忙しくない仕事を探す際に間違ってはいけないこと。密度が高いときついかも

忙しくない仕事を探す際に間違ってはいけないこと。密度が高いときついかも

毎日仕事に追われて忙しい日々を送っていると、もっと忙しくない日々を送りたいなーなんていう風に感じることもありますよね。

仕事の忙しさは、個人の能力というよりは会社次第による部分が大きい為、忙しい環境から脱しようとすれば転職するのが最も簡単な方法です。

これだけ多種多様な会社があるのですから、忙しくない仕事に移ることも十分可能であるでしょう。

ただ、忙しくない仕事に転職しようとする場合にはいくつか注意しなくてはならないこともあります。

関連:仕事が忙しい。忙しすぎる。どう乗り越えていくか。

関連:残業50時間から残業10時間以下の会社に転職。残業の少ない会社が意外にある。

働くなら暇すぎず、忙しすぎずがベスト

まず気を付けなくてならないのが、忙しくないということが決して楽ではないということ。

毎日忙しい日々を送っていると、暇であることに憧れて、暇なほうが楽と決めつけてしまいがちです。

しかし、実際に会社に行ってもたいして仕事がなかったり、のんびり仕事ができる状態になると、それはそれで苦痛であると感じる人が非常に多いです。

仕事にやりがいも見いだせず、時間がたつのも遅い。そんな日々にうんざりして仕事を辞めてしまう人もたくさんいます。

あまり良くない話ですが、会社が特定の個人を辞めさせようと考えた場合によく使う手が仕事を与えないという方法です。

簡単にクビをきることはできない中で自主退職をさせる為に、そういった形をとり、実際にそれをさせられた人は自ら退職していきます。

というわけで、仕事は忙しすぎず、暇すぎずがベスト。

一度冷静にどんな働き方をしたいかは考えてみたほうがいいですね。

これがあっても忙しくないとは限らない

次に忙しくない仕事を探す際の注意点。

以下のことに該当するからといって、転職してみると鬼のように忙しいなんてこともあるので注意してください。

残業がない、少ない

残業が多すぎるのは、労働者にとってあまり喜ばしいことではありませんよね。できることなら残業はないほうがいい、少ないほうがいいと思っている人も多いのではないでしょうか。

もちろん家には早く帰ることができて心身ともに休めるというのは素晴らしいことです。

ただ、忙しいかどうかで考えると残業時間はあまりあてになりません。

逆に残業が少ないことで、限られた時間内で仕事をしなくてはならずに仕事の密度が高くなるなんてこともあるのです。

実際、私の知人は残業時間を定められた会社で仕事の密度が濃すぎてついていけず、それによって大きなストレスを抱えて最終的に辞めてしまった人もいます。

どこかで残業時間を区切らないと残業時間は増えていく一方になりますから、どこかで区切るのは必要なことでしょう。

しかし、上司が仕事の配分を誤ったり、自分の仕事のやり方を間違えてしまうと、仕事に追われる日々を過ごしてしまう可能性があるのです。

ノルマがない

営業などでよくあるノルマですが、たとえノルマがないとしても忙すぎるいというのはよくある話。

結局何かしらの目標はあったり、他の評価指標があったりしますし、数値化されていない分、曖昧なまま仕事量が増えていってしまっているなんていうこともよくあることです。

ノルマがない=仕事が忙しくなくて楽というのは安易すぎますので注意しましょう。

仕事内容が簡単

仕事の内容が楽であればあるほど仕事は楽で、仕事の内容が難しければ難しいほど仕事は忙しくて大変になってくるというのも間違いであることが多いですね。

結局、忙しさというのは仕事の内容というよりも、仕事の量によってくる部分が大きいわけです。

私が以前いた職場では、コピーや勤務管理、その他雑務をやってくれる一般事務の方が一人いたのですが、みんなが雑務を頼むので仕事量が多くなってしまい、残業してもどうにもならなくなってしまったことを思い出します。

ホワイト企業と評判

ホワイト企業といわれている企業の特徴は、待遇が良い、福利厚生が良い、残業が少ない、法律を順守しているといったことが挙げられます。

しかし、これらはあまり忙しさとは関係のないことですね。

私の知っているホワイト企業と言われている会社に就職した知人も、仕事の密度がめちゃくちゃ濃くて仕事中はとにかく必死になっているというということを聞きました。

自分がどんな風に働きたいかが大事

忙しくない仕事がいいなんていう風に片づけてしまうと、実際に働きだしてみた時に「思っていたのとは違った」なんてことを考えてしまう可能性が高くなります。

忙しい日々にうんざりしてしまうと、ついそれを解消することばかりに目がいってしまいがちなんですが、転職する場合にはいったん落ち着いて考えることが大切ですね。

転職に向けて

転職活動では転職サイト、転職エージェントは上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。スカウト機能は転職の可能性を知るのにかなり便利であるといえるでしょう。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

もし緩やかに働きたいと考えているなら、それにあった働き方ができる契約社員の仕事も紹介してもらうことが可能です。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

関連:仕事が暇すぎる!それは忙しいよりも辛いかもしれない。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ