一身上の都合により退職、この退職理由はどんな時に使っていい?

一身上の都合により退職、この退職理由はどんな時に使っていい?

退職理由でよく「一身上の都合により退職」ということを聞いたことがありませんか?

実際に退職理由としては、よく使われる文言ですが、絶対に使っていいわけではないのです。

そこで、今回は「一身上の都合により退職」という言葉をどんな時に使うべきかを紹介します。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:退仕事を辞める時期はいつがいい?会社や転職、お金のことなど

関連:退職挨拶で気を付けたいマナー。スピーチ・メール・挨拶回り

スポンサーリンク

一身上の都合とはどんな意味?

「一身上の都合により退職」というよく使われる文言。

退職時の退職届や、転職時の履歴書に定型句としてよく使われます。

そもそも一身上の都合とは以下の意味があります。

「一身上」とは、その人自身の身の上や境遇などに関すること。個人的な問題や事情。

引用:goo辞書

上記の通り、一身上というのは個人的なことに関するものです。

すなわち「一身上の都合により退職」というのは、「私自身の個人的な問題の都合により、退職します」ということです。

例えば、自分の病気の為であるとか、結婚によるものだとか、そもそも会社に嫌気がさして辞める時のように会社ではなく、個人的な理由の場合いは「一身上の都合により」と言えるのです。

他にも、介護の為、もっとやりたい仕事に就くため、起業の為というように、どんな理由であっても個人の事情による場合に使います。

労働基準法でも、退職理由を会社に伝える必要は無いとされており、個人的な事情の場合は退職届に一身上の都合としか書かないことが一般的になっています。

スポンサーリンク

一身上の都合により退職。使える時と使えない時。

ではどんな時に「一身上の都合」という理由を退職理由に使うことができるでしょうか。

使うことができる時

上記で紹介しているように、一身上の都合というのは、個人の事情によるものです。

すなわち、自己都合の退職の時には使うことができます

退職届はどんな理由であても、自己都合の退職である場合は、このように書くことが一般的となっています。

また、退職時に理由を聞かれたとしても、言いたくないのであれば、「一身上の都合」という以上に、理由を言う必要はありません。

先ほども述べたように労働基準法では、労働者側が、使用者側に退職理由を言う必要がないとされています。

労働者はどんな理由であれ、退職したいのであれば、退職していいのですし、言う必要もないのです。

ですから「一身上の都合により退職」ということを上司に伝えた時に、理由を聞かれても言う必要はありません。

もし、退職理由を言わないからという理由で、退職させないなんてことがあったらそれこそ違法行為です。

とはいえ、実際にはそういう会社、そういう上司もいます。

そんな時は、適当に上司が気に入りそうな理由を嘘でもいいから言っておいてもいいかもしれませんね。

使えない時

「一身上の都合により退職」という文言が使えないのは、「会社都合」による退職の時です。

リストラにあった、会社が倒産した、などといった会社都合による退職は、その人自身の事情ではなく、会社の事情によるものですから、一身上の都合ではありません。

特に転職活動時に、履歴書や職務経歴書に退職理由を書く必要がでることもありますが、

その際に、会社都合の退職にも関わらず、「一身上の都合により退職」と記載してしまうと、それは虚偽の記載となってしまいますので要注意です。

特にリストラされた!なんて時には、あまり理由を言いたくないかもしれませんが、そこは正直に記載する必要があります。

また、退職理由には自己都合と会社都合以外に重責解雇があります。

法律違反、就業規則違反などが原因による懲戒解雇の場合のことであり、この場合も一身上の都合とはなりません。

スポンサーリンク

「一身上の都合」は間違って使わないように注意

退職する時は、一身上の都合という文言を使うことも多いかもしれませんが、間違えて使わないように注意しましょう。

ただ、適切な場合であれば「一身上の都合」を貫き通しても、なんの問題もありません

会社を辞める理由なんていうのは、人よっては他人に言いたくないということがよくあることだと思います。

にもかかわらず、デリカシーなくしつこく聞いてくる上司もいます。

確かに、会社にとってはこれまで育ててきた人を、辞めて欲しくないでしょうし、なぜ辞めるのかが気になるところ。

とはいえ、聞き方には注意し、しつこくは聞かないようにしてほしいですよね。

退職時にはできれば転職先を見つけてから、少なくとも転職活動を始めて見てからにしてください。

何もない状態で辞めてしまうというのはやはりリスクのある行為ですし、転職活動を始めることはすぐにでも始めることができます。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連:その仕事、もう辞めたほうがいいかも。会社の辞め時を見極めるポイントとは


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ