一身上の都合により退職、この退職理由はどんな時に使っていい?

一身上の都合により退職、この退職理由はどんな時に使っていい?

退職理由でよく「一身上の都合により退職」ということを聞いたことがありませんか?

実際に退職理由としては、よく使われる文言ですが、絶対に使っていいわけではないのです。

そこで、今回は「一身上の都合により退職」という言葉をどんな時に使うべきかを紹介します。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:退仕事を辞める時期はいつがいい?会社や転職、お金のことなど

関連:退職挨拶で気を付けたいマナー。スピーチ・メール・挨拶回り

スポンサーリンク

一身上の都合とはどんな意味?

「一身上の都合により退職」というよく使われる文言。

退職時の退職届や、転職時の履歴書に定型句としてよく使われます。

そもそも一身上の都合とは以下の意味があります。

「一身上」とは、その人自身の身の上や境遇などに関すること。個人的な問題や事情。

引用:goo辞書

上記の通り、一身上というのは個人的なことに関するものです。

すなわち「一身上の都合により退職」というのは、「私自身の個人的な問題の都合により、退職します」ということです。

例えば、自分の病気の為であるとか、結婚によるものだとか、そもそも会社に嫌気がさして辞める時のように会社ではなく、個人的な理由の場合いは「一身上の都合により」と言えるのです。

他にも、介護の為、もっとやりたい仕事に就くため、起業の為というように、どんな理由であっても個人の事情による場合に使います。

労働基準法でも、退職理由を会社に伝える必要は無いとされており、個人的な事情の場合は退職届に一身上の都合としか書かないことが一般的になっています。

スポンサーリンク

一身上の都合により退職。使える時と使えない時。

ではどんな時に「一身上の都合」という理由を退職理由に使うことができるでしょうか。

使うことができる時

上記で紹介しているように、一身上の都合というのは、個人の事情によるものです。

すなわち、自己都合の退職の時には使うことができます

退職届はどんな理由であても、自己都合の退職である場合は、このように書くことが一般的となっています。

また、退職時に理由を聞かれたとしても、言いたくないのであれば、「一身上の都合」という以上に、理由を言う必要はありません。

先ほども述べたように労働基準法では、労働者側が、使用者側に退職理由を言う必要がないとされています。

労働者はどんな理由であれ、退職したいのであれば、退職していいのですし、言う必要もないのです。

ですから「一身上の都合により退職」ということを上司に伝えた時に、理由を聞かれても言う必要はありません。

もし、退職理由を言わないからという理由で、退職させないなんてことがあったらそれこそ違法行為です。

とはいえ、実際にはそういう会社、そういう上司もいます。

そんな時は、適当に上司が気に入りそうな理由を嘘でもいいから言っておいてもいいかもしれませんね。

使えない時

「一身上の都合により退職」という文言が使えないのは、「会社都合」による退職の時です。

リストラにあった、会社が倒産した、などといった会社都合による退職は、その人自身の事情ではなく、会社の事情によるものですから、一身上の都合ではありません。

特に転職活動時に、履歴書や職務経歴書に退職理由を書く必要がでることもありますが、

その際に、会社都合の退職にも関わらず、「一身上の都合により退職」と記載してしまうと、それは虚偽の記載となってしまいますので要注意です。

特にリストラされた!なんて時には、あまり理由を言いたくないかもしれませんが、そこは正直に記載する必要があります。

また、退職理由には自己都合と会社都合以外に重責解雇があります。

法律違反、就業規則違反などが原因による懲戒解雇の場合のことであり、この場合も一身上の都合とはなりません。

スポンサーリンク

「一身上の都合」は間違って使わないように注意

退職する時は、一身上の都合という文言を使うことも多いかもしれませんが、間違えて使わないように注意しましょう。

ただ、適切な場合であれば「一身上の都合」を貫き通しても、なんの問題もありません

会社を辞める理由なんていうのは、人よっては他人に言いたくないということがよくあることだと思います。

にもかかわらず、デリカシーなくしつこく聞いてくる上司もいます。

確かに、会社にとってはこれまで育ててきた人を、辞めて欲しくないでしょうし、なぜ辞めるのかが気になるところ。

とはいえ、聞き方には注意し、しつこくは聞かないようにしてほしいですよね。

できれば転職先を見つけてから、少なくとも転職活動を始めて見てからにしましょう。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連:その仕事、もう辞めたほうがいいかも。会社の辞め時を見極めるポイントとは


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ