仕事を辞めたいけどいつ辞めるべきかと悩んでいる人は、今すぐ転職活動を始めるべき

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事を辞めたいけどいつ辞めるべきかと悩んでいる人は、今すぐ転職活動を始めるべき

仕事を辞めたいしいつかは辞めるつもり。でもいつ辞めるべきなんだろう。そんな風に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

まあ転職するならベストタイミングでしたいし、後悔するようなことは絶対したくありませんからね。

ただ正直言って転職のベストタイミングなんて、明確なキャリアプランがない人はあってないようなもの。

いつかは辞めたいと考えているくらいなら、今すぐ転職活動を始めて転職活動の結果に身をゆだねた方がずっと良い結果につながります。

関連:転職は楽しいし転職活動も実は楽しい。不安な気持ちもひっくるめて楽しんでみよう。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

いつ辞めるべきか、悩んでいても答えはでない

例えばその道にスペシャリストになりたいという理由で転職を考えている人であれば、現在の会社でスキルアップすることができなくなった時が辞めるべきとなるでしょう。

しかし仕事を辞めたいと思っている人のほとんどは、そういった理由ではありません。

そもそもそういった理由の人はすでに辞める前提で考えていますしね。

そうなっていない人はおそらく給料が低い、休みが少ない、人間関係が悪い、仕事がつまらないといったネガティブな理由な人だと思います。

このような理由だと、いつ辞めるべきかと悩んだところでいつまでたっても答えはでません。

そしていつまでたっても、いつにしようか、いつ辞めようかと悩み続け、ずるずる働き続けることになってしまうのです。

勘違いしてはいけないのは、ネガティブな理由だからと言って転職してはいけないというわけではないこと。転職によって得られるものは多く、どんな理由であっても転職は価値があることです。

辞めるべき時は転職したいと思える転職先が見つかった時

では仕事を辞めたいと考えている人は、実際いつ転職に踏み切るのが良いのでしょうか。

それはただ一つ。自分として転職したいと思える会社から内定を貰った時です。

もう少し勤続年数が長い方がいいのではないか、もう少し実績をだしてからがいいのではないか、もう少しスキルを身につけてからがいいのではないか、役職を経験してからがいいのではないか。

そんなことを考えるかもしれませんが、それは全てできるだけ良い会社への転職を実現する為という理由につながっています。

もし現時点で抱えている会社、仕事への不満が解消できる転職先から声をかけられたらおそらく転職を決めるはず。

全ては希望通りの転職先を見つけることが重要なのです。

まずは転職先を見つける努力を始めなければならない

ではどうすれば希望に合った転職先を見つけることができるのでしょうか。

確かにスキルを身につけること、実績を積むこと、低評価にならない職歴にすることは大切なことです。

ただそれをしたからと言って転職先が見つかるわけではありません。

結局一番必要なのは転職活動を行うこと。それがしなければ、いくらスキルを持っていようと宝の持ち腐れ。

逆にスキルが不十分でも転職活動をしていると、想像以上の良い会社から内定を貰える可能性があります。

仕事にしろ何にしろインプットばかりしていないでアウトプットしていかなくてはいけない、ノウハウばかり集めるノウハウコレクターになってはいけないと言いますが、転職に関しても同じことが言えるのです。

転職活動には期限なんてありません。

新卒の時みたいにいつまでに決めなくてはいけないなんてことはないのです。

とりあえず転職活動を始めるもう一つのメリットは辞めることが目的にならないこと

仕事を辞めたいと思っている人がとりあえず転職活動を始めてみるメリットはもう一つあります。

それは辞めることが目的とならず、今より良い会社に転職することが目的となることです。

転職活動を始める前からそれなりの覚悟を持っており、追い込まれてから転職活動を始めてしまうと、転職することではなく辞めることが目的になってしまいがち。

ただそうなると、確信のないまま淡い期待を抱いて仕事を決めてしまったり、多少条件が悪くても転職を決めてしまうことにつながり、それが後悔に繋がります。

そうならない為にも、余裕を持って転職活動ができるうちに始めておくべきなのです。

いざ追い込まれた時に転職することができなくなってしまうかもしれない

またいつ辞めるべきなのかと悩んでいると、本当に追い込まれた時に転職することができなくなってしまう可能性もあります。

仕事を続けていればスキルは身につくかもしれませんが、年齢も高くなります。

年齢が高くなれば転職のハードルは上がります。

また社会情勢も様変わりしているかもしれません。

今は人手不足を背景に転職市場が売り手市場となっており、かなり転職がしやすい状況です。

ただこの状態が数年後も続いている保証はどこにもありません。

もし不景気が訪れるとどうなると思いますか?

現在1.5倍を超える有効求人倍率も、リーマンショックの時は0.4倍程度。

正社員はおろか派遣社員や契約社員の仕事すら見つからない人が多い状態だったのです。

転職は転職できるうちにしておく。これもとても大切なことです。

まずは転職サイト、転職エージェントを使ってみよう

転職活動を始めるならまずは転職サイト、転職エージェントに登録するところからスタートです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ