれくらいで転職した後、どこまで解消できるかは見極めなければなりません。

その上で転職することを決めたのなら、転職活動では妥協せずに自分のやりたい仕事ができる仕事を目指しましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ