仕事でイライラする原因や、対処法。感情をだすのはNG。

仕事でイライラする原因や、対処法。感情をだすのはNG。

仕事をしていると、何かとイライラすることがありますね。

特に、上司、部下、関係会社の担当者など、人と関わる時に感じることが多いものです。

今回は、仕事のイライラの原因やイライラした時の対処法を紹介します。

関連:もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

仕事のイライラの原因

ついついイライラしてしまう。こんなことが原因になっていませんか?

逆に、もし自分が紹介する行動をしてしまっていたら周囲をイライラさせてしまっているかもしれません。

思った通りに動いてくれない

部下や後輩に指示したのに、上司にお願いしたのに、関係会社に依頼したのに、

「自分が思った通りに動いてくれない」ということはよくある話。

そんな時はついイライラしてしまいますね。

予定が狂い、プロジェクトが遅れたりして、自分にもその影響が降りかかってしまうのもイライラの原因です。

仕事ができない、仕事が遅い

仕事ができる人、仕事が早い人にとって仕事ができない人、仕事が遅い人を見ているとイライラしてしまうことも多いでしょう。

自分のほうが仕事してるのに、あいつは仕事が終わらないから残業して残業代を稼いでいると余計イライラします。

仕事はできる人のとこに集めらてしまうものです。ただ、その仕事量に給料が比例してなく、むしろ残業代が少ない分、給料が少ないなんてこともあるのです。

約束を守らない

仕事をする上で、約束したことを守るということは大切なことです。

やると言ったことはやらなくてはいけないし、納期も守らなくてはなりません。

もし、約束したことを守ってもらえないと、自分の仕事へも影響がある為、イライラします。

わかりやすい嘘をつく

ミスをした時、素直に謝ればいいのですが、たまにわかりやすい嘘をつく人がいますよね。

そういう人を見ていると、やっぱりイライラします。

立場によっては、それが嘘だと丸わかりでも、「嘘つくな」とは言えないものです。

嘘をつくなら、ばれないようにして欲しいものですね。

正しく評価してくれない

仕事の評価はなかなか正しく行われず、明らかに適切に評価されない場合なんて多々あります。

自分のほうが仕事をしているのに、あいつのほうが評価が高い!なんてことはしばしば。

頑張ってるのに評価が低ければイライラするのも仕方ありません。

理不尽

仕事では、本当に理不尽なことが多いです。

上司の指示通りに行ったのにミスをして、自分のせいにされただとか、絶対不可能な仕事を押し付けられて、最終的に責任をとらされるだとか。

理不尽なことをされた時には当然イライラしますし、口答えしたくなります。

自分のミスを認めず、人のせいにする

ミスをした時、その過ちを素直に認めず、何かと人のせいにする人を見てるのもイライラします。

まずは、自分のミスを認めろと思いますが、認めない人は本当に認めません。

もちろん本当に誰かのミスかもしれませんが、その人に頼んでいる以上はその人自身にもミスがあるはずです。

100%違う人のせいなんてことは、ないはずです。

態度が悪い

そもそも態度が悪い人に対してもイライラしますね。

部下、後輩といった下の立場の人が最低限のマナーもできないとイライラしますが、それだけではないでしょう。

上司といった上の立場の人で、聞く態度が悪い人も多く、本当にイライラしますね。

仕事でイライラした時の対処法

ざっと挙げただけでも、仕事でイライラする原因はこんなにあります。

なかなか、イライラせずに仕事をしていくのは難しいです。

仕事では人と関係していかなければなりませんから、全てが思い通りに行くなんてことはありません。

そこで、仕事でイライラした時の具体的な対策法を紹介します。

感情をそのまま表にだすことはNG

もし仕事でイライラしても、その感情をそのまま表にだしてはいけません。

イライラをぶつけたところで、何も良いことはなく、むしろ悪いことしかないのです。

あなたの周囲でもイライラしているのがすぐわかるような人がいませんか?そういう人はだいたい嫌われていませんか?

イライラをそのままぶつけたところで、イライラの原因となっている相手には何も響きません。それどころか、周囲にも嫌われてしまいます。

また、イライラをぶつけたところで、そのイライラは決してなくなりません。

もちろん、時には部下や後輩に厳しいことを言うのも必要なことです。

ただ、それはイライラをぶつけるのではなく、しっかり考えて行わなくて意味がないのです。

自分の責任を考える

イライラする原因を相手にあるのではなく、自分の問題点として捉えてみましょう。

なぜ思い通りに動いてもらえなかったのか、指示の仕方が悪かったのではないか。

なぜ正しく評価されなかったのか、アピールの仕方が悪かったのではないか。

なぜ約束を守ってもらえないのか、相手に重要性を理解してもらえてないのではないだろうか。

といった具合に、自分の責任を考えてみましょう。

ほとんどの場合、自分にも問題点、修正点があるはずです。

それを考えれば、自分を成長させることにもつながります。

仕事が全てではないことを理解する

誰だって、仕事が全てではありません。

仕事がだるい時もあるし、休みたい時だってあります。

やりたくない仕事だってあるし、つい忘れることではありません。

それは、あなただけではなく周囲の人もそうなのです。

あまり仕事をする中で、そういった面を見せませんが心の中ではそう思っています。

仕事で人と関わる時は、その考えを前提にして関わっていかなくてはなりません。

その前提がある中で、どのように動いてもらうかを考えなくてはならないのです。

イライラは大きなストレス

仕事でイライラすることは、大きなストレスとなります。

とは言っても、イライラしてしまうのは仕方がないことです。

かといって、そのイライラを誰かにぶつけたところで、イライラが解消できるというものではありません。

イライラを人のせいだけにしてしまうと、人が思い通りになることでしか解消することができませんが、そんなことはできません。

だからこそ、あえて自分の問題と捉え、自分が何かすれば解消できる状態に持っていくということも大切なことです。

もし、ストレスがたまり過ぎて限界!仕事を辞めたい!という状態になってしまったり、イライラの原因が環境によるものなら、転職することも悪いことではありません。

より良い環境に自分の身を置くことだと前向きに考えることです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:仕事のストレスが大きすぎる。その原因はどこにある?

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ