会社、職場での嫌がらせ、職場のいじめにどう対処する?

会社、職場での嫌がらせ、職場のいじめにどう対処する?

会社という枠の中で、月曜日から金曜日、朝から夜までいるとどうしても起きてしまう職場のいじめ。

職場での嫌がらせ行為を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

なかには、嫌がらせ行為を直接している人、直接されている人もいることでしょう。

その嫌がらせ行為がひどくなっていって職場のいじめに発展していく。

そもそも、会社は本来仕事をするところであり、職場は仕事がやりやすい環境にあるべきです。

嫌がらせやいじめといった行為は会社にとって不利益な行為でしかありません。

とはいえ中々無くすことができないので、職場でいじめや嫌がらせをされた場合の対処法を覚えておきましょう。

関連:仕事に疲れた、しんどいと感じたら、一度何かを変えてみる。

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

職場のいじめ、嫌がらせ、どう対処するか

職場でいじめられている、いじめとは言わないまでも嫌がらせ行為を受けているといった場合にはどのように対処していけばいいでしょうか。

こっそり証拠をとっておく

職場でいじめ、嫌がらせ行為を受けた場合、まずあなたが行わなければならないのは、証拠をとっておくことです。

パワハラの時も同様ですが、そういった場合、こっそりボイスレコーダーで録音してください。

メール履歴など、形として残るものなら、なんでも残しておくことも大事です。

あまりにひどい嫌がらせ行為によって、会社をやめざるを得なくなった時などに、訴える材料にもなりますし、誰かに相談もしやすくなります。

相談できる人を探す

証拠集めの次は職場のいじめ、職場での嫌がらせ行為について相談できる人を探しましょう。

その相手は、嫌がらせをしてくる人間より上の人間でなくては対策といえるまでできません。

先輩なら上司、上司ならさらなる上司。

しかし、相談した時に本当にそれがいじめなのか、嫌がらせなのか、相手にとってはわかりません。

うまく伝えることができずに単なる指導として受け止められるかもしれません。

そうならない為にもはっきりした証拠集めをしましょう。

仕事で結果を残す

結局、会社は仕事をするところなので、優秀な人ほどちやほやされるし、そうでない人ほどいじめられたり、嫌がらせを受けたりします。

であれば、とにかく仕事を頑張ってある程度の結果を残すことで、そういったことかな逃れる手段となります。

会社にとってもしっかり結果を残すような人間は大事な存在ですから。

逃げる

逃げることも大事です。

追い込まれる前に勇気をもちましょう。

スポンサーリンク

 

職場のいじめや嫌がらせ、最後は逃げよう

もし職場でいじめられている、嫌がらせを受けているというのではれば、逃げることも考えておきましょう。

色々対策を打っても、こういうものはなくならないし、もし無くなってもいづらい環境のままになってしまうことが多いです。

我慢して、精神的、身体的に追い込まれてしまうこともあります。

そうなる前に逃げましょう。

異動希望をだすのもいいでしょう。その職場から逃げることができるのであれば。

一番簡単で確実なのは転職です。辞める勇気、環境を変える勇気を持ってください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

スポンサーリンク

最後に

会社内でいじめや嫌がらせがある場合、いつかなくなるかもという淡い期待はやめておきましょう。

なくなる前に、精神的に追い込まれるところまでいってしまいます。

もちろん、会社内で解決することができるのがベストですがそうも行かないことが多いです。

あらためて言いますが、辞める勇気、環境を変える勇気をもってください。

関連:社内ニート、窓際族、社内失業。仕事がない状態から脱出するには?

関連:転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

関連:会社に行くのが怖い、仕事をするのが怖いと感じた時の対処法

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ